• sgbc-devotion

第一ヨハネの手紙4:7~10

Jesus said,

『神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

『あなたの信じた通りになるように』

2017年4月21日(金)

ディボーション聖句

第一ヨハネの手紙4:7~10 7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。 8 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。 9 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。 10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

それでは、今日の聖句から教会のJesus Family関係の在り方について、探っていきましょう。

Jesusの教会とクリスチャンは、何よりも神のLoveが原動力となれなければ無力に等しいからです。しかしあなたは、更に永遠の神の家族とされた教会の兄弟姉妹たちの大切さを悟って、Jesusのような神の感動的な奇跡や救霊の実を任される「神の愛の器」になり変われることを期待します。

7節 (7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。)

このように聖書は、神の特別なご紹介と導きで会わされた同じ教会の仲間たちは、永遠の神の家族関係であると教え説きます。

聖書は、救い主Jesusは、教会に集められた兄弟姉妹を救うために、十字架上の身代わりの死と弁護の犠牲的な愛を施しましたが、クリスチャンたちは、このJesusを模範として教会の神の家族たちと真心から愛し合うように、命じているのです。なぜなら聖書は、神に出会わされた教会の神の家族たちと結束して祈り、真心から愛し合おうとしない人に、目に見えない神様を愛せることは不可能だと教え説くからです。

あなたは同じ父なる神を持つ兄弟姉妹との関係性、愛の交わりを大切にしていますか?

God is Love.

聖書は人をえこひいきしたりなどして、兄弟姉妹愛を表そうとしないクリスチャンに、Jesusの魅力や奇跡など現れないと忠告するからです。肝に命じて下さい。

・使徒の働き9:1~4

『サウロ(使徒パウロの旧名)は、なおも主の弟子たちに対する脅かしと殺害の意に燃えて、大祭司のところに行き、ダマスコの諸会堂あての手紙を書いてくれるよう頼んだ。それは、男でも女でも、見つけ次第縛り上げてエルサレムに引いて来るためであった。ところが、ダマスコの町近くまで来たとき、突然、天からの光が彼を巡り照らした。彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」という声を聞いた。彼が、「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。』

7節 (7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。)

かつてのパウロは、敬虔で裕福なユダヤ人家庭で育っており、旧約聖書のみことばをすべて暗記していた勤勉なユダヤ教徒で、将来はエリートの律法学者か政治家候補の青年でした。

Jesusの十字架上の愛を理解できなかったパウロは、聖書のみことばと神学を、ただ頭でっかちで蓄えるだけの律法主義者で、神の深い愛と御心を全く理解出来ていない、形式的なご利益宗教者だったのです。そして、昔のパウロは主イエスの十字架上の贖罪による愛、教会の兄弟姉妹愛を受け入れられず、まことのクリスチャンたちを嫉妬して憎み、迫害する人だったのです。

するとある時、神の国からJesusはパウロに、以下のように語られたのです。

「あなたは旧約聖書のみことばを熟知しており、熱心な神信仰を持っていることは認めよう。しかし、あなたは間違っています。あなたは同じ神の子たち(教会の兄弟姉妹)を 大切に愛そうとず、逆に迫害してしまっている。もう やめなさい。それでは 自分の人生と主なる神様との関係を壊すことになり、何よりの大罪になるからです。今すぐ 悔い改めて、教会の兄弟姉妹を愛する人生に悔い改めなさい。」

以上のように、Jesusは厳しく語られたのでした。すると使徒パウロは、この直後から神の使命と教会の兄弟姉妹愛の為に人生と命を賭ける生活に回心でき、その結果として、Jesusのような神の奇跡を任される、世界一偉大な伝道者に生まれ変われたのでした。

8節 (8 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。)

また聖書は、神に救われた人(クリスチャン)は皆、同じ救い主JesusのHolly Spiritを受けており、愛し合えないはずがないと忠告します。そして聖書は、自称クリスチャンと言いながら、神の家族たちを選り好みしてえこひいきしたり、上辺だけで愛する人には,決して、まことの神様の愛と御心が理解出来る訳がないと、はっきり預言しているのです。

なぜなら教会の人間関係は、他の人間関係と違って、主イエスの十字架の愛と神の不思議な導きによってのみ、その関係性が成立しているからです。聖書は、兄弟姉妹たちを受け入れて愛そうと尽力することこそが、父なる神様を愛する行為、まことの信仰そのものだと教え説くのです。胸に書き記して下さい。

9~10節 (9 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。)

また聖書は、主イエスの十字架を本当に知り、聖霊に満たされる神の子たちは、教会の兄弟姉妹たちと団結して、時には自らを犠牲にする程のJesusの愛を表したり、主イエスを知らない人々に愛の救霊活動や神の愛の奇跡を示す働きができるようになると、預言します。主イエスの十字架による神からの愛、兄弟姉妹愛の大切さを知ることこそが、山をも動かせるJesus信仰の奥義だからです。

あなたは、あなたが繋がった教会、教会の兄弟姉妹関係や奉仕活動は、すべてあなたの神様のご計画と召しであったことをご存知でしたか?

また、あなたはまことの山をも動かせるJesus信仰とは、主イエスの十字架上の命懸けの愛、兄弟姉妹愛の尊さに気づくことであったことをご存知でしたか?

しかし、あなたは主イエスの十字架上の命懸けの愛と同じ父なる神のもとで繋がった教会の兄弟姉妹愛の尊さに気づく神の器となり、自分のご利益ばかり祈る宗教生活の負のスパイラルから脱して、Jesusのような魅力と情熱的な愛や、神の感動的な奇跡を起こせる偉大な人生を歩めることを期待します。

AMEN

(祈り)

主なる神様、皆を聖霊に満たし、主イエスの十字架上の命懸けの愛、父なる神様の選びと召しでつなぎ合った兄弟姉妹愛の尊さに気づかせて下さい。 それさえ気づければ、皆、Jesusのような魅力的な人格、情熱的な愛、神の感動的な奇跡を引き出せる教会祈祷力を任されるからです!主イエスのお名前で期待していのります! AMEN!!!

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り