ヨハネの福音書21:1~14

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

 

2015年12月29日(火)

ディボーション聖句

 

ヨハネの福音書21:1~14

 

1この後、イエスはテベリヤの湖畔で、もう一度ご自分を弟子たちに現された。その現された次第はこうであった。

2シモン・ペテロ、デドモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナのナタナエル、ゼベダイの子たち、ほかにふたりの弟子がいっしょにいた。

3シモン・ペテロが彼らに言った。「私は漁に行く。」彼らは言った。「私たちもいっしょに行きましょう。」彼らは出かけて、小舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。

4夜が明けそめたとき、イエスは岸べに立たれた。けれども弟子たちには、それがイエスであることがわからなかった。

5イエスは彼らに言われた。「子どもたちよ。食べる物がありませんね。」彼らは答えた。「はい。ありません。」

6イエスは彼らに言われた。「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、網を引き上げることができなかった。

7そこで、イエスの愛されたあの弟子がペテロに言った。「主です。」すると、シモン・ペテロは、主であると聞いて、裸だったので、上着をまとって、湖に飛び込んだ。

8しかし、ほかの弟子たちは、魚の満ちたその網を引いて、小舟でやって来た。陸地から遠くなく、百メートル足らずの距離だったからである。

9こうして彼らが陸地に上がったとき、そこに炭火とその上に載せた魚と、パンがあるのを見た。

10イエスは彼らに言われた。「あなたがたの今とった魚を幾匹か持って来なさい。」

11シモン・ペテロは舟に上がって、網を陸地に引き上げた。それは百五十三匹の大きな魚でいっぱいであった。それほど多かったけれども、網は破れなかった。

12イエスは彼らに言われた。「さあ来て、朝の食事をしなさい。」弟子たちは主であることを知っていたので、だれも「あなたはどなたですか」とあえて尋ねる者はいなかった。

13イエスは来て、パンを取り、彼らにお与えになった。また、魚も同じようにされた。

14イエスが、死人の中からよみがえってから、弟子たちにご自分を現されたのは、すでにこれで三度目である。

 

[聖句メッセージ]

 

 本日からヨハネの福音書は21章です。

 

・第一コリントの手紙15:3~7

『あなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。その後キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。』

 

1~5節 (1この後、イエスはテベリヤの湖畔で、もう一度ご自分を弟子たちに現された。その現された次第はこうであった。2シモン・ペテロ、デドモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナのナタナエル、ゼベダイの子たち、ほかにふたりの弟子がいっしょにいた。3シモン・ペテロが彼らに言った。「私は漁に行く。」彼らは言った。「私たちもいっしょに行きましょう。」彼らは出かけて、小舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何もとれなかった。4夜が明けそめたとき、イエスは岸べに立たれた。けれども弟子たちには、それがイエスであることがわからなかった。5イエスは彼らに言われた。「子どもたちよ。食べる物がありませんね。」彼らは答えた。「はい。ありません。」)

 

 このようにBibleは、世界人類(あなた)の罪悪と過ちの刑罰を身代わりに引き受けて、十字架上で死なれたJesusは、聖書の預言通り、死後三日後によみがえってから、使徒たちに現れ、その後も500人以上の弟子(クリスチャン)たちに、同時に現れたと、教え説きます。

 しかしこの日...自分たちの小さな世界観と絶対的でない学問や常識に捕らわれていた、使徒ペテロたちは、漁の現場に現れた人がよみがえって来たJesusだと、すぐに気づけませんでした。

 あなたは自分の思考や、この世の学問や常識が、絶対的だと勘違いすることはありませんか?

 この世界には全知全能の完全な人などおらず、すべての常識や学問さえも移ろいやすく、殆どが不完全であることに気づくことです。

 

・ルカの福音書1:37

『神にとって不可能なことは一つもありません。』

 

・マタイの福音書5:18

『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が必ず成就されます。』

 

 そしてBibleは、あなたの神様には不可能などなく、聖書のみことばは、世界人類に絶対的に成就してきたからこそ、こうして世界の日時の基準は、Jesusの生誕(西暦2015年)とされていると、教え説きます。ただの一つの宗教ならば、世界の日時の基準となる訳などあり得ないのです。

 Jesus信仰とは、ただの宗教ではありません。目を醒ますことです。Bible&Jesusを信じる者は、皆、永遠のやり直しができるのです。永遠の救い主・Jesusから、あなたに与えられる永遠なるビックチャンスに期待します。

 

 以下は、Jesusが十字架につけられる以前の使徒ペテロとのエピソードのみことばです。

 

・ルカの福音書5:3~6

『イエスは、シモン・ペテロの持ち舟に乗り、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。話が終わると、ペテロに、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい」と言われた。するとペテロが答えて言った。「イエス先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」そして、そのとおりにすると、たくさんの魚が入り、網は破れそうになった。これを見たシモン・ペテロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ。私のような者から離れてください。私は、罪深い不信仰な人間ですから」と言った。』

 

 Jesusに救われる前の使徒ペテロは、腕のいいベテランの漁師でした。しかし、全く漁経験のないJesusのアドバイスを受けた時、最初は...こんな時間に、この場所で魚など漁れる訳がないと、Jesusのみことばを小馬鹿にしたのでした。

 しかしプロの腕利き漁師よりも、神の御子・Jesusのみことばの方が遥かに勝っていた為、使徒ペテロは今までない程の大漁を体験して恥をかき、神の御子Jesusの前で、深く悔い改めたのでした。

 あなたは、世界一権威ある書物と言われるBibleの教えよりも、また、世界の日時の基準とされている神の御子・Jesusのみことばよりも、自分の思考、経験やインスピレーションの方を信じるような過信はありませんか?

 

6~8節 (6イエスは彼らに言われた。「舟の右側に網をおろしなさい。そうすれば、とれます。」そこで、彼らは網をおろした。すると、おびただしい魚のために、網を引き上げることができなかった。7そこで、イエスの愛されたあの弟子がペテロに言った。「主です。」すると、シモン・ペテロは、主であると聞いて、裸だったので、上着をまとって、湖に飛び込んだ。8しかし、ほかの弟子たちは、魚の満ちたその網を引いて、小舟でやって来た。陸地から遠くなく、百メートル足らずの距離だったからである。)

 

 そしてこの日も復活したJesusは、大漁などあり得ない時間と場所で、大漁の奇跡を起こされたのです。

 

・第一コリントの手紙1:24~25

『敬虔なユダヤ人であっても、知識あるギリシヤ人であっても、召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵、そのものなのです。なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。』

 

 このようにBibleは、人は皆、どんなに有名なプロフェショナルになれたとしても不完全であり、完全なる神様のみことばに太刀打ちできる訳などないと、ハッキリ教え説きます。

 あなたは、一時的に神に与えられている権力、財力、能力、経験、知識、人気などを過信して、酔ってしまうことはありませんか?

 どれもが、いつかは手放さなければならないものであり、どれも不完全であることを忘れてはなりません。しかしBible&Jesusのみことばとは、永遠に語り継がれている真理、神の力そのものなのです。比較するレベルでないことに、気づくことが大切なのです。

 

9~14節 (9こうして彼らが陸地に上がったとき、そこに炭火とその上に載せた魚と、パンがあるのを見た。10イエスは彼らに言われた。「あなたがたの今とった魚を幾匹か持って来なさい。」11シモン・ペテロは舟に上がって、網を陸地に引き上げた。それは百五十三匹の大きな魚でいっぱいであった。それほど多かったけれども、網は破れなかった。12イエスは彼らに言われた。「さあ来て、朝の食事をしなさい。」弟子たちは主であることを知っていたので、だれも「あなたはどなたですか」とあえて尋ねる者はいなかった。13イエスは来て、パンを取り、彼らにお与えになった。また、魚も同じようにされた。14イエスが、死人の中からよみがえってから、弟子たちにご自分を現されたのは、すでにこれで三度目である。)

 

 そして、死から復活したJesusは...Jesusを失って、将来、何をすべきか分からずに気落ちしていた使徒たちに、また空腹であった使徒ペテロたちに、大漁の魚とパンや聖職者としての天職を準備して与えられました。

 

・マタイの福音書6:33~34

『だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすの生活のための心配は無用です。』

 

 この世界は、努力すれば、誰もが多く報われる訳でもなく、努力してもあまり報われない人が数多くいる、不公平と不条理な社会を形成してしまっています。

 しかしJesusは、Bibleの教え説く真理と愛を何よりも大切に生きようとする人の努力は皆、永遠に報われるので、心配要らずの人生と死(最期)を迎えられると、ハッキリ約束してくれました。Jesusを信頼するあなたは、やがて失望しなくなると、約束してくれたのです。

 あなたにも、永遠に尽きない希望と永遠の糧が与えられることを期待します。AMEN

 

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusの教える真理と愛を、何よりも大切に生きられるように助け導いてあげて下さい。

 そうすれば皆に、永遠なる希望と永遠に必要な糧と助けが与え続けられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

Please reload

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.