• sgbc-devotion

第二コリントの手紙1:8~12

Jesus said,

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2018年1月14日(日)

ディボーション聖句

第二コリントの手紙1:8~12

8 兄弟姉妹たちよ。私たちがアジヤで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危くなり、

9 ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。

10 ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。

11 あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう。それは、多くの人々の祈りにより私たちに与えられた恵みについて、多くの人々が感謝をささげるようになるためです。

12 私たちがこの世の中で、特にあなたがたに対して、聖さと神から来る誠実さとをもって、人間的な知恵によらず、神の恵みによって行動していることは、私たちの良心のあかしするところであって、これこそ私たちの誇りです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では、聖句をあげてから説明します。

・第二コリント12:23~26

使徒パウロは言った。『私は何度となく苦難に立たされてきました。牢に入れられたことも多く、また、むち打たれたことは数えきれず、死に直面したこともしばしばでした。ユダヤ人から三十九のむちを受けたことが五度、むちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、嵐で難船したことが三度あり、一昼夜、海上を漂ったこともあります。幾度も宣教の旅をし、川の難、盗賊の難、異国人達から受ける迫害、主を知らない異邦人から受ける迫害、都市の難、荒野の難、海上の難、にせ兄弟姉妹の裏切りに会い、労し苦しみ、たびたび眠られぬ夜をも過ごし、飢え渇き、しばしば食べ物もなく、寒さに凍え、裸でいたこともありました。このような教会外から来る困難のほかに、日々私に押しかかるすべての教会の働きと重荷があります。だれかが弱くて、私が弱くない、ということがあるでしょうか。わたしにも弱さはあります。だれかが人につまずいていて、私の心が激しく痛まないでおられましょうか。私も同じ弱い人間なのです。ですから、もしどうしても誇る必要があるなら、私は自分の弱さを誇ります。そして、私達の弱い時に神の御力は表れてくれるのです。』

8節 (8 兄弟姉妹たちよ。私たちがアジヤで会った苦しみについて、ぜひ知っておいてください。私たちは、非常に激しい、耐えられないほどの圧迫を受け、ついにいのちさえも危くなり、)

このように使徒パウロは、Bibleの真理と救いを神の御子Jesusの命令通り宣べ伝え続けただけなのに信じられないほどの迫害や、見えない敵の攻撃に遭遇しました。なぜなら聖書は、それだけ、神の裁きを受ける人々や見えない敵(サタン、悪霊)たちは、永遠に報われる人生を獲得する恵みを嫉妬して、妨げようとしてくると、教え説くからです。しかし聖書は、見えない敵や神に裁かれる人々の攻撃や迫害の先に、永遠に報われる幸福人生が待ち受けていると約束するのです。福音宣教する際に受ける迫害や攻撃とは、実はあなたの祈り以上の奇跡を勝ち取るために必要不可欠な試練、登竜門なのです。目をさましまょう。

ちなみに、使徒パウロが受けた『むち打ち刑』とは、むちに尖った石や鉄製の針状のものをいくつも括り付けたような、殺人ムチのようなもので、それを50打も打たれるものであり、多くの人は外傷性ショックから死に至る危険性があるほどの重い刑罰でした。しかし使徒パウロは、Jesusのみことばの約束通りに、いつも神の特別な助けと癒しを受けられ、これらの敵の迫害や攻撃に屈することなく福音宣教し続けて、結果、永遠に報われる天国人生と名声や名誉まで獲得できたのです。

このように聖書は、Bible&Jesusの命令する福音宣教活動を何よりも大切に生きる人は皆、幾らかの敵の攻撃や迫害は受けますが、神の特別な助けや感動的な奇跡を受けられ、いつか必ず信じられない程に偉大な恩恵や成功をも勝ち取れると、約束します。Jesusが命じた愛の伝道活動に時間や労力を数多く費やそうとする人は皆、いつも神様の祝福と幸運を味方につけられる幸福人生に転化すると、約束するのです。使徒パウロも、その甲斐あって、約二千年経った現在でも、世界中で、伝説の偉人、世界一の神学者で世界一の伝道者、また、カトリックでは代表的な聖人として語り継がれているのです。

あなたは、Jesusが命じた愛の伝道活動のためにどれだけの時間と労力を費やしていますか?

Jesusの命令通り、ほぼ毎日のように出会う人々に、しっかり福音宣教できていますか?

それともJesusを無視して、週に一人以下の福音宣教活動に甘んじ、神様から与えられた不可能まで可能にできる祈祷力、聖霊力、信仰力を手放してしまっていませんか?

もし、あなたに神の祈りの応答や永続的な成功が必要ならば、多くの時間と労力などの真心を愛の伝道活動に費やせているかが重要なポイントだからです。あなたの神様は、あなたの信仰の中身や動機を探られて、祈りの応答や恩恵を振り分けられるのです。しっかり胸に書き記してください。

しかし聖書は、今日から悔い改めて、Jesusの宣教命令を大切に生きる神の子たちになり変われれば、あなたが失った人を救い導ける聖霊力、不可能を可能にする信仰力、奇跡を引き出せる祈祷力を任されるのです。これぞJesusの十字架力なのです。真心から悔い改め続ける人は皆、絶対に報われるのです。目をさましましょう。

・イザヤ書40:30~31

『主を知らない若者は疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。しかし、主を待ち望む者はいつも新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。彼らは走ってもたゆまず、歩いても疲れない。』

また聖書は、Bible&Jesusのみことばに絶対的に信頼して、神の助けを待ち望む人は皆、何が起きてもビクともせず、神の特別な援護と癒しを受け続けられると約束します。Jesusや使徒パウロたちを模範として、絶えずBible&メッセージに真心を傾けて祈り、神のみことばと内なる聖霊の助けを待ち望み続けながら福音宣教し続ける人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

9節 (9 ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。)

このように使徒パウロは、様々な死をも覚悟する体験と苦難を通じて、死者さえもよみがえらせるお方である主なる神様に頼むしかないという絶対的な信仰力と、必要な奇跡さえも起こせる強靭な聖霊力や祈祷力を手に入れられたと、教え説いています。神様からの懲らしめによる試練や見えない敵の迫害や攻撃は、あなたの内なる聖霊力、信仰力、祈祷力を磨ける絶好のチャンスにも成り変われます。しかし聖書は、人生での試練や敵の迫害や攻撃を受ける時、弱気になって退けば、必ず損益を刈り取ると忠告するのです。この世界での人生は一度きり、真理を知っているのに損益や災いを刈り取ってはなりません。しっからと目をさましましょう。あなたにできなくとも、あなたの内なる聖霊には不可能はないからです。

そして聖書は、使徒パウロは数々の死への恐れ、苦難と迫害の体験がなければ、神の奇跡と不可能を可能にする信仰力と聖霊力は手に入れられなかったと、教え説いています。

聖書は、神に選ばれしあなたの人生の試練と苦難とは、神体験を増し加えて、不可能さえも可能に出来る神信仰と聖霊力を手に入れられる貴重な糧になり得ると教え説くのです。何が起きても、主なる神様とそのみことばに期待し続けて試練と苦難と向き合う人は皆、永続的な神の奇跡や助けを保てるのです。胸に書き記してください。

・第一コリントの手紙15:58

『ですから、私の愛する兄弟姉妹たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主の御ことばのわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。』

そしてBibleは、日々のBible&メッセージを絶対的に信頼する人の労苦や努力は、決して無駄になることはないと、約束してくれます。Jesusの十字架信仰者たちの伝道や奉仕、献金活動による努力は、絶対に、永遠に報われると約束するのです。これらのBible&Jesusの約束を堅く信じ続けることが真の信仰なのです。

10~12節 (10 ところが神は、これほどの大きな死の危険から、私たちを救い出してくださいました。また将来も救い出してくださいます。なおも救い出してくださるという望みを、私たちはこの神に置いているのです。11 あなたがたも祈りによって、私たちを助けて協力してくださるでしょう。それは、多くの人々の祈りにより私たちに与えられた恵みについて、多くの人々が感謝をささげるようになるためです。12 私たちがこの世の中で、特にあなたがたに対して、聖さと神から来る誠実さとをもって、人間的な知恵によらず、神の恵みによって行動していることは、私たちの良心のあかしするところであって、これこそ私たちの誇りです。)

またBibleは、使徒パウロのように教会のJesusFamilyたちの祈りの援軍を受けながら伝道活動を大切にして、日々のみことばを実践適用し続ける人は皆、何をしても神様に特別に守られ、助けられると約束してくれます。こういう生活習慣を心掛ける人は皆、神に認められて、何をしても永続的な神の祝福や幸運を手にする誇り高き人生を築けると約束するのです。攻撃は最大の防御なり、と言いますが、聖書は、もしあなたに神の祈りの応答と永続的な人生の成功が必要ならば、決して守りに入らず...使徒パウロのように絶えず、教会のJesusFamilyたちの祈りの援軍を募りながら、主イエスのみことば宣べ伝え、またみことばを実践適用することを人生の優先順位の第一に掲げることが重要だと教え説くのです。信じるか、信じられないかはあなた次第です。しかしJesusは、聖書のみことば、すべて成就すると預言するのです。肝に命じましょう。

あなたの人生と生き様に表れる、Jesusが命じた愛の福音宣教活動や教会奉仕活動と、その恩恵として与えられる神様からの特別な助けや祈り以上の奇跡に期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、何よりもJesusが命じた愛の伝道、奉仕活動を大切に生きられるようにしてください。そして主よ、皆に人生の苦難や敵の攻撃がある時は、ただただ、神のみことばと聖霊の助けを待ち望みつつ、前進し続けられるように助け導いてください。

そうすれば皆、いつも主なる神様に特別に助けられ、全ての試練や苦難がプラスに転じていく幸福人生になり変われるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り