• sgbc-devotion

使徒の働き4:11~12

Jesus said

『神は愛です』

『あなたの罪は赦された』

2016年1月26日(火)

ディボーション聖句

使徒の働き4:11~12

11「あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった」というのはこの方のことです。

12この方、イエス以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

11節 (11「あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった」というのはこの方のことです。)

 『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石が、礎の石となった』とは、旧約聖書・詩篇118:22の預言的みことばです。

 この「捨てられた石」とは人々に利用されて裏切られ、無実であるのに十字架処刑とされて、世界人類を救う為の「捨て石」となられた、神の御子Jesusのこと。

 また「礎の石」とは、「何よりも重要な役割りを果たす土台」という意味がありますが...Jesusはご自分を信じる人々を救う為に、十字架上で血を流して命を投げ出すことで、永遠なる天国への道の土台作りの役割りを果たすという、預言的なみことばになります。

 この詩編の預言通り、神の御子Jesusは十字架上で、世界人類の救い(贖罪)を果たされたのです。

 このBibleの預言のたとえは、正義と公平に満ちた平和的な国家造りや、個々の幸いな人生を築くのに、あまり大切でないと感じてしまうBibleのみことばとJesusの教え説く愛と真理こそが、実は最も重要であり、死後、天国に行く為に必要不可欠だという、預言的意味もあります。あなたはどうすれば、何を追求して生きていけば、悔いのない、永遠なる幸福を手に入れられると考えていますか?

 聖書は、国家と個人が真の平和と揺るがぬ幸福を勝ち取るのに、一番大切なのは真理と愛を追求する社会形成だと、教え説くのです。胸に書き記して下さい。

・第一コリントの手紙1:18

『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力そのものです。』

・ローマ信徒への手紙6:23

『人間の罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスから与えられる永遠のいのちです。』

12節 (12この方、イエス以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」)

 Bibleは、この世にJesusの十字架力以上のパワーは存在せず、Jesusが十字架上で流された血潮、その身代わりのいのちと弁護以外では、人は絶対に救われないと、教え説きます。永遠とは、Jesusを信じる者たちにだけ与えられる特権だと、ハッキリ教えるのです。

 神の御子Jesusの十字架上のいのちの弁護を受けられた、あなたは、すでに「永遠なる神の子」として、カウントされたのです。その特権を自覚することが大切なのです。

・ヨハネ福音書14:6

『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。」

 これらのBible & Jesusのみことばを信じるか、信じないかはあなた次第。しかし、あなたのJesusは信じる者たちにだけ、永遠のやり直しのきく、最高の天国人生を約束しています。信じる者達だけが、神の御子Jesusの弁護と、十字架上の永遠なる勝利を手にするのです。胸に書き記して下さい。

 そして聖書は、死への誤った先入観や恐れは、一切捨て去るように忠告しています。なぜなら人は皆、死後どうなるのか、ハッキリ知っている人などおらず、聖書でしか「死」を知る術はないと、ハッキリ教え説くからなのです。

 あなたは死の意味、死後、どうなるのか?ハッキリ説明できますか?説明できるのなら、それは絶対的ですか?聖書は、人生と死の説明書でもあります。人生の行く先と死後について、しっかり学び取り、死後に備えることも重要なのです。

 また聖書は、神の無限なる愛(JesusLove)を悟った者の恐れは、まったく消え去ると預言しており、Jesusの十字架の愛と力を確信した者達の死は、永遠なる世界への入口だと教え説きます。

 真のクリスチャンLIFEとは、人生に何があっても、父なる神様の助けに期待できる人生であり、肉体の死への恐れや不安よりも、死後の人生の行き先、天国行きをただ期待すして、待ち望める人生なのです。胸に書き記して下さい。

・ルカ福音書23:43

『イエスは、言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」』

 Jesusのお名前で祈るあなたは、必ず、現在の試練を乗り越えて、祈り以上の恵みを手にいれられます。Jesusの十字架にすがるあなたに、絶望と失望などあり得ないからです。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、主イエスの十字架力と無限なる愛を悟らせて下さい。

 そうすれば皆、全ての恐れや不安が消え去り、個々の祈りの応答を手にしながら、すべての試練を完全に乗り越えられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第二コリントの手紙12:17~21

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月25日(日) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:17~21 17 あなたがたのところに遣わした人たちのうちのだれによって、私があなたがたを欺くようなことがあったでしょうか。 18 私はテトスにそちらに行くように勧め、また、あの兄弟を同

第二コリントの手紙12:13~16

Jesus said, 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 2018年2月24日(土) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:13~16 使徒パウロは言った。 13 あなたがたが他の諸教会より劣っている点は何でしょうか。それは、私のほうであなたがたには献金の負担をかけなかったことです。この不正については、どうか

第二コリントの手紙12:11~12

Jesus said, 「あなたの信じた通りになるように」 「何も思い煩わなくてもいい」 「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 2018年2月23日(金) ディボーション聖句 第二コリントの手紙12:11~12 使徒パウロは言った。 11 私はあえて愚か者になりました。あなたがたが無理に私をそうしたのです。私は当然あなたがたの推薦を受けてよかったはずです。たとい私は取るに足り

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.