• sgbc-devotion

ルカの福音書12:54~59

2019年11月7日(木) ディボーション聖句 ルカの福音書12:54~59 54 主イエスは群衆にもこう言われた。「あなたがたは、西に雲が起こるのを見るとすぐに、『にわか雨が 来るぞ』と言い、事実そのとおりになります。 55 また南風が吹きだすと、『暑い日になるぞ』と言い、事実そのとおりになります。 56 偽善者たち。あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、どうして今のこの時代を見分けることができないのですか。 57 また、なぜ自分から進んで、何が正しいかを判断しようとしないのですか。 58 あなたを告訴する者といっしょに役人の前に行くときは、途中でも、熱心に彼と和解するよう努めなさい。そうでないと、その人はあなたを裁判官のもとにひっぱって行きます。裁判官は執行人に引き渡し、執行人は牢に投げ込んでしまいます。 59 あなたに言います。最後の一レプタを支払うまでは、そこから決して出られないのです。」 [聖句メッセージ] 本日でルカの福音書12章は終わりです。 54~56節,世界人類の救い主Jesusは、当時のユダヤ人の権利者たちであった祭司とパリサイ人たちや律法学者たちに、以下のような神様からのみことばをメッセージされました。 「あなたがたは、雨雲を見ると、雨を予報して当ててみたり、南風が吹き出すと夏期の訪れを 的中させます。しかし、天気予報や気象予測よりも100%的中する、絶対的なBibleのみことばの預言や約束を軽視したり、殆ど周囲にのべ伝えず、また生活に適用せずに、なおざりにしています。だから今すぐにでも、神のみことばの預言を軽視する生活習慣や行いのない偽善的信仰を悔い改めなさい。また、今がどういう時代で、この国に何が起ころうとしているのか? そして 今後、何を大切に考え、何をすべきなのか。聖書から真理を掴み取り、祈り備えて生きなさい。」と 世界人類の救い主Jesusは、形式的なご利益宗教者たちを叱責して、今後は 愛する国と自らの危機に備えるように、教え諭したのでした。 あなたは、今がどういう時代で、この国の未来に、また将来のあなたの人生に何が起ころうとしているのか? そして 今後、何を大切に考え、何をすべきなのか。聖書から真理を掴み取り、祈り備えて生活できていますか? なぜなら聖書は、聖書のみことばは、これら永遠に満たされる幸福人生に必要な神の知恵や預言が隠されているので、祈りつつ、探し求め続けるように戒めているからです。永遠に満たされる幸福人生、天国行きの救いの確信を手にするには、これらのことが重要だと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。 ヨハネの福音書14:6『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。」』 ヨハネの福音書17:17『真理によって人々を聖別してください。主イエスのみことばは真理です。』 マタイの福音書5:18『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が、必ず成就されます。』 マタイの福音書13:23 主イエスは約束した。『ところが、良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いてそれを悟り行う人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の人生の実を結べます。』 第二テモテの手紙3:16『聖書はすべて、神の霊感により書かれたもので、人生の教えと戒めと矯正と義の訓練とのために全て有益です。』 54~56節,このようにBibleのみことばとは、全てが神の聖霊によって書かれた、全世界と全人生の預言書で永遠の真理であり、神様の祝福と幸運の受け方や見えない敵の攻撃(サタン,悪霊,悪運)の対処方法について書かれている、幸福人生の取扱説明書(神の国の書物)であると 教え説きます。 マタイの福音書7:26~27 主イエスは預言した。『わたしのこれらのみことばを聞いてそれを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。』 ヘブル人への手紙9:27『そして、人間には、一度死ぬことと、死後に神のさばきを受けることが定まっている。』 ローマ信徒への手紙8:1~2『こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを 贖い解放したからです。』 ヨハネの黙示録2:11『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者は、決して、第二の死によってそこなわれることはない。』 57~59節,世界人類の救い主Jesusは...人は皆、日々のBibleメッセージを読み蓄えながら礼拝奉仕を大切にして、出来る限り多くのみことばを 自らの生き様と周囲に表現しながら 生活し続けるのならば、絶対に報われる幸福人生、永遠なる天国行きは獲得できると約束してくれました。 こうして Bible&Jesusのみことばを重視しようとしている人生の未来と結末や死後については、ひどい倒れ方をいたり、悲惨な結末を迎えることなどあり得ないと約束してくれたのです。神のみことばや礼拝奉仕を大切に生きる人に不幸や悪運はあり得ないと約束するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々Jesusの教会から語られるBibleメッセージを 蓄えながら...出来る限り、アクションと言動ができるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆の人生と、肉体の死後の両方共、神の最高な恩恵が約束されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.