• sgbc-devotion

ヤコブの手紙1:26~27

Jesus said,

『神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

『あなたの罪は赦された』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年7月14日(金)

ディボーション聖句

ヤコブの手紙1:26~27

26 自分は信仰に熱心であると思っても、自分の舌にくつわをかけず、自分の心を欺いているなら、そのような人の宗教はむなしいものです。

27 父なる神の御前できよく汚れのない信仰は、孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、この世から自分をきよく守ることです。

[聖句メッセージ]

今日でヤコブの手紙1章は終わりです。

それでは聖書から、ご利益宗教ではなく、神の祝福を勝ち取れるまことの信仰生活について、探っていきましょう。聖書は、主なる神様とまことの信仰による相思相愛の関係と真理に伴う言霊を大切に生きられれば、人生は何が起きても安泰だと約束するのです。あなたは、更に脱ご利益宗教となっていき、主なる神様との真の相思相愛関係と真理に伴う言霊を行使して、何をしても報われるクリスチャンライフになり変われると信じます。

・箴言10:11~14,18~20

「正しい者の口はいのちの泉。悪者の口は暴虐を隠す。憎しみの口は争いをひき起こし、愛はすべてのそむきの罪をおおう。悟りのある者のくちびるには知恵があり、思慮に欠けた者の背にはムチがある。知恵のある者は知識をたくわえ、愚か者の口は滅びに近い。憎しみを隠す者は偽りのくちびるを持ち、そしりを口に出す者は愚かな者である。ことば数が多いところには、そむきの罪がつきもの。自分のくちびるを制する者は思慮がある。正しい者の舌はえり抜きの銀。悪者の心は価値がない。」

・第1コリントの手紙14:3

「聖書の預言を語る者は、人の徳を高め、勧めをなし、慰めを与えるために話すのです。」

・エペソの手紙4:29

「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。」

26節 (26 自分は信仰に熱心であると思っても、自分の舌にくつわをかけず、自分の心を欺いているなら、そのような人の宗教はむなしいものです。)

このように聖書は、人の語る言葉は人間性や信仰力(神の知恵)を計れる尺度にもなるのですが、聖書の知恵(真理)を知らない人々の話す言葉と、人生と死の真理(神の知恵)を悟れた人たちの言葉には重みと徳の高さに大差が現れると、教え説きます。聖書はどんなに立派な人に見えても、真理を知らない人々の話す言葉は中身が浅はかで、また宗教心が熱く素晴らしいクリスチャンに見えても、神の知恵(みことば)を蓄えていないクリスチャンの言葉は隣人を救い導く重みや説得力のない虚しい宗教に陥ってしまうと、忠告するのです。

あなたの神様は、いつも、あなたの語る言葉を聞いており、神の祝福、祈りの応答、救霊者をも振り分けていることをご存知でしたか?

神の祝福、祈り以上の応答、救霊者獲得の為に何よりも大切なのは、日々、あなたが語る言葉使い(内容)なのです。聖書は人生と死の真理をよく知る人々の語る言葉は、隣人の徳を高められる言霊が備わっていき、Jesusの十字架上の愛のみことばを深く悟る人々の言霊は、隣人に永遠のチャンス(救い、洗礼)を与えられると教え説くのです。聖霊の満たし、聖霊の力強い言霊力を祈り求めましょう。聖霊とはあなたに真理を深く悟らせて、あなたのくちびるを制して下さる神の御霊だからです。

・マタイの福音書10:7~8

「出て行って、『天の御国が近づいた』と、福音宣べ伝えなさい。そして、病人のために祈り、ツァラアトに冒された者たちをきよめ、悪霊を追い出しなさい。あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えてあげなさい。」

・マタイの福音書6:19~20

「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にもたくわえなさい。」

・第一コリントの手紙13:3

「また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。」

27節 (27 父なる神の御前できよく汚れのない信仰は、孤児や、やもめたちが困っているときに世話をし、この世から自分をきよく守ることです。)

このように聖書は、神の御子イエスの十字架上の身代わりの死と弁護を信じたおかげで、永遠の苦しみと死を免れた「永遠の神の子(クリスチャン」たちは、もう自欲のためにだけ時間と労力やお金を費やすことはやめ、社会的弱者の立場の人々への寄付や福音宣教のための献金と奉仕などをして、清い信仰と愛を保ちつつ、しっかり天に宝を積む生活を築くように命じています。これらの清い信仰心と愛の投資を怠れば、虚しいご利益宗教の罠に陥って、神の感動的な奇跡と癒し、祈り以上の応答、大切な人を救う為の聖霊力を手放す羽目になると、忠告するのです。何を話しても自由ですが、人の徳を高められる真理の言霊を大切に生きる人は皆、永続的にいく倍も報われるのです。

しかしあなたは、段々とJesusの愛とBibleの真理を代弁する賢者になっていくことと、隣人を救い導く清い信仰と情熱的な愛を時間、労力、お金を使って、しっかり天に投資できる神の器になり変われることを信じます。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、いつも真理に伴う生きた徳を高められる言葉を語れる者として、隣人を救い導くために清い信仰と情熱的な愛を時間、労力、お金を使って、しっかり天に宝を投資できる神の器としてく下さい。

そうすれば皆、何をしても、永遠に、絶対に、いく倍も報われる人生になり変わるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。

AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り