ルカの福音書18:9~14

2019年12月4日(水)
ディボーション聖句

ルカの福音書18:9~14
9  
自分を義人だと自任し、他の人々を見下している者たちに対しては、イエスはこのようなたとえを話された。
10
「ふたりの人が、祈るために宮に上った。ひとりはパリサイ人で、もうひとりは取税人であった。
11
パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。
12
私は週に二度断食し、自分の受けるものはみな、その十分の一をささげております。』
13
ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神さま。こんな罪人の私をあわれんでください。』
14
あなたがたに言うが、この人が、義と認められて家に帰りました。パリサイ人ではありません。なぜなら、だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるからです。」

[聖句メッセージ]

昨日の続きです。

ローマ信徒への手紙3:10『聖書は、次のように書いています。「義人はいない。ひとりもいない。」』

9節,このようにBibleは...人は皆、自分勝手な欲望と罪悪を思い行う性質を持っているので、完全な正しい義人などあり得ず、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰による救いが必要不可欠だと教え説いています。
あなたは、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰なくして、自分は地獄行きを免れる正しい人生だと過信する傾向がありませんか?
なぜなら聖書は、人は皆、誰もが人生の行き先や死について盲目である為、聖書から真理を学び、自分自身の限度や限界や身勝手な罪性をわきまえて、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰に頼らなくては、地獄行きしかあり得ないと、忠告しているからです。聖書は、残念ながら、これが身勝手な私たち人間の真理、行く末だと教え説くのです。目を覚まして、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰に頼り、祈りつつ悔い改め続けましょう。主イエスだけは、世界人類を裏切らないからです。Bibleは...人は皆、聖書の示す罪悪や過ちを繰り返し犯す性質があるので、肉体の死後の地獄行きの不幸を免れるには、神の救い主イエスの十字架による身代わりの死と弁護が 必要不可欠だと、教え説くのです。神の救い主以外は、誰も、あなたの死を救うことができないのです。しっかり胸に書き記しあいましょう。

9節,しかしこの時、パリサイ人たちは幼い頃から自分たちは礼拝を守っており、宗教による人間関係と伝統や良心を大切に生きてきたので、自分たちは正しい義人だと、勘違いをしてしまったのです。
あなたは、自分は正しいと言えますか?
なぜなら聖書は、人は皆、所詮、自己満足な正義を振りかざすだけの、身勝手な欲望に満ちた罪人に過ぎないと教え説くからです。神や義人が認める人生を築くには、自分本位の偽りの正義感や身勝手な欲望に満ちた偽善を認めつつ、聖書の教える永遠なる真理を通して、祈り悔い改め続けるしか道はないと教え説くのです。目を覚まして、主イエスの十字架贖罪信仰とそのみことばにすがるしか救われる道はないと教え説くのです。これらの真理、現実から目を覚ましあいましょう。

10節,そしてこの日、自己満足の形式的なご利益宗教に陥っていたパリサイ人は、以下のように祈りました。「主よ。わたしは、あそこにいる取税人たちのように経済活動第一主義でなく、女性遊びもしない真面目な男でいられることに 感謝します!また、私はあの食いしん坊でケチな取税人たちのようでなく、週2度の断食や、月一回の10分の1献金を捧げられることにも感謝します! 」と、偽善的なパリサイ人は罪深い人と自分を比較した優越感と差別意識に満ちた祈りをしたのです。
あなたは、パリサイ人たちのように、他の罪深い人々や他の社会的弱者や人生に思い悩む人々を見つけると、自分の方が幸せであり、また正しい人生だ、などと勘違いする傾向はありませんか?
なぜならBibleは、そんな他人と比べて幸福感や正しさを比較して優越感に浸る尺度など、誤っていると教え説くからです。肝に銘じあいましょう。

ローマ信徒への手紙12:3『私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。』

ヤコブの手紙2:8~10『もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という最高の律法を守るなら、あなたがたの行いはりっぱです。しかし、もし人をえこひいきして、差別するなら、あなたがたは罪を犯しており、聖書の律法によって違反者として責められます。聖書の律法全体を守っても、一つの点でつまずくなら、その人はすべてを犯した罪人となるのです。』

10~13節,またBibleは、人は皆、神の御前には存在価値が等しく、個々の才能に多少の違いはあれども特段に大差はないと、教え説きます。財産、社会的地位、容姿、健康などの見せかけなど、真の勝者、まことの幸福感の尺度と言えないと教え説くのです。
またBibleは、この愚かなパリサイ人たちのように、いつも他人と比べて 自分は正しいとか。または、他人と比べて、自分は恵まれていて幸せ者だと思う人こそ、何も人生や死についてわかっていない、神に責められる違反者だと教え説くのです。気をつけあいましょう。

14節,しかし、この時、経済第一主義に満ちた生活習慣を 築いてしまっていたために、いい加減な信仰に陥り罪悪感に満ちていた取税人は、以下のように祈りました。
「主よ。私はいつも自分勝手な欲望と仕事ばかりに時間と労力を費やしてしまっている愚かな罪人です。どうかわたしを哀れみ赦してください!」
と祈ったのです。

ヤコブの手紙5:16『ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。それは、いやされるためです。そういう義人の祈りは働くと、大きな力が表れます。』

14節,このようにBibleは、わたしたち人間は、自らの罪悪や過ちを認められる謙虚さと気量を大切にして、神を愛して他人を励ますためにも、自らの信仰などの罪や過ちを証ししたり告白出来る時のみ、真の正しい義人としてカウントされると、教え説きます。
自分の暮らしむきや幸福自慢ばかりを証ししようとする人々よりも、他人を救い、また 励ますために自らの罪悪や過ちを喜んで証ししてあげられる謙遜な愛の人の方が、神の奇跡が大きく現れると約束するのです。
あなたの生き様にも、神の認める義人の姿が表れると期待します。AMEN

(祈り)
主なる神様、皆を聖霊に満たし、自慢しようとする証しよりも、周囲の人々を 励まし愛し、主イエスの救いと真理につながる、自らの罪悪や過ちを さえ証し伝えられる義人になれるように助け導いてあげて下さい!
そうすれば 皆に、神の大きな奇跡や報いが数多く 任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

Please reload

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.