• sgbc-devotion

ルカの福音書16:1~2

2019年11月23日(土) ディボーション聖句 ルカの福音書16:1~2 1   イエスは、弟子たちにも、こういう話をされた。「ある金持ちにひとりの管理人がいた。この管理人が主人の財産を乱費している、という訴えが出された。 2 主人は、彼を呼んで言った。『おまえについてこんなことを聞いたが、何ということをしてくれたのだ。もう管理を任せておくことはできないから、会計の報告を出しなさい。』 [聖句メッセージ] 本日からルカの福音書は16章です。 1節,この時Jesusは、『ある金持ち』『主人』を世界人類の創造主で、裁き主なる神様と たとえており、その『管理人』『しもべ』を 神様から生命と人生の管理を任された人間として、たとえ話を されたのです。 あなたの生命と人生とは、世界人類の創造主で、裁き主である神様が、あなたにその管理を任されたことをご存知でしたか? なぜなら聖書は、あなたは偶然ではなく、確かに神様からのご計画と使命を受けて生まれたと、教え説くからです。聖書とは、あなたへの神様からのご計画と使命が書かれている、全人生と全生命の取扱い説明書。目を覚まして、聖書を読み、それらを掴み取りましょう。 ルカの福音書12:42~48『主は言われた。「では、主人から、その家のしもべたちを任されて、食事時には彼らに食べ物を与える忠実な賢い管理人とは、いったいだれでしょう。主人が帰って来たときに、そのようにしているのを見られるしもべは幸いです。わたしは真実をあなたがたに告げます。主人は彼に自分の全財産を任せるようになります。ところが、もし、そのしもべが、『主人の帰りはまだだ』と心の中で思い、下男や下女を打ちたたき、食べたり飲んだり、酒に酔ったりし始めると、しもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。 そして、彼をきびしく罰して、不忠実な者どもと同じめに会わせるに違いありません。主人の心を知りながら、その思いどおりに用意もせず、働きもしなかったしもべは、ひどくむち打たれます。しかし、知らずにいたために、むち打たれるようなことをしたしもべは、打たれても、少しで済みます。すべて、多く与えられた者は多く求められ、多く任された者は多く要求されます。』 マタイの福音書25:13『だから、目をさましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないからです。』 マタイの福音書24:42『だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。』 マタイの福音書12:36~37 主イエスは言われた。『わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだな ことば使いについて、死後のさばきの日には、言い開きをしなければなりません。 あなたが神様から正しいとされるのは、あなたのことばによるのであり、神様から罪に定められるのも、あなたのことば使いによるのです。』 ヘブル人への手紙9:27『そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている。』 1~2節,神の御子であり、神の預言者でもあったJesusは、この時、以下の内容のたとえ話をされました。 「人は皆、創造主なる神様から心霊体の備わった生命と、人生での様々な恵みや才能や運命を 預けられて生まれ出ています。そして、あなたがたの創造の父なる神様は、あなたがたそれぞれに神のご計画や使命を持っており、あなたがたは神のみことばから神の摂理、神のご計画、真理、人生と死に対する使命や人生で最も大切な愛を吸収して蓄えながら、自分の人生をしっかり管理するように、この生命と人生を任されたのです。実は、あなたの生命と人生とは、あなただけのものではなく、世界人類の裁き主なる神様からあなたに一定期間だけ、生命誕生から死までの間だけ、あなたに管理するように任された恵みに過ぎないのです。」と言われました。 また神の御子であり、神の預言者でもあったJesusは、人は皆、死んだら終わりではなく、人間一人一人が神様から与えられた生命と人生を どのように思考して、どう費やして生きてきたのか。そして、世界人類の創造主であり、裁き主なる神様とどう向き合い、また周囲の友人、知人たちと、どのように付き合い、また、どんな言葉を用いて、どういう行動を起こしてきたのか。どんな罪や過ちを犯してきたのか。そして、どう悔い改めて生きたのか...肉体の死後、必ず、父なる神様の御元に連れて行かされて、人生での管理報告をさせられ、永遠なる神のジャッジ(審判)を受けることになると、教え説いたのです。 また聖書は、人は皆、それらの真理と預言を信じて悔い改めようと、神の救い主Jesusの十字架贖罪信仰による永遠なる弁護と救いを祈り求めつつ、神礼拝奉仕や福音宣教の使命を大切に生き続ければ、永遠に報われる天国人生を獲得でき、Jesusからの預言や真理を信じられずに好き勝手な人生を歩み続ければ、神の裁きを受ける羽目になって自分の人生の責任を取らされて、永遠の苦しみに満ちた地獄行きしかないと、預言するのです。すべては、あなたの生き様次第なのです。目を覚まして救われて下さい。 また神の救い主Jesusは...人生と死の取り扱い説明書であり、永遠に揺るがない真理の書でかる神のみことばから、正しい神観と人生観や、真の正義、まことの愛、本当の罪悪と死について、正しい知識を得られなければ、人は皆、絶対的に報われず、人生を 正しく管理することなど不可能だと教え説かれたのです。 しかし、あなたはBible&Jesusのみことばから、永遠に悔いなき幸福人生に必要な管理能力と神の知恵を吸収し続けて祈り悔い改め続けられる天国人生を刈り取れると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開いて、日々のBibleメッセージから永遠に悔いなき幸福人生を築き上げるために必要な管理能力と知恵を授けて下さい。 そうすれば、皆の人生と死後の両方で報われる為に必要な神の奇跡が任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.