• sgbc-devotion

ルカの福音書12:49~53

2019年11月6日(水) ディボーション聖句 ルカの福音書12:49~53 主イエスは言われた。 49 わたしが来たのは、地に火を投げ込むためです。だから、その火が燃えていたらと、どんなに願っていることでしょう。 50 しかし、わたしには受けるバプテスマがあります。それが成し遂げられるまでは、どんなに苦しむことでしょう。 51 あなたがたは、地に平和を与えるためにわたしが来たと思っているのですか。そうではありません。あなたがたに言いますが、むしろ、分裂です。 52 今から、一家五人は、三人がふたりに、ふたりが三人に対抗して分かれるようになります。 53 父は息子に、息子は父に対抗し、母は娘に、娘は母に対抗し、しゅうとめは嫁に、嫁はしゅうとめに対抗して分かれるようになります。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 使徒の働き1:5『洗礼者ヨハネは水でバプテスマ(洗礼)を授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊の火のバプテスマ(洗礼)を受けるからです。』 使徒の働き1:8 主イエスは言われた。 『聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは神の力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および世界の地の果てにまで、わたしの証人となります。』 49~50節,このようにBibleは...人は皆、Jesusを信じてバプテスマ(洗礼)を受けると、神の使命と奇跡を行う永遠なる助け主、聖霊力が与えられると約束しています。そして聖書は、この洗礼を受けて聖霊を獲得した人々が聖書の使命や戒めを大切に守り行うようになると、内なる聖霊力が満たされていき、永遠に報われる幸福人生に必要な神の知恵とインスピレーションや奇跡が任されると約束するのです。 あなたは、洗礼を終えて、聖書のみことばからの使命や戒めを大切に守り行おうと祈り尽力していますか? なぜなら聖書は、洗礼を受けなくては永遠なる助け主聖霊は与えられず、聖書のみことばからの使命や戒めを大切に守り行おうと祈り尽力しなければ、永遠に報われる為の神の知恵、インスピレーションや奇跡を手放すと預言するからです。 そして聖書は...人は皆、聖霊に満たされると、大切な人々を永遠に救える、神からの説得力や奇跡を任されるとも預言するのです。聖書は、人が永遠に報われる為には聖霊に満たされ続けるように祈り続けることも重要だと、教え説くのです。 ヨハネの福音書14:12~13 主イエスは言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのみことばを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。また、わたしは、あなたがたがわたしの名によって、祈り求めることは何でも、それをしましょう。父なる神が子イエスによって栄光をお受けになるためです。』 ヤコブの手紙2:26『みことばの行いのない信仰は、死んでいるのです。』 49~50節,Bible&Jesusは...人は皆、日々のBibleメッセージを素直に守り行おうとし続けるのならば、だんだんと主イエスのような聖霊力に満ち溢れていき、神の御子Jesusが起こした奇跡やそれ以上の大きな神の御業さえも引き出せると、約束しています。歴史上で世界中のクリスチャンたちが、イエスのような奇跡を表してきたからこそ、こうしてあなたの元にもBible&Jesusの福音や真理は語り継がれてきたのです。 しかし同時に、聖書はBibleメッセージからの使命感とアクションが乏しい人は、いくら洗礼を受けたとしても、神の奇跡を引き出せる聖霊力や天国行きの確信を獲得できないと預言します。聖書のみことばからの使命や行いを表せなくては、永遠に満たされる幸福人生は実感できないのです。永遠に満たされた幸福人生を生き抜くには幼児のように素直にBibleを受け入れて、Jesusのように祈りつつ、みことばをアクションし続けようとする姿勢が 重要なのです。しっかり胸に書き記して下さい。 マタイの福音書10:34~38 主イエスは言われた。『わたしが来たのは地に平和をもたらすためだと思ってはなりません。わたしは、平和をもたらすために来たのではなく、剣をもたらすために来たのです。なぜなら、わたしは人をその父に、娘をその母に、嫁をそのしゅうとめに逆らわせるために来たからです。さらに、家族の者がその人の敵となります。わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。また、わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしい者ではありません。自分の十字架を負ってわたしについて来ない者は、わたしにふさわしい者ではありません。』 第一ヨハネの手紙5:19『私たちは神からの者であり、世界全体は悪い霊の支配下にあることを知っています。』 第一テモテの手紙6:10『金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。』 51~53節,またBibleは、人生で 何よりも大切なのは人命、人心、隣人愛、神信仰(神愛、死後の天国人生)であると教え説きます。 あなたが人生で最も大切にしている物事は何でしょう? そして聖書は、これら人生で一番大切な要素(人命、人心、隣人愛、神愛、死後の天国人生)を 第一に生活していけば、必ず報われると約束しており、また国々がこれら一番大切な要素を大切に社会形成していけば、世界中から戦争、貧困による餓死者、異常な格差社会、差別社会は消えてなくなると預言するのです。しかし聖書は、この世界全体は悪い霊や人の罪深い欲望がコントロールしているために、神より金、人心と人命よりも豊かな暮らし向き、隣人愛(隣国愛)よりも自己愛(自国愛)の貪欲に陥っているため、世界中から不条理、争い、差別が絶えず、また神に選ばれしあなたが人生で一番大切な要素に気づいて、家族や親友たちに、Bibleの福音や真理を熱く語ったとしても、一筋縄でいかないと預言するのです。 あなたの神様は、あなたの周囲の見せかけだけの幸福感や薄っぺらな偽りの平和的関係を壊されて、神の認める、新しい永遠なる平和的関係に造り変えられるお方。主イエスに救われたあなたのご家族、親友、人間関係が神様が認めるほどの永遠なる本物の平和的関係になり変われると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開き、日々のBibleメッセージを 子どものように受け入れさせて、Jesusのように、絶えずみことばを祈りつてアクションできるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆が聖霊に満たされていき、周囲の薄っぺらな偽りの平和的関係も壊され、神様が認める程の永遠なる愛に満ちた平和的関係に造り変えられていくからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「