• sgbc-devotion

ルカの福音書12:4~12

2019年11月2日(土) ディボーション聖句 ルカの福音書12:4~12 4 そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。 5 恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺したあとで、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。 6 五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも、神の御前には忘れられてはいません。 7 それどころか、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれた者です。 8 そこで、あなたがたに言います。だれでも、わたしを人の前で認める者は、人の子もまた、その人を神の御使いたちの前で認めます。 9 しかし、わたしを人の前で知らないと言う者は、神の御使いたちの前で知らないと言われます。 10 たとい、人の子をそしることばを使う者があっても、赦されます。しかし、聖霊をけがす者は赦されません。 11 また、人々があなたがたを、会堂や役人や権力者などのところに連れて行ったとき、何をどう弁明しようか、何を言おうかと心配するには及びません。 12 言うべきことは、そのときに聖霊が教えてくださるからです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 ヨハネの福音書15:12~15 主イエスは言われた。『わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることを知らないからです。だから、わたしはあなたがたを友と呼びました。』 4節,Bible&Jesusは...もしあなたが創造主なる神様からかの聖書のみことばを信じ従って、神様が教会に集めた神の家族たちを大切に愛そうと努めるのなら、神様は本物の友人として数えられると、約束してくれました。 あなたは、神のみことばを信じ従い、神様が教会に集めた、永遠なる神の家族たちを大切に愛し合おうと尽力していますか? なぜなら聖書は、神のみことばを大切に生活して、永遠の神の家族たちである教会の仲間たちを大切に愛しあえれば、それだけで神様の親友としての様々な特権を獲得できると約束するからです。 4節,また聖書は...いつもBible&Jesusのみことばを なによりも大切に選択し続ければ、神様から友として取り扱われて人生での敵対者がいなくなるので、そういう人は皆、周囲の人々への苦手意識や恐れなど 一切捨て去るように、教え説いています。聖書は、あなたが周囲の人々への苦手意識や恐れを捨て去ろうと祈りつつ努めれば、神様からの特別な奇跡や恩恵に恵まれると約束するのです。しっかり胸に書き記して下さい。 ヨハネの福音書5:22『父なる神様はだれをもさばかず、この世界のすべてのさばきを御子イエスにゆだねられました。』 ヨブ記1:21『私たち人間は、裸で母の胎から生まれて来た。また、裸で私たちはかしこに帰ろう。主なる神はすべてを与え、主なる神はすべてを取られるお方。主の御名前はほむべきかな。』 箴言29:25~26『人を恐れるとわなにかかる。しかし主に信頼する者は守られる。支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし、すべての人間をさばくのは主なる神である。』 箴言9:10『主を恐れることは、すべての知恵の初め。』 詩篇145:19『また主は、主だけを恐れる者の願いをかなえ、彼らの叫びを聞いて、救われる。』 5~7節,そしてBible&Jesusは、人は皆、他人を恐れて逃げ腰でばかりいると、結果、見えない敵(サタン、悪魔、悪霊)のわなに陥ったり、人生のトンネルにハマってしまうと忠告しています。聖書は、ただ世界人類の裁き主なる神様とそのみことばだけを 恐れて生活していけば、あなたの人生での諸々の敵は退けられて、あなたの人間関係が祝福されると、約束しているのです。 マタイの福音書28:18~20 主イエスは命じた。『イエスは近づいて来て、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々に福音を伝えなさい。そして、父、子、聖霊の御名によって洗礼を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』 マタイの福音書10:7『あなたがたは出て行って、『天の御国が近づいた』と宣べ伝えなさい。』 9~11節,またBibleは...人は皆、ただJesusの十字架贖罪信仰のみことばを堅く信じて教会礼拝奉仕を大切にし続ければ、たとえ、どんな罪悪や過ちを犯したとしても、神の救い主Jesusの十字架の身代わりの死が、永遠に弁護して救い導いて下さると約束しています。 しかし、世界人類の救い主Jesusは、たとえ クリスチャンであったとしても、周囲の人々にBible&Jesusのみことばからの福音や真理を 周囲に証し伝える神の使命を拒んだり、Jesusのみことばを聞いて聞かないフリをし続ければ、その人への神のみことばの約束と預言がもたらす神の奇跡が、幾つか制限されてしまうと忠告しているのです。自分が神のゆるしと永遠の救いを手に入れたとしても、周囲に神の赦しと救いをもたらせる福音宣教を怠り、周囲を見捨てるような冷酷な人々は、永遠に満たされる為に必要な神の奇跡や恩恵を手放す恐れがあると預言するのです。しっかり胸に書き記して下さい。 11~12節,またBible&Jesusは...周囲の人々に福音宣教を証し伝えて救霊することは、決して、難しいことではないと教え説いています。あなたにできなくとも、あなたの内なる聖霊には、不可能はないので、躊躇する事はないと教え説くのです。 またJesusは...もし あなたが、神の救い主Jesusの命令通りに、純粋に周囲の人々に福音や真理を証し伝道して永遠なる天国人生へ導こうとチャレンジし続けられるのならば、必ず、聖霊様が助け導いて下さると、約束してくれました。絶対的にあきらめず、神の聖霊に期待して証し伝道続ける者に神の奇跡と救霊できる聖霊力が任されると、約束したのです。 永遠に満たされた幸福人生が必要はらば、聖書のみことばと聖霊に逆らわないことが 何よりも重要なのです。 しかしあなたは、内なる聖霊と聖書のみことばに素直になって、神様から親友扱いされ、何をしても報われて満たされる幸福人生の道を歩めると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開いて、主なる神様とBibleのみことばの預言以外は恐れず、神のみことばに生きられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆が、見えない敵や悪運に打ち勝てるようになり、周囲を救霊できる聖霊力と神の友に与えられる特別な神の奇跡をも任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「