• sgbc-devotion

ルカの福音書24:43~53

2020年1月14日(火) ディボーション聖句 ルカの福音書24:43~53 43 さて、そこでイエスは言われた。「わたしがまだあなたがたといっしょにいたころ、あなたがたに話したことばはこうです。わたしについてモーセの律法と預言者と詩篇とに書いてあることは、必ず全部成就するということでした。」 45 そこで、復活したイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、 46 こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、 47 その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。 48 あなたがたは、これらのことの証人です。 49 さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさい。」 50 それから、イエスは、彼らをベタニヤまで連れて行き、手を上げて祝福された。 51 そして祝福しながら、彼らから離れて行かれた。 52 彼らは、非常な喜びを抱いてエルサレムに帰り、 53 いつも宮にいて神をほめたたえていた。 [聖句メッセージ] 本日でルカの福音書はすべて終わりです(全24章)。 マタイの福音書13:35 主イエスは言われた。『わたしはたとえ話をもって口を開き、世の初めから隠されていることどもを物語ろう。』 43節,このようにBibleは、神の救い主Jesusの十字架上の身代わりの死(贖罪信仰)を信じて、神様の赦しによる永遠なる天国行きを許可される人たちが聖書のみことばや神礼拝奉仕を大切に生きていくと、聖書のたとえ話を用いて、永遠に報われる為に必要な具体的な神の知恵やインスピレーションを授けて、人生を永遠に助け導いてくれると約束しています。Bibleのみことばを信じて悔い改め続ける者は皆、永遠に報われる幸福人生に必要な神の知恵や聖霊の助けと導きやインスピレーションが特別に任されると約束するのです。 あなたは、聖書のみことばや神礼拝奉仕を大切に生活していますか? なぜなら聖書は、永遠に報われて救われる為に必要な神の奇跡や悟りを手に入れるには、それらの二つが重要だと教え説くからです。もし、現在のあなたに永遠に報われて救われる確信がないのなら、聖書を黙想しながら祈りつつ悔い改め続けることが重要だと教え説くのです。 マルコの福音書16:14~20『復活したイエスは、十一人の使徒が食卓に着いているところに現れて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。 それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言う証しを信じなかったからである。それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいみことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」主イエスは、彼らにこう話されて後、天に上げられて神の右の座に着かれたそこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。』 45~48節,また神の救い主Jesusは、ご自分を信じて十字架上の身代わりの死(贖罪信仰)を信じて、死後の天国行きを許されて救われる人々には新たな使命や義務が生じたと教え説きました。その使命や義務はBibleのみことばの真理とJesusの十字架贖罪信仰による福音を 教会にいる神の家族たちと協力しあって、周囲に宣べ伝えるよう奉仕であり、大切なご家族や友人たちを 見えない敵(サタン、悪魔、悪霊)の支配と餌食とさせないように祈りつつ助言し続ける義務が生じたっ厳かに命じられたのです。 これが、神の特別なゆるしと死後の地獄行きを免れて天国行きの内定を受けられた人たち(神の子たち)への人生の新たな使命、義務となると教え説くのです。 あなたは、これらの二つの最低限の使命や義務を大切に生きていますか? なぜなら聖書は、周囲の人々を永遠に報われない虚しい不幸人生、死の滅び、死後の神の裁き、地獄行きに向かわせない使命や義務を果たしあうことが重要だと教え説くからです。聖書は、Bibleの真理とJesusの永遠なる福音宣教を 人生の使命として生きる人々には、神の特別な奇跡や最高の恩恵が任されるとも約束してくれているのです。 それらの奇跡とは見えない敵(サタン、悪魔、悪霊)や悪運に勝利できたり、神の知恵を悟れたり、時には害毒や重病さえも癒される権威が任されることであり、また最高な恩恵とは永遠に満たされた幸福人生や死後の天国でも最高の恵みを受けられると、約束されたのです。 使徒の働き1:8~10『「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは神の力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および 世界の地の果てにまで、わたしの証人となります。」こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。イエスが上って行かれるとき、弟子たちは天を見つめていた。すると、見よ、白い衣を着た人がふたり、彼らのそばに立っていた。』 49~53節,このようにBibleは、神の救い主Jesusのみことば通りに洗礼を受けると、まことの神様から永遠に報われる幸福人生に必要な助け主の聖霊が贈られると約束します。そしてその上で、神愛と隣人愛に基づく福音宣教のために人生を費やせるのなら、そのような人々には永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡と最高な報いが数多く任されるとも約束されたのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusから与えられた神の使命と義務である福音宣教や真理教育の働きを教会に集められた神の家族たちと、しっかり周囲に証し伝え続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の祈りに神の奇跡が任されたり、未来や死後の両方で素晴らしい報いを獲得できるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.