• sgbc-devotion

テトスの手紙1:7~9

Bible said,

『もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天の父は、それをかなえてくださいます。』

『あなたが主を呼ばわれると「わたしはここにいる」と主は仰せられる。』

2017年8月18日(金)

ディボーション聖句

テトスの手紙1:7~9

7 監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、

8 かえって、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心があり、

9 聖書の教えにかなった信頼すべきみことばを、しっかりと守っていなければなりません。それは健全な教えをもって励ましたり、反対する人たちを正したりすることができるためです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

7節 (7 監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、)

この「監督」とは、聖職者(牧師)限定ではありません。

聖書は、教会の「監督」となるべき人とは、主なる神様に特別に信頼されて、教会内外で、数多くの神の権威と恩恵を任される長老職者を意味するのです。神に信頼される長老職者を目指す人は皆、永遠にいく倍も報われるのです。

・ヨハネの福音書15:14

主イエスは言われた。「わたしがあなたがたに命じるみことばをあなたがたが行なうなら、あなたがたはわたしの友です。もう、しもべとは呼びません。」

このようにBible&Jesusは、主なる神様のみことばを信じるだけでなく、聖書のみことばを生き様にする人は、もう「神のしもべ」「罪人」「平信徒」とは呼ばれず、そういうまことのクリスチャンは「神の友」「教会の監督者」「人生と死の教師」「まことの大人」として、神様から信頼されると教え説きます。聖書は、神の認める人生と死の監督者として信頼されると、数多くの神の権威や不可能を可能にする祈祷力も任されると、約束するのです。

あなたは、神様が認める「神の友」「人生と死の教師」「教会の監督者」「まことの大人」になる努力をしていますか?

それとも、それを怠って、数多くの神の奇跡、祈り以上の応答や救霊者を取り逃がしていませんか?

なぜなら聖書は、神の赦しを受けた神の子たちが「神の友」「人生と死の教師」「教会の監督者」「まことの大人」になろうとすることを怠りつ続ければ、虚しいクリスチャンLIFEを強いられると忠告するからです。何事も怠惰や怠慢をしては、立ちいかなくなるのです。人生はただ一度きり、目をさますしかないのです。

またJesusは以下のように言われました。「小さい事に忠実な人は、大きな事を任される。」

聖書は、日々の小さな一句のみことばを取りこぼしなく表現し続ける人は皆、父なる神様に特別に信頼されて、数多くの神の奇跡と感動的な良い実を任されると約束するのです。あなたの救い主Jesusは、日々の小さな聖句に忠実な神の友の期待を裏切りません。小さな日々のみことばに忠実な者となれるように、祈り尽力し続けましょう。

7~9節 (7 監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、8 かえって、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心があり、9 聖書の教えにかなった信頼すべきみことばを、しっかりと守っていなければなりません。それは健全な教えをもって励ましたり、反対する人たちを正したりすることができるためです。)

また聖書は、もしあなたが天国行きを確信しながら、不幸にならずに、絶対に報われる幸福的な人生を築きたいのなら、日々の聖書のみことばを取りこぼしなく表現する人生を築くしかなし得ないと、はっきり忠告します。聖書は、それ以外には絶対に報われる悔いなき人生、永遠の幸福人生、天国行きの確定はあり得ないと教え説くのです。

そして聖書は、あなたは絶対に報われる幸福人生、天国行きを確定できる神の知恵とその方法を知るチャンスに恵まれた幸運な人だと教え説きます。この神の知恵と手段を行使して永遠に報われる幸福人生を勝ち取るか、神の知恵とその手段を聞くチャンスを軽んじて、永遠に報われる幸福的人生を手放すかは、あなた次第だと忠告するのです。聖書の行いのないクリスチャンLIFEは、人生と死後の刈り取りも乏しいのです。

以下は、「神の友」「神の協力者」とされる「教会の監督者」の七つの基準です。

1️⃣ 聖書のみことばを読んで、自分勝手さ(罪悪)を省み、すぐに悔い改められる大人な人。

2️⃣ 常に他者の気持ちを理解しようとする謙遜さも必要。トラブルが起きた時は、他者のせいばかりにせず、聖書の真理で公正に考えられる人。短気を起こさない人。

3️⃣ 絶えず祈り、礼拝生活を大切にする人で,人様、快楽、酒に飲まれない自制心を持てる人。

4️⃣ 自分の欲望や富に縛られない、ぶれない信仰心と余裕のある人。

5️⃣ 救霊への情熱を燃やす人で、教会に来る新来者や外国人たちをよく持てなす隣人愛を大切にできる人。

6️⃣ 何よりも真理であるみことばを重要視する人で、周囲に聖書教育がしっかりできる人。

7️⃣ 真理に背く人や誤った人をしっかり正そうとする人で、適確な助言や励ましができる人。

以上が、神様に認められる「まことの大人」「神の協力者」「神の友」「教会の監督者」の七つの条件です。胸に書き記して下さい。

あなたも、やがてあなたらしい、素晴らしい品格を備えた、神の認める人生と死の監督者になって、永遠に報われる人生を築けると信じます。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々の小さな一句の聖句でさえも、忠実に表現できる「神の友」「人生の模範者」「監督者」にして下さい。 そうすれば皆、父なる神様から大いに信頼されて、永遠に報われる祈祷力と絶対に報われる幸福な人生を勝ち取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.