• sgbc-devotion

ヨハネの福音書1:6~14

2020年1月16日(木) ディボーション聖句 ヨハネの福音書1:6~14 6 神から遣わされたヨハネという人が現れた。 7 この人はあかしのために来た。光についてあかしするためであり、すべての人が彼によって信じるためである。 8 彼は光ではなかった。ただ光についてあかしするために来たのである。 9 すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。 10 この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。 11 この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。 12 しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。 13 この人々は、血によってではなく、肉の欲求や人の意欲によってでもなく、ただ、神によって生まれたのである。 14 みことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 6節,以下は、神に選ばれし預言者であり、世界人類に洗礼を広めた『ヨハネ』の出生のみことばです。 ルカの福音書1:13~17『天の御使いはザカリヤに言った。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは、高齢ですが、男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。その子はあなたにとって喜びとなり楽しみとなり、多くの人もその誕生を喜びます。なぜなら、彼は主の御前にすぐれた預言者となるからです。彼は、ぶどう酒も強い酒も飲まず、まだ母の胎内にあるときから聖霊に満たされ、そしてイスラエルの多くの人々を、彼らの神である主に立ち返らせます。」』 マタイの福音書11:11『まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、洗礼者ヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。』 6~8節,この『ヨハネ』とは...神の御前に、世界人類の罪悪や過ちのゆるしの洗礼式を教え広めた、神に選ばれし偉大な預言者、洗礼者ヨハネを指します。 ヨハネは、神の御使いガブリエルが、祭司ザカリヤと妻エリサベツの夫婦に現れて預言した通り、不妊症だったエリサベツから高齢出産により生まれた、Jesusと血縁上の親戚でもあった、神に選ばれし預言者ヨハネのことです。 この洗礼者ヨハネを通して、世界人類に神様と和解して、永遠なる助け主聖霊を手に入れられる為の洗礼式が 誕生したのです。 また洗礼者ヨハネは、人は皆、人生で犯した罪悪と過ちを 洗礼を受けることで神にゆるされて、永遠に清められるように、教え説いたのです。 あなたは、すでに洗礼を受けられましたか? なぜなら聖書は、洗礼を受けた人は、神に清められて、永遠の人生の救い主・聖霊を受けられ、永遠に報われる幸福人生に近づけると約束するからです。世界中の洗礼者はすでに世界人口の三分の一以上と言われています。聖書は、もし、あなたが死後の行き先がはっきりできずに生きているのなら、絶対に洗礼を受けるべきだと教え説くのです。 また聖書は、すでに洗礼を受けた人は皆、聖霊力が満ち溢れるように、毎日、祈った方がいいと教え説きます。人は皆、所詮、限界があるので、聖霊に満たされなくては、神の確信が感じにくく、また聖霊に満たされなければ、神の奇跡も起きにくいと預言するからです。洗礼を終えたあなたの心霊には、見えずとも 感じなくても、確かに聖霊は住まわれているのです。聖霊に満たされるように祈り続けましょう。近い将来、あなたが聖霊に満たされていき、聖霊からの不思議なインスピレーションや祈りの奇跡が与えられると期待します。 マタイの福音書3:1~3『洗礼者ヨハネが現れ、ユダヤの荒野で神の教えを宣べて、言った。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。この人は預言者イザヤによって、「荒野で叫ぶ者の声がする。「主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。』」と言われたその人である。」』 9~11節,そして洗礼者ヨハネは、もうすぐ神の実子で、神の救い主Jesusが 世界人類の罪悪の身代わりの死(贖罪)を 十字架上で成し遂げる為にやってくるので、自らの人生の罪悪や過ちを省みて洗礼を受け、未来の神の祝福や死後の救いの準備をするように教え説いたのです。洗礼さえ受ければ、永遠に報われる幸福人生のチャンスに恵まれると教え説くのです。 12~13節,聖書は神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰を信じて、洗礼さえ受けられれば「神の子」として認められて、天国行きを ほぼ確定できると約束してくれます。この「天国行き」の手続きを しっかり胸に書き記して下さい。 そして聖書は、この天国行きの手続き「洗礼」式を終えられた人は皆、聖書のみことばと天に宝を積む教会礼拝奉仕を大切に生きながら、周囲の一人でも多くのご家族と仲間たちを 天国に救い導ける福音宣教や真理教育の使命をしっかり果たして、永遠に報われる幸福人生、天国行きの確定を獲得するように教え説いているのです。聖書は、これらの使命、義務さえ果たし続ければ、人は皆、何をしてもうまくいき、永遠に報われ、死んでも救われると約束するのです。しっかり胸に書き記して、これらの最低限の使命、義務を果たし続けましょう。 使徒の働き16:31『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。』 12~13節,聖書は、Bible&Jesusのみことばを信じて、大切な家族や仲間たちの救霊を 本気で祈りつつ準備できれば、あなたのご家族や親友はいつか必ず救われると預言しています。Jesusのみことばを信じて従い続ける者の家族や大切な仲間たちは救われると預言するのです。家族や大切な仲間たちを見捨てないで、Jesusのみことば通りに生きて救い導いてあげて下さい。あなたにできなくとも、あなたのうちなる聖霊にはそれができるからです。 第一コリントの手紙5:20『預言をないがしろにしてはいけません。』 マタイの福音書1:22『このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。』 14節,このようにBibleは、聖書のみことばの預言は、どんなことでも 必ず成就すると教え説いており、聖書とは神からの人生の座標であり、永遠に報われる幸福人生に必要不可欠な道しるべであると教え説きます。 あなたは、日々のBibleメッセージの預言や真理を ただ聞き流したり、ないがしろにしてはいませんか? なぜなら聖書は、聖書の預言や真理をないがしろにしては、永遠に報われる幸福人生はなし得ず、神の奇跡も皆無だと預言するからです。目をさまして、悔い改めあいましょう。 しかし聖書は、今日からでも悔い改めて、Bible&メッセージを 人生と生活の指針にさえできれば、あなたの神様はあなたの人生の全責任を負って、永遠に満たされる幸福人生を与えて下さると、約束してくれます。信じて悔い改める者たちだけが、いく倍も報われて、永遠に救われるのです。 そして、今日からあなたも日々のみことばから祈りつつ悔い改めるようになり、何をしても報われて、あなたとご家族たちも永遠に救われると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開き、日々のBibleメッセージからの預言や真理を 悟らせて、祈りつつ悔い改め続ける人生を築けるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆とご家族や大切な仲間たちの人生に、永遠に報われて救われる為に必要な神の知恵や聖霊の奇跡が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「