• sgbc-devotion

ヨハネの福音書5:1

2020年2月6日(木) ディボーション聖句 ヨハネの福音書5:1 その後、ユダヤ人の祭りがあって、イエスはエルサレムまで上られた。 [聖句メッセージ] 本日からヨハネの福音書は5章です。 1節,この時、Jesusの宣教チーム一行は、創造主なる神様を祝う祭りに参加する為に、聖地エルサレムに向かっていました。 箴言15:15『神を知らずに悩む者には、毎日が不吉の日であるが、 神に救われた人には毎日が宴会のようである。』 第一テサロニケの手紙5:16『いつも、喜んでいなさい。すべてのことに感謝しなさい。』 1節,このようにBibleは...Jesusの十字架上の身代わりの死(贖罪信仰)を信じることで、神の救い主Jesusの永遠なる弁護を受けて神のゆるしを受けられた人は皆、創造主なる神様から人生の罪悪や過ちを無罪とされて、たとえ 死んでも、裁かれずに永遠に人生を やり直しができ、死後は天国行きが内定すると、約束してくれます。 また聖書は、聖書のみことばを信じて神礼拝奉仕しながら、祈り悔い改め続ける人は皆、神とそのみことばの福音を知らずに、ただ死んで滅びるしかない人たちのように、人生の未来と死を恐れずにすみ、毎日を宴会のように過ごせると約束してくれたのです。 あなたは、これら聖書の福音や真理を信じて、永遠に満たされる天国人生が約束されているのに、天に宝を積む神礼拝奉仕をしなかったり、この世界の物事に捕らわれ過ぎてしまい、神のみことばよりも自分勝手な欲求や快楽を追求し過ぎて、結果、未来や死を不安視する破滅的人生を築こうとしていませんか? 本当に、未来や死後について不安がありませんか? なぜなら聖書は、自らの人生での罪や非を素直に認めて、Jesusに贖われた「天国民」として、神のみことばを生き様にしようとし続けなければ、結果、永遠に満たされる天国人生も手放す破滅が待ち受けていると、預言するからです。罪深い人間は皆、神のみことば(真理)に背いて、自分の欲求や快楽を追求し過ぎれば、不安な未来や死が待ち受けると預言するのです。聖書とは永遠に満たされた幸福人生を築ける説明書。聖書を生き様にしようとし続ける人は皆、永遠に安泰なのです。 また聖書は、Jesusの十字架贖罪信仰を信じて、神礼拝しながら悔い改め続けているあなたの人生は、肉体の死後、神や天使たちのように、新しい永遠の霊的体が与えられて、永遠なる幸福人生が 待っているので、この世の人生ばかりを 重く考え過ぎたり、悩み過ぎてはならないと忠告してくれるのです。人生はこの肉体だけのものではありません。しっかり胸に書き記して下さい。 伝道者の書2:24~『人には、食べたり飲んだりし、自分の労苦に満足を見いだすよりほかに、何も良いことがない。これもまた、神の御手によることがわかった。実に、神から離れて、だれが食べ、だれが人生を楽しむことなど、できようか。なぜなら、神は、みこころにかなう人には、永遠なる知恵と神の知識と喜びを分け与え、神に敵対する罪人には、神のみこころにかなう者に渡すために、集め、たくわえる仕事を与えられる。』 伝道者の書3:1『天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには神の時がある。』 マタイの福音書10:30『天の父なる神様は、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられており、あなたがたのすべてを知っています。』 ヨブ記1:21『私たち人間は、裸で母の胎から出て来た。また、裸で私たちは神の御元に帰ろう。主なる神はすべてを与え、主なる神はすべてを取られる。主の御名はほむべきかな。』 また聖書は、心体の健康を害するネガティヴ思考や様々な快楽への欲求や依存は、見えない敵(サタン、悪霊、悪魔)の誘惑と罠になる恐れがあり、あなたの幸福と健康をむしばむ可能性があるとも、忠告しています。しかしBible&Jesusは、あなたが本気になって、みことばに従い続けれようとさえすれば、あなたは永遠に幸福になり続けると約束してくれるのです。日々、Bible&Jesusのみことばを受け入れながら従おうと尽力し続ける人は皆、不完全であっても、それだけで永遠に安心して生き続ければ良いと、約束してくれたのです。 ヨハネの福音書8:32『あなたがたはみことばから真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』 ヨハネの福音書8:36『ですから、もし神の御子イエスがあなたがたを自由にするなら、あなたがたはほんとうに自由なのです。』 ヤコブの手紙2:17『しかし信仰も、もし行いがなかったなら、それだけでは、死んだものです。』 1節,このようにBibleは、もし、あなたが人生と死の取扱説明書であるBibleのみことば通りに生きようとし続けるのならば、たとえ不完全であっても十字架が盾となってくれる為、誰にも、何にも束縛されない永遠なる自由感と、Jesusのような神の奇跡まで手に入れられると約束してくれます。しかし聖書は中途半端な信仰、みことばの伴わない形式的なクリスチャンライフでは、神を知らない人々とさほど変わらない、アップダウンの激しい苦労人生になり下がって、永遠なる自由感も死んでしまうと教え説くのです。 あなたの信仰、クリスチャンライフは如何でしょうか? 主イエスの十字架にすがって祈りつつ、悔い改め続けあいましょう。まだ、手遅れではないからです。 しかし、あなたは人生の取扱説明書であるBibleのみことば通りに生きようとし続けるようになって、誰にも、何にも束縛されない永遠なる自由感と、Jesusのような神の奇跡まで手に入れられると、期待します。あなたが不完全であっても、あなたの内なる聖霊にはそれができるからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を醒まさせ、永遠なる幸福と自由を手に入れられる「人生と死の取扱説明書」である Bibleのみことば通りに生ら続けられるように、決して、妥協しないように助け導いてください。 そうすれば 皆、何をも恐れず、誰にも束縛されなくなり、いつも 神様からの自由や希望が味方する、永遠に満たされた最高な人生を 築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「