• sgbc-devotion

ヨハネの福音書7:1~9

2020年2月21日(金) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:1~9 1 その後、イエスはガリラヤを巡っておられた。それは、ユダヤ人たちがイエスを殺そうとしていたので、ユダヤを巡りたいとは思われなかったからである。 2 さて、仮庵の祭りというユダヤ人の祝いが近づいていた。 3 そこで、イエスの兄弟たちはイエスに向かって言った。「あなたの弟子たちもあなたがしているわざを見ることができるように、ここを去ってユダヤに行きなさい。 4 自分から公の場に出たいと思いながら、隠れた所で事を行う者はありません。あなたがこれらの事を行うのなら、自分を世に現しなさい。」 5 兄弟たちもイエスを信じていなかったのである。 6 そこでイエスは彼らに言われた。「わたしの時はまだ来ていません。しかし、あなたがたの時はいつでも来ているのです。 7 世はあなたがたを憎むことはできません。しかしわたしを憎んでいます。わたしが、世について、その行いが悪いことをあかしするからです。 8 あなたがたは祭りに上って行きなさい。わたしはこの祭りには行きません。わたしの時がまだ満ちていないからです。」 9 こう言って、イエスはガリラヤにとどまられた。 [聖句メッセージ] 本日からヨハネの福音書は7章です。 1~2節,『仮庵の祭り』とは「スコット(ヘブライ語)」とも言われており、ユダヤの祭りで「過越の祭り(ペサハ)」と「7週の祭り(シャブオット)」と共に、ユダヤ教三大祭りの一つです。 尚「仮庵の祭り」は、十戒のモーセの時代に ユダヤ人の祖先が、エジプトの支配から脱出した際、荒野で天幕(仮設の家、仮庵)を作って、移り住んでいたことを記念した祭りです。 マルコの福音書11:17~18『イエスはユダヤ人たちと祭司たちに教えて言われた。「わたしの家(神殿)は、すべての民の祈りの家と呼ばれる」と旧約聖書に書いてあるではありませんか。それなのに、あなたがたは主の祈りの家を 強盗の巣にしています。」祭司長、律法学者、権力者たちは それを聞いて、どのようにしてイエスを殺そうかと相談し始めした。イエスの影響力を恐れたからであった。なぜなら、群衆がみなイエスの教えに驚嘆していたからである。』 1~2節,当時のJesusはユダヤ人権力者や宗教指導者たちが、一番大切にすべき聖書の神のみことばを軽視しており、神のお名前をうまく利用しながら、自分たちの至福や権力を肥やしているのを見抜いて、彼らを偽善者で「神の恵み泥棒」だと語られました。すると、Jesusの正しいメッセージを聞かされたユダヤ人指導者たちは、Jesusの影響力を妬み、また恐れためにJesusを殺そうと計画し始めたのです。 尚、Jesusは全国から国民が集まる「仮庵の祭り」に行く予定でしたが、数多くの人々が集まる聖地エルサレムで 命を狙われていることに気づき、公にエルサレムに行く事をやめられたのです。 あなたは、行かない方がいい場所、聖書が行かない方が神の祝福を増し加えられると預言する場所や人間関係の場に、周囲の人々の目やひつこい誘いに乗って行ってしまい、神の大きな報いを取り逃したり、後で後悔したことがありませんでしたか? なぜなら聖書は、みことばに基づく内なる声が 深く関わらない方がよく、または行かない方がいいと感じる時は、思い切って、誘惑を断つ勇気と決断力が必要だと教え説くからです。 永遠に満たされる人生を築くには断る勇気が重要なのです。しっかり胸に書き記して下さい。 3~4節,この時 Jesusと弟子たちも、もし、家族(肉親)たちの勧め通りに目立つように聖地エルサレムの「仮庵の祭り」に行っていれば、必要以上の余計なトラブルに巻き込まれていたと、聖書は教え説くのです。あなたの内なる聖霊から与えられる、正しい選択心と決断力に期待します。 マタイの福音書13:54~58『イエスは、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな神の知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。この人は、あの大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか。妹たちもみな私たちといっしょにいるではありませんか。とすると、いったいこの人は、これらのものをどこから得たのでしょう。」こうして、彼らはイエスにつまずいた。しかし、イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、家族の間だけです。」そして、イエスは、彼らの不信仰のゆえに、故郷と家族の前では、多くの奇蹟をなさらなかった。』 5~9節,このようにBibleは...Jesusの生い立ちを よく知っていた血縁の家族、友人や故郷の人たちはJesusを神の実子だと信じにくく、Jesusからのみことばを軽視した為に、彼らだけは神の大いなる恵みと奇跡を 手に入れられなかったと、教え説きます。 Jesusの肉親、友人や知人たちは、BibleのみことばよりもJesusの目に見えた過去の姿と関係性を意識しすぎた為に、神のみことばを 数多く聞き逃して、結果、人生で大損をしてしまったのです。 あなたは、あなたが関わってきたJesusの教会や昔なじみのクリスチャンから語られる 神のBibleメッセージや預言、忠告をよく知る知り合いの言葉だからと軽視して聞き従うことができない傾向がありませんか? なぜなら聖書は、誰が語ろうが神のみことばを軽視して聞き流すと、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡や聖霊の助けを見逃す羽目に陥ると預言するからです。気をつけあいましょう。 第一コリントの手紙1:21『事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人の語る宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救い導こうと定められたのです。』 ヨハネの黙示録2:7主は言われた。『耳のある者は御霊が諸教会に言われることばを聞きなさい。勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにあるいのちの恵みを食べさせよう。」』 このようにBibleは、特にJesusの教会内では、神のみことばを語る人の姿とその人との関係性や人間性ではなく、人の語るBible&メッセージを 如何にして集中して聞き出せるかが 神の御声と奇跡を引き出すのに重要なポイントだと教え説きます。誰が語ろうが、神のみことばは人生と死の真理、預言、福音なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目と耳を開き、行くべきところ、行かない方が良いところを教え諭して下さい。また 皆が、神の御霊が教会を通して語られる、Bibleメッセージを集中して聞きだせるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡と大いなる祝福が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.