• sgbc-devotion

ヨハネの福音書3:1〜2

2020年1月24日(金) ディボーション聖句 ヨハネの福音書3:1〜2 1 さて、パリサイ人の中にニコデモという人がいた。ユダヤ人の指導者であった。 2 この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられるのでなければ、あなたがなさるこのようなしるしは、だれも行うことができません。」 [聖句メッセージ] 本日からヨハネの福音書は3章に入ります。 1節『ニコデモ』とは、神の救い主Jesusに嫉妬していたパリサイ派(ユダヤ教の主流派)に属していた、最高法院の国会議員でありましたが、彼は他のパリサイ派と違って、聖書の預言に気づけていたので、神の救い主Jesusに 非常に敬意を払っておりました。 またニコデモは、Jesusを敵対視していたパリサイ派の立場でありながら、夜中、ひそかにJesusのもとを訪れ、神の御ことばを聞きに現れたのです。 あなたは、ニコデモのように神のみことばを熱心に聞く姿勢がありますか? なぜなら聖書は、ニコデモのように熱心にみことばに耳を傾ける姿勢がない人々に永遠に報われる為に必要な神の知恵や奇跡は任されないと預言するからです。このようにBibleの真理とは、周囲に反する危険を犯してまで、聞きに来るほどの価値に値する神の知恵なのです。 マタイの福音書10:33~36 主イエスは言われた。『人前でわたしを信じられないと言うような者なら、わたしも天におられるわたしの父なる神の前で、そんな者は知らないと言います。わたしが来たのは、地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたしは、平和をもたらすためだけに来たのではなく、最初は、地に剣をもたらすためにも来たのです。なぜなら、わたしは人をその父に、娘をその母に、嫁をそのしゅうとめに、そして、あなたの友人たちを 逆らわせるために来たからです。さらに、最初のうちは、家族の者たちがその人の敵ともなります。』 1~2節,このようにBibleは、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰を信じて救われたクリスチャンが熱心にみことばに聞く耳を立てて霊の目が開かれていくと、神を誤解している家族と友人、知人たちから勘違いされて反対されたり、見えない敵の攻撃を受けて迫害されることがあると預言します。 当時のニコデモも Jesus信仰を持てば、地位や職を追われる危険性があったのですが、Bible&Jesusのみことばが永遠に報われる幸福人生になくてはならない、神の知恵、真理だと気づけたので夜中に危険を承知で聞きに来たのです。 そして後に、彼はユダヤ人指導者たちが、無実な神の救い主Jesusを非難する場でも「我々の国の律法では、罪の証拠が無ければ裁けないはずではないのか。Jesusは、真の神の人だ!」と、権力や友人、知人たちに反してJesusを弁護する命がけの証しもした人となるのです。また彼は、Jesusの十字架の処刑後は、アリマタヤのヨセフらと共に、Jesusの遺体を引き取り、最上級の墓を提供して埋葬をしたのです。 このように聖書は、ニコデモのように権力や友人、知人たちに反してまで、Jesus信仰を証しし続けるクリスチャンや最上級のお墓を提供する程に献金や献品する人は皆、神の偉大なる恩恵や繁栄を獲得できると預言するのです。 ヘブル人への手紙10:38~39 神は言われた。『「わたしの義人は信仰によって生きる。もし、福音を宣べ伝えることを 恐れて退くなら、わたしのこころは喜ばない。」私たちは、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じて永遠のいのちを保つ者です。』 あなたは、周囲に誤解や反対されることを考えたり、恐れてしまい、Jesus信仰を 家族、友人、知人たちに証し伝えることをビビったり、後回しにするような傾向がありませんか? もし あるのなら、その理由は何ですか? なぜなら聖書は、どんな理由があれ、Jesus信仰を 家族、友人、知人たちに証し伝えることをビビったり、後回しにする人々は、自己保身の為に大切な家族、友人、知人たちを見捨てて地獄に突き落とす程に卑劣な罪を犯すことになり得ると忠告するからです。聖書は、周囲の大切な人々にJesusの福音を宣べ伝えることが何よりも重要な使命だと教え説くのです。 またBibleは、隣人にJesus信仰を 証し伝道することを後回しにしたり、あれこれ言い訳をして恐れる人には永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡と天国行きの確信や大切な人々を救う聖霊力は任されないと預言します。それだけは絶対に避けあいましょう。あなたにできなくとも、あなたのうちなる聖霊には不可能はないので、福音宣教することを後回し、おそれは禁物なのです。  そして、今日の聖句に出てくるニコデモもJesus信仰を求め続けて証しすれば、大切な家族、友人、知人たちの反対を受けて人間関係の崩壊や、またユダヤ権力に反して職を失う可能性があったのですが、まことの神様はニコデモを守り祝福した為、約二千年経った今でも世界中のキリスト者の模範、英雄として聖書に記されたのです。 そしてあなたも、ニコデモのように誰をも、何をも恐れず、また遠慮せずにJesus信仰を証しするまことのクリスチャンに成長していき、まことの神様から、何をしても不思議にうまくいく幸福人生や、大切な人々を奇跡的に救い導ける聖霊力が任されるようになれると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、ニコデモのように何をも恐れず、また誰にも遠慮せずに自由にJesus信仰の福音宣教を証し伝えられるように、また、しっかり天に宝を積める人生に造り変えて下さい。 そうすれば、皆の大切な人々が永遠に救われ、何をしても不思議にうまくいく幸福人生が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「