• sgbc-devotion

第一テモテの手紙2:4~5

Bible said,

『今日、聖書のこのみことばがあなたがたが聞いたとおり実現しました』

『彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った』

2017年9月7日(木)

ディボーション聖句

第一テモテ2:4〜5

4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。

5 神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

では聖書から、主なる神様の深い愛とご神格(ご性質)について探っていきましょう。

4節 (4 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。)

この世界には「神」という呼び名のものが多く存在しますが、聖書は天地万物の創造主なるまことの神様は、唯一であると教え説きます。また聖書は、多くの人たちは霊的に無知で勘違いしており、幾つもの神というあだ名のものを恐れて拝もうとしたり、人間(偉人や権力者)を神のように崇める過ちを犯していると、忠告します。

あなたは、聖書の教えるまことの唯一なる神様以外を恐れて、手を合わせて拝もうとしたり、神礼拝(みことば)以上に人様や人の言葉を重要視し過ぎて、神の祝福や死後の天国行きをも手放していませんか?

なぜなら聖書は、神礼拝や神のみことば以上に人様や人の言葉を重んじて影響される人は皆、結果、神の祝福と天国行きを手放して、見えない敵(サタン、悪魔)の奴隷とされると忠告するからです。神信仰とみことばを何よりも重要視して、神の祝福(味方)と永遠なる恩恵や天国行きの救いを獲得できるか。神信仰とみことば以上に人様や人の言葉を重要視し過ぎて、父なる神様からあきれられ、永遠の苦しみとサタン・悪霊の世界に滅びて行くかは、個々の生き様と信じ方次第だと忠告するのです。

また、実際に世界五大宗教(キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教、仏教)を調べてみると、創造主なるまことの神様を礼拝する宗教はキリスト教とイスラム教やユダヤ教だけで、その3つの宗教の父なる神様は、実は同じ旧約聖書の教える同一神になのです。このように歴史はまことの唯一神を証明しているのです。世界史でも、あなたの信じる聖書の神様は、世界人類の認めるまことの唯一の天地万物の創造主なる父(神様)だと実証しているのです。

・ヨハネの福音書14:6

「イエスは言われた。『わたしが道であり、真理であり、永遠のいのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとりも、父なる神様の御国にいくことはできません。』」

5節 (5 神は唯一です。また、神と人との間の仲介者も唯一であって、それは人としてのキリスト・イエスです。」)

なぜ、主イエスキリストでなくては、ならないのでしょうか。

聖書は、主イエスキリストは、旧約聖書の神のみことばの預言通りに生まれた、天地万物の創造主なる神様の唯一の御子(実子)であると教え説きます。そして聖書は、まことの神様と世界人類の救い主の条件が書かれていますが、主イエスキリストだけは旧約聖書のみことばとその神の預言通りに生きられたお方で、世界人類を神の裁きと永遠の苦しみから救える、救い主の条件通りの完全な人生を築いていたのに、世界人類の罪悪と過ちを贖罪するために十字架につけられて処刑され、その3日後に死から復活したメシア(救世主)の人生を築いた唯一のお方だったと、教え説くのです。聖書のみことばと世界史は、それを実証しているのです。

・ルカの福音書17:3

「気をつけていなさい。もし兄弟姉妹が罪を犯したなら、彼らを戒めなさい。そして悔い改めれば、赦しなさい。」

・第1テモテの手紙5:20

「罪を犯している者をすべての人の前で責めなさい。ほかの人をも恐れさせて目を覚まさせるためです。」

・第1ヨハネの手紙3:6

「だれでもキリストのうちにとどまる者は、罪を犯し続けません。罪を犯し続ける者はだれも、キリストを見てもいないし、神様を知らない人だからです。」

・マタイの福音書7:21

主イエスは言われた。「わたしに向かって、『主よ、主よ』と言う者がみな天国に入れるのではなく、天におられるわたしの父のみことばを行う者だけが入れるのです。」

聖書は、人は皆、見えない敵(悪魔、サタン)に心を支配され過ぎて、身勝手で冷酷な罪性が宿っているので、まことの神様とそのみことばを軽視したり、世界中で多くの子どもたちが飢え苦しもうとも、また隣町の人々が天変地異などで苦しもうとも助けようとせず、自分の欲望と快楽ばかりを大切に生きようとする悪い罪人だと、教え説きます。そして聖書は、人は皆、人生のいずれかか肉体の死後、絶対にその代償を支払わなければならないと、忠告するのです。聖書は、自分勝手な自由を築いて生き続ける人は皆、肉体の死後、裁き主である神様にジャッジされて、永遠の苦しみと敵の呪いを刈り取る羽目になり、旧約聖書に預言された救世主イエスキリストの十字架のみことばを信じて、日々のみことばで悔い改め続ければ、永遠の喜びと天国行きの幸福を勝ち取れる。そのどちらかだと、簡潔に教え説いているのです。あなたの人生と肉体の死後は、どちらでしょうか。

しかしあなたは、今日からみことばで深く悔い改めるようになり、見えない敵の支配下と永遠の苦しみから逃れられる、まことのクリスチャンLIFEを築ける人になり変われると期待します。あなたの内なる聖霊は、あなたをみことば通りに悔い改め続けさせる為の救い主だからです。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆の霊の目をさまして、日々のBible&メッセージで悔い改め続けられる、まことの神の子に造り変えて下さい。

そうすれば皆、見えない敵の支配と罠から逃れて、誰もが認めるまことのクリスチャンLIFE(神の子)に変えられていき、永遠に報われる幸福的人生を勝ち取れるからです!主イエスキリストのお名前で祈ります。

AMEN!!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り