• sgbc-devotion

ルカの福音書20:41~47

2019年12月18日(水) ディボーション聖句 ルカの福音書20:41~47 41 すると,イエスが彼らに言われた。「どうして人々はキリストをダビデの子と言うのですか。 42 ダビデ自身が詩篇の中でこう言っています。『主は私の主に言われた。 43 「わたしがあなたの敵をあなたの足台とする時まで,わたしの右の座に着いていなさい。」』 44 こういうわけで、ダビデがキリストを主と呼んでいるのに、どうしてキリストがダビデの子でしょう。」 45 また、民衆がみな耳を傾けているときに、イエスは弟子たちにこう言われた。 46 「律法学者たちには気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ったり、広場であいさつされたりすることが好きで、また会堂の上席や宴会の上座が好きです。 47 また、やもめの家を食いつぶし、見えを飾るために長い祈りをします。こういう人たちは人一倍きびしい罰を受けるのです。」 [聖句メッセージ] 本日でルカの福音書20章は終わります。 41節,Jesusを神の御子であり、世界人類の救い主だと信じらずに、敵対視していたパリサイ人の律法学者たちは、以下のように自慢げに語り出しました。「神の救い主は、ダピデ王の子として生まれ出ます。」 41~44節,そしてJesusは、聖書のみことばを知りながら身勝手かつ誤って解釈したり、形式的かつ行いの乏しい、自己満足なご利益宗教に陥っていたパリサイ人たちの信仰心を見抜いて、質問をしました。「世界人類の救い主はダビデ王の子として生まれる? しかし旧約聖書の中で、ダビデ王は、救い主に対して『わたしの主』と祈りながら、賛美していますよ。それなのに、あなたがたは、なぜ? 神の救い主はダビデ王の子として生まれると言うのですか? 旧約聖書の詩篇にある、神の救い主である神の御子がダピデ王の子として生まれるとは、いったい、どういう意味ですか?説明してみなさい。」 しかし、聖書のみことばを誤って解釈しており、形式的なご利益宗教に陥っていたパリサイ人(律法学者)たちは、そのみことばを 正しく解き明かせませんでした。なぜなら彼らは、Bibleのみことばを 深く黙想して神の御心を求めていない、自己満足かつ形式的なご利益宗教としての信仰理解しか持っていなかったからです。彼らは、無知で頭でっかちな偽善者だったのです。 あなたは聖書のみことばから神の摂理や人生と死の真理をよく知らないのに、知ったかぶりなどして、自分の未来や死後は安泰だと過信する破滅してしまっパリサイ人のような信仰理解をしてしまう傾向がありませんか? また、形式的で、偽善的なパリサイ人のように聖書の行いの乏しい自己満足だけの信仰心に捕らわれていませんか? なぜなら聖書は、もし、あなたに永遠に満たされた幸福人生に必要な神の知恵と預言や奇跡が必要ならば、パリサイ人(律法学者)たちのように聖書を自分の都合で身勝手に解釈したり、自己満足な形式的なご利益宗教にならぬよう、神の教会でみことばに深く関わったり、聖書のみことばを深く黙想して祈りつつ、形式的にならぬよう表現すべきだと教え説くからです。神の救い主Jesusは、聖書のみことばを知ったかぶりせずに、いつも謙遜に、Bible&メッセージを聞く姿勢を 大切だと教え説くのです。 Jesusは、いつも、素直な幼児のように徹して、聖書メッセージに聞く耳を持てない人に、永遠に満たされた幸福人生に必要な神の聖霊力と神の知恵やインスピレーションは宿りにくいと、教え説くのです。人は皆、所詮、神にはなれず、求道者に過ぎないのです。肝に銘じあいましょう。 ルカの福音書2:11『ダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主イエスキリストです。』 第一ヨハネの手紙5:5『世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。』 第一ヨハネの手紙4:15『だれでも、主イエスを神の御子と告白するなら、神はその人のうちにおられ、その人も神のうちにいます。』 マタイの福音書20:16 主イエスは言われた。『このように、あとの者が先になり、先の者があとになるものです。」』 41~44節,この時、パリサイ人(律法学者)たちは、世界人類の救い主(神の御子)が、普通の女性(マリヤ)から生まれ出ることを、旧約聖書の預言から読み取れなかったのです。神学を深く学んでも、また信仰年数が長くなったとしても、いつも幼児のように聖書のメッセージに深く耳を傾けられなければ、また聖書のみことばを深く黙想して祈りつつ、表現しようとし続けなければ、永遠に満たされた幸福人生に必要な神の知恵、預言、インスピレーションは任されないと教え説くのです。 45~46節,尚、聖書は当時のユダヤ社会は、ユダヤ王国の国教が旧約聖書信仰のユダヤ教であり、法律も旧約聖書の律法が中心であったため、パリサイ派の律法学者は宗教と法律の両方の専門家であり、律法学者たちは高給取りで、非常に大きな影響力を持っていた為、高慢に陥りやすかったと教え説きます。聖書は、人は皆、たとえ、どんなに学問知識や人生経験を積んでも、またどんなに権力、地位、名声に恵まれたとしても、それだけでは永遠に満たされた幸福人生に必要な神の知恵、人生や死の悟り、神の感動的な奇跡は任されないと預言するのです。 マタイの福音書23:26~3 主イエスは言われた。『わざわいだ。偽善の律法学者。おまえたちは杯や皿の外側はきよめるが、その中は強奪と放縦でいっぱいです。わざわいだ。偽善の律法学者。おまえたちは白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいです。そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは預言者の墓を建て、義人の記念碑を飾って、「私たちが、父祖たちの時代に生きていたら、預言者たちの血を流すような仲間にはならなかっただろう」と言います。こうして、預言者を殺した者たちの子孫だと、自分で証言しています。おまえたち蛇ども、まむしのすえども。おまえたちは、ゲヘナの刑罰をどうしてのがれることができよう。』 45~46節,このようにBible&Jesusは....富と権力や名声に溺れてしまった律法学者たちは神様から見れば偽善者になり下っており、彼らの大半は神の御前に謙遜になることよりも、人々の面前で、自らを少しでもよく見せようと着飾ったり、罪悪を隠して善人ぶったり、 先生呼ばわりされることを喜び、いつも上席や上座を好むようになり、その内面は聖書の教える偽善と不法に満ちていたと、教え説きます。Bibleは、自分をよく見せようと 背伸びし過ぎたり、偽らないことが 大切だと、教え説くのです。肝に銘じあいましょう。 ヤコブの手紙2:20『ああ愚かな人よ。あなたは行いのない信仰が虚しく、意味がないことを知りたいと思いますか。』 ヤコブの手紙2:26『たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、みことばの行いのない信仰は、死んでいるのです。』 第一サムエル記16:7『主は仰せられた。「彼の容貌と見せかけや、背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。なぜなら、わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』 46~47節,またBibleは、いくら立派な言動や敬虔な信仰と、地位や多くの財産を持っている人がいたとしても、聖書の教える真理と福音宣教などをする隣人愛が伴う生活習慣や生き様が備わっていなければ、そういう人の正義感と聖霊力は死んでおり、虚しい人生の結末を迎えてしまうと、忠告しています。 あなたの現在の生活習慣は如何ですか? 聖書は、たとえ多くの財産や地位や名声と人気に恵まれたっしても、それだけでは永遠に満たされた幸福人生などなし得ず、未来や死後の幸福人生には何の役にも立たないと教え説くのです。しっかり胸に書き記して下さい。 世界人類の裁き主なる神様は、あなたの心の深みと影での生活と努力を見たり、またあなたの信仰心の姿勢と動機を見て、あなたに神の奇跡を引き出せる聖霊力や幸福人生に必要な報いを振り分けられるお方。人目や見せかけばかりを気にする人生や、自己満足なご利益宗教だけは 避けるべきなのです。 しかし、あなたは聖書から正しい神知識や神感を吸収して、真理に伴う生き様の現れる、永遠に満たされた幸福人生を築けると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開かせて、見せかけと口先だけの虚しい偽善的なご利益宗教者にせず、JesusLoveと みことばの生き様の伴った、純粋かつ本物のJesus信仰者にして下さい。 そうすれば、皆に永遠に満たされた幸福人生に必要な神の奇跡や百倍の報いが任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「