• sgbc-devotion

ヨハネの福音書6:3~14

2020年2月13日(木) ディボーション聖句 ヨハネの福音書6:3~14 3 イエスは山に登り、弟子たちとともにそこにすわられた。 4 さて、ユダヤ人の祭りである過越が間近になっていた。 5 イエスは目を上げて、大ぜいの人の群れがご自分のほうに来るのを見て、ピリポに言われた。「どこからパンを買って来て、この人々に食べさせようか。」 6 もっとも、イエスは、ピリポをためしてこう言われたのであった。イエスは、ご自分では、しようとしていることを知っておられたからである。 7 ピリポはイエスに答えた。「めいめいが少しずつ取るにしても、二百デナリのパンでも足りません。」 8 弟子のひとりシモン・ペテロの兄弟アンデレがイエスに言った。 9 「ここに少年が大麦のパンを五つと小さい魚を二匹持っています。しかし、こんなに大ぜいの人々では、それが何になりましょう。」 10 イエスは言われた。「人々をすわらせなさい。」その場所には草が多かった。そこで男たちはすわった。その数はおよそ五千人であった。 11 そこで、イエスはパンを取り、感謝をささげてから、すわっている人々に分けてやられた。また、小さい魚も同じようにして、彼らにほしいだけ分けられた。 12 そして、彼らが十分食べたとき、弟子たちに言われた。「余ったパン切れを、一つもむだに捨てないように集めなさい。」 13 彼らは集めてみた。すると、大麦のパン五つから出て来たパン切れを、人々が食べたうえ、なお余ったもので十二のかごがいっぱいになった。 14 人々は、イエスのなさったしるしを見て、「まことに、この方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言った。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 3~5節,尚、Jesusが福音宣教していた時代は印刷や製本技術が発達していなかった為、Bibleのみことばを 直接、通読できる人々は 限られていました。祭司(聖職者)、律法学者や裕福な人たちしか、Bibleのみことばを 手に入れて読むことが出来なかったのです。そのため当時の信仰者や、人生と死の意味や真理を知りたい人は皆、直接、礼拝施設に行くしか、Bibleのみことばに触れる方法がなかったのです。そして、数多くの求道者たちは、Bible&メッセージを暗記しようと集中して聞き入っていたのでした。 箴言2:1,2,5 神は約束した。『わが子よ。もしあなたが、わたしのみことばを受け入れ、わたしのみことばの命令を あなたのうちにたくわえ、あなたの耳をみことばの知恵に傾け、あなたの心をその英知に向けるなら、そのとき、あなたは、主を恐れることを悟り、神の知識を見いだそう。』 出エジプト記24:12『主は仰せられた。「彼らを教えるために、わたしが書きしるしたみことばの教えと命令を書き留めよ。」』 マタイの福音書7:7『求めなさい。そうすれば与えられます。』 ローマ信徒への手紙12:11『勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。』 3~5節,このように聖書は、いつもBibleメッセージを集中して読み、聞きしながは暗記する勤勉な人は皆、永遠に満たされる幸福人生に必要な神の知恵と聖霊によるインスピレーションや幸運を 数多く獲得できると約束しています。また、当時のJesusの弟子たちも、三年間、毎日 Bibleメッセージを集中して聞き書き留めながら、生活に実践適用していたので、いつの間にか聖霊に満たされていき、Jesusのような神の奇跡を 数多く引き出しながら、世界史に名を刻める程の偉人になる神の恩恵を手に入れられたのでした。 あなたは日々のBibleメッセージを暗記したり、要点を書き留めたり、また、実践適用しようと努めていますか? なぜなら聖書は、これらの作業、勤勉さがないと、永遠に満たされる幸福人生に必要な神の知恵と何もかもうまくいくインスピレーションや不思議な幸福を獲得できないと預言するからです。神の国の知恵と祝福を 求め、探し、叩く程の勤勉な実こそが、永遠に満たされる幸福人生に必要な神の知恵と聖霊のインスピレーションや不思議な奇跡力を引き出せる糧となるのです。しっかり胸に書き記して下さい。 5~6節,またこの日も、JesusからのBibleメッセージと祈りの奇跡を求めに来た熱心かつ勤勉な人々が、多勢やって来ていました。その数は男性だけで5千人、女性と子供を合わせると、総勢一万人以上もいたのでした。尚、あまりにも多勢の人々が熱心に求めてきた為に、時刻は、あっという間に夕飯時になってしまったのでした。 そしてJesusは、熱心かつ勤勉であった全ての人々を哀れみ、予定していなかった夕飯の祝福を 振舞うように、使徒ピリポに命じられたのです。 このように聖書で...あなたの神様は、熱心かつ勤勉にみことばや祈りを求め続ける人たちには、想像をはるかに超えた神の祝福や奇跡をもお与えになるお方だと預言します。聖書のみことばの黙想や祈りを大切に生きる熱心かつ勤勉なクリスチャンたちは、神の充分過ぎる恵みや奇跡を引き出せると約束するのです。 あなたは、聖書のみことばの黙想や祈りの時間を大切に設けている熱心かつ勤勉なクリスチャンですか? なぜなら聖書は、そのような熱心かて勤勉なクリスチャンにしか、想像をはるかに超える神の祝福や奇跡が巡ってこないと預言するからです。永遠に満たされる幸福人生に必要不可欠な神の祝福や奇跡を取り逃さないように、肝にめいじあいましょう。 7~14節『200デナリ』とは、現在の日本円に換算すると、約100万円くらいになります。 しかし使徒たちは、集まった全員(1万食以上)を食べさせる食料などなく、約100万円分(200デナリ)のパン代があったとしても、足りないと話し出したのです。尚、そこには、パン5つと魚2匹だけしかなかったのです。 マタイの福音書6:31~34主イエスは言われた。『あなたがたは何を食べるか、何を飲むか、何を着るか などと言って、生活のことで心配するのは、もうやめなさい。こういうものはみな、神を知らない異邦人が切に求めているものなのです。 しかし、あなたがたの天の父なる神様は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、あなたのすべての必要は与えられます。だから、心配は無用です。』 10~14節, 聖書は...純粋な信仰心を大切にしながら、熱心かつ勤勉に神の国のみことばや祈りを求めているクリスチャンには、常識や学問では説明できない程の圧倒的な神の奇跡、超常識的な神の祝福が任されることがあると約束します。この日も一万人以上の人々に、Jesusは神の超常識的な神の奇跡を起こして食事を整えてあげたのでした。 Bible&Jesusは、一生涯 満たされた幸福人生を築くには過度の衣食住(生活)や仕事への心配や、将来への不安や不信仰を持ち過ぎることは神の永続的な恵みや奇跡を引き出すのに、非常にマイナスだと教え説きます。聖書は、それらの過度の思いや行いは、神の永続的な祝福や奇跡を取り逃がすだけではなく、心霊体にストレスと不健康を与える罪悪であり、また人生は心配したところで、問題解決に繋がる訳でもないと、永遠に満たされる幸福人生に必要な心、信仰の持ち方を教え諭してくれたのです。 ローマ信徒への手紙5:5『イエスの教える希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。』 ローマ信徒への手紙10:11『聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』 ガラテヤの手紙6:9『みことばの善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、良いものを刈り取ることになるからです。』 ルカの福音書18:1『あなたがたは いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。』 11~14節,あなたには過度の心配事、将来への不安感はありませんか? なぜなら聖書は、もし多少なりとも あるのならば...今日から、Bibleメッセージを勤勉に蓄えながら神のみことばを信じ期待して、熱心に祈り続けた方が絶対に報われると約束するからです。 そうすれば、あなたの父なる神様は、あなたに耐えられない試練など与えず、時には神の奇跡を起こしたり、あなたを絶対に失望させないと、約束してくれたからです。過度の重荷と心配事や、将来への不安感は禁物です。 そして、今日からのあなたはBibleメッセージを勤勉に蓄えながら神のみことばを信じ期待して、熱心に祈り続けるようになり、何をしても、永遠に満たされる幸福人生になり変わると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleメッセージから真理を勤勉に蓄えながら、Jesusに信頼して、熱心かつ期待して祈り続けられるクリスチャンライフを築けるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆に神の不思議や奇跡が増し加わり、全ての必要が 満たされ続けるからです。 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.