• sgbc-devotion

ルカの福音書18:18~27

2019年12月6日(金) ディボーション聖句 ルカの福音書18:18~27 18 また、ある金持ちの役人がイエスに質問して言った。「尊い先生。私は何をしたら、永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」 19 イエスは彼に言われた。「なぜ、わたしを『尊い』と言うのですか。尊い方は、神おひとりのほかにはだれもありません。 20 戒めはあなたもよく知っているはずです。『姦淫してはならない。殺してはならない。盗んではならない。偽証を立ててはならない。父と母を敬え。』」 21 すると彼は言った。「そのようなことはみな、小さい時から守っております。」 22 イエスはこれを聞いて、その人に言われた。「あなたには、まだ一つだけ欠けたものがあります。あなたの持ち物を全部売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」 23 すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。たいへんな金持ちだったからである。 24 イエスは彼を見てこう言われた。「裕福な者が神の国に入ることは、何とむずかしいことでしょう。 25 金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうがもっとやさしい。」 26 これを聞いた人々が言った。「それでは、だれが救われることができるでしょう。」 27 イエスは言われた。「人にはできないことが、神にはできるのです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 18節,本日は、エリート育ちのお金持ちで信仰深い青年(役人)とJesusとの会話になります。 マタイの福音書25:46 Jesusは言われた。『悪人たちは永遠の刑罰に入り、わたしを信じる、正しい人たちは永遠のいのちに入るのです。』 ヘブル人への手紙9:27『人間には、一度死ぬことと死後に、神のさばきを受けることが定まっています。』 ローマ人への手紙14:12『こういうわけですから、私たちは、肉体の死後、おのおの自分の人生のことを神の御前で申し開きすることになります。』 18~19節,このようにBibleは、人は皆、どのように人生を考えて、どうように生きてきたのか...肉体の死後、父なる神様の御元に連れて行かれて、人生のジャッジ(審判)がなされると教え説きます。 あなたは、死後の行き先がはっきり確信できていますか? なぜなら聖書は、神のみことばからの真理を通して、神に良しとされる者たちだけに永遠の国『天国』行きが許可され、それ以外は天国行きは有り得ない教え説くからです。仏教は、出家するなり生活全般を改めて悟りを切り開かなければならず、ユダヤ教は特別に選ばれた神の選民の基準に該当しなければ救われず、イスラム教やヒンドゥー教は厳しい戒律を守らなくてはならないので、キリスト信仰だけが万民に、死後の天国行きの救いのチャンスがあると言われているのです。Bible&Jesusのみことばだけが世界人類を完全に救える為、クリスマスだけが世界中に祝われているのです。 18~19節,そしてこの時、あり一人のユダヤの役人(エリート育ちの青年)が、Jesusのみもとに来て、いったいどうすれば、 肉体の死後、神に良しとされ、永遠の新天地「天国」に行けるのか、またその確信を強められるのかを質問しに来ました。 マタイの福音書7:21 主イエスは言われた。『わたしに向かって、「主よ、主よ」と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父なる神のみことばを行う者が入るのです。』 第一コリントの手紙1:18『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』 19~20節,そしてこのユダヤ人のエリート役人は、どの聖書のみことばを守り続ければ、永遠の幸福人生の道が切り開かれるのか、神の救い主Jesusに質問したのです。 そしてJesusは、以下のようにエリート育ちの金持ちの役人に答えました。 「もし、あなたが 永遠の人生(天国行き)を確定したいのなら...自分の考え以上に神のみことばを大切に信頼することと、自分のこと以上に他人の人命、人心を大切にする隣人愛を表す姿勢と生き様が重要になります。ですから、あなたは神のみことばに反せず、また他人の可能性とヤル気を絶たないように、注意しなさい。 また聖書は、婚姻する気もないのに軽率な性的関係を結んだり、人の物を欲しがったり、盗んだりしてはならないし、人に嘘や偽りを話さないように、気をつけることが死後の天国行きには重要な条件です。そして、あなたの父母を敬愛して、なるべく、他人をえこひいきせずに周囲の隣人を自分のように大切に考えてあげたり、神への感謝を大切にする人生を 築かなければ、死後の天国行きやその確信は与えられず、無神論者や他宗教者たちのような必要以上の苦労と忍耐や虚しく悲しい死の結末、永遠なる破滅に行くしかないのです。」とJesusは、旧約聖書のモーセの十戒から、天国に行く為に必要な戒めを 教え説いたのです。 あなたは、Bibleの教える天国行きの戒めを 完全に守ってきた確信と、今後も守り続けられるという自信が ありますか? なぜなら聖書は、もし、あなたに その確信がないのなら、決して頑固にならず、また自分の先祖代々からの宗教が違うなどとこだわらず、ただただ、神の民の救い主イエスの十字架贖罪信仰にすがって 祈りつつ、悔い改め続ける気さえ大切に生き続ければ、永遠なる天国行きの道は切り開かれると約束するからです。 21節,しかし、この青年は敬虔で、厳格なユダヤ教徒の家庭で 生まれ育っており、すべての聖書の戒めを守ってきた自信が あったので、彼は自信を持ってJesusに言い返しました。「それは、よかったです。そのような戒めは、小さな時から 全て守っております。では他に、永遠に報われる幸福人生と天国行きの確定や確信を得るために、私は何をすればいいのでしょうか?」と、彼は偉そうに、質問を続けたのです。尚、彼は、誰もが羨むほどの財産、学歴を誇り、また周囲からも尊敬されるほどの信仰と人格や知識を持っており、家柄も育ちも良く、非常に人気者でもあったのです。 第一テモテの手紙3:17『世の富を持ちながら、兄弟姉妹が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。』 第一コリントの手紙7:31『世の富を用いる者は用いすぎないようにしなさい。この世の有様は過ぎ去るからです。』 伝道者の書3:10『金銭を愛する者は、いくら多くの金銭が入っても満足できない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。』 マタイの福音書4:8~10『悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその繁栄ぶりを見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、世界中の全部の繁栄をあなたに差し上げましょう。」イエスは言われた。「引き下がれ、悪魔サタン。あなたの神である主だけを拝み、主にだけ仕えよ」と聖書に書いてある。」』 22節,この時、神の救い主Jesusは金持ちで敬虔な信仰を持っていた好青年に、こう言いました。 『では、もし あなたが完全な人生を歩み、他人と神様に対しても全く罪悪感なしの満たされた幸福人生を確保したいのなら、またあなたが永遠の天国行きの確約や確信を得たいのならば、今まで通りにすべてのBibleのみことばを守り行い続けなさい。そしてその他に、あなたの今ある財産のほとんどを売り払って、国中の貧困者と餓死しそうな人々に分け与える隣人愛を実践してあげなさい。そうすれば、あなたの人生は完全になり、死後の天国行きと永遠に満たされた幸福人生を刈り取り、死後の天国でも最高な名誉や恩恵を勝ち取れます。』と、神の人Jesusは完全無敵であり、最高な人生と永遠に満たされた天国行きを確定できる知恵と術を教え説かれたのでした。 あなたの人生は永遠に完全に満たされた幸福人生に近い人生ですか? 聖書とは、唯一、永遠に満たされた幸福人生や死後の天国人生を完全なかたちでスタートできる人生と死の取扱説明書。祈りつつ活用し続ければ、永遠に安泰だと約束するのです。 23~27節,しかし 金持ちのエリート役人は自分の人生での幸福感や自信を仕事、富、学歴、人気から依存し過ぎていたので、Jesusからのみことばを実践する気がなく、ただ 悲しそうに逃げるように去って行ったのでした。 あなたは幸福感、自由、何らかの自信がありますか? もし、それらがあるのなら、基盤は何ですか? なぜなら聖書は、今の仕事、富、学歴、人気、健康など、全てがいつか役に立たなくなる虚しい動機に過ぎないと教え説くからです。それらは虚しい偶像でしかないのです。目を覚ましあいましょう。聖書とは永遠に揺るがない幸福かつ自由人生に必要不可欠な神の言霊、神の知恵書なのです。しかし、この時の金持ちのエリート役人の青年はJesusの教えるみことばが理解できず、永遠に揺るがない幸福人生や自身、まことの自由と救いを 取り逃してしまったのです。 伝道者の書3:11『神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。 そして私は知った。神のなさることはみな永遠に変わらないことを。それに何かをつけ加えることも、それから何かを取り去ることもできない。神がこのことをされたのだ。人は神を恐れなければならない。』 しかし、あなたはこのエリート金持ちの青年のようではなく、Jesusのみことばを深く理解するように悔い改め、永遠に満たされた幸福人生、揺るがない自信と自由に満ちた成功人生、死後の天国行きの確信と喜びに満たされた勝利的人生を築けると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開いて、エリート育ちの金持ちの人気者の青年のように虚しい虚像に頼ることがないように、聖書から自らの人生での罪悪、咎、過ち、身勝手さに気づかせて悔い改めさせ続けてください。 そうすれば 皆、人生で、本当に大切なモノに気づきだしたり、Bibleの真理やJesusの十字架の救いを悟り出し、永遠に満たされた天国人生を 確信、確定できるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「