• sgbc-devotion

ルカの福音書12:32~34

2019年11月4日(月) ディボーション聖句 ルカの福音書12:32~34 32 小さな群れよ。恐れることはない。あなたがたの父は、喜んであなたがたに神の御国をお与えになるからです。 33 持ち物を売って、施しをしなさい。自分のために、古くならない財布を作り、朽ちることのない宝を天に積み上げなさい。そこには、盗人も近寄らず、しみもいためることがありません。 34 あなたがたの宝のあるところに、あなたがたの心もあるからです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書16:18~19 Jesusは言われた。『ではわたしは言います。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス地獄の門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたの教会に天の御国のかぎを上げます。何でもあなたの教会が地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれるのです。まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』 ヨシュア記23:8~10『主が、大きくて強い敵たちを、あなたがたの前から追い払ったので、今日まで、だれもあなたがたの前に立ちはだかることのできる者はいなかった。これからは、あなたがたの一人だけで千人を追うことができる。あなたがたの神、主ご自身が、あなたがたに約束したとおり、あなたがたのために、主が戦われるからである。だから、あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい。』 32節,このようにBibleは...Jesusのお名前とその教会とは、父なる神様が唯一認めている、この世界と神の国との直接的なライフラインであり、Jesusの教会には全ての見えない敵(サタン、悪魔、悪霊、悪運)を 打ち砕いて退けられれ神の特別な権威が任されていると教え説きます。 あなたは自分の永遠なる幸福や死後の幸福を神の救い主Jesusのお名前とその教会力を使わずして、取り戻せると過信していませんか? なぜなら聖書はBibleのみことばとJesusのお名前とその教会に繋がれなければ、永遠なる幸運や見えない敵や悪運を完全に退けられる神の権威は任されないと教え説くからです。自分でなんとかなると、過信しないように気をつけあいましょう。 また聖書は、神礼拝奉仕をしながら天に宝を積んでいる 教会のJesusFamilyたちが信頼し合って 心一つで祈り続けるのならば、あなたの見えない敵と悪運は、いつの日か、必ず消え去ると、約束しています。 神とそのみことばを大切に信頼して、Jesusのお名前を呼び、神の教会に繋がって神の家族たちと結束できれば、あなたに人生の恐れや不安は不要だと約束するのです。しっかり胸に書き記して下さい。 そして聖書は少数のJesusの教会であろうとも、神のみことばを大切にしながら神礼拝奉仕や福音宣教活動さえ、しっかりし続ければ、段々と神の聖霊力に満たされていき、そういうJesusFamilyたちが 同じみことばでひとつになって、真心から祈れるようになると願いごとさえ叶うJesusのような祈祷力、神の奇跡、救霊者が任されると預言しています。 神の偉大な奇跡が現れるのは、教会の規模や人数でなく、如何にして神の家族たちと同じみことばの使命で結束しあって、心ひとつに祈れるかどうかが重要なポイントだと教え説くのです。 また 聖書は、クリスチャンが聖霊に満たされると、まるで旧約聖書の士師記に登場する、サムソンのような千人力のHolySpirtと神の御使いの援軍、幸運さえ任されると教え説きます。信じるか、信じられないかは あなた次第です。 しかし聖書は...Bibleのみことばを 堅く信じて、それを生き様にしようと尽力する者たちにだけが神の友としてカウントされるようになり、そういう人たちが、永遠に満たされる幸福人生に必要な聖霊力に満ち溢れていくと預言するのです。あなたも、聖霊に満たされた本物のクリスチャンの道に悔い改められると期待します。 マタイの福音書19:21~22『イエスは、金持ちで、立派な青年に言われた。「もし、あなたが完全になりたいなら、帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについて来なさい。」 ところが、青年はこのみことばを聞くと、悲しんで去って行った。』 マタイの福音書6:19~20『自分の宝を地上にだけ、たくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。自分の宝は、天にたくわえなさい。』 33~34節,またBible&Jesusは、この世界と死後の世界の両方で、永遠に報われる幸福人生に築くには、この世界での生活習慣、経済活動、貯蓄にばかりに時間と労力や気を取られ過ぎずに、Jesusのように天に宝を積む礼拝奉仕、福音宣教、慈善活動の為に、献金や奉仕をするように教え説きます。これが神の救い主Jesusが教えた、永遠に満たされた幸福人生に必要な黄金律なのです。 あなたは、Jesusが教えた永遠に満たさる人生に必要な聖書からの黄金律を 適用実践できていますか? なぜならJesusは、この世界で どんなに多くの財産や貯蓄を 蓄えられて成功したとしても、いつか、死んで手放して、すべてが他人の物になるものばかりだから、将来、行くことになる死後の世界の為にも、時間、労力、富を使って投資や貯蓄をしておくようにと、忠告されたのです。信じるか、信じられないかはあなたにお任せします。しかし、死後の為と神の国に投資と貯蓄、奉仕する者たちだけが、この世界と天国でも、必ず、大きく報われるのです。 今後 あなたが、この世界だけでなく、未来と死後の為に天に宝を積む投資や奉仕を バランス良く行うように変えられ、この世界と死後の世界の両方で、最高な報いが受けられると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆が教会の神の家族たちと一生懸命に福音宣教や礼拝奉仕ができるように、また同じみことばとビジョンで一致して、個々が バランス良く 天に宝を積みながら、心ひとつに信頼して、祈り合えるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の生活と人間関係から見えない敵と悪運が 出ていき、永遠に満たされる幸福人生に必要な神の奇跡、救霊者が 任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「