• sgbc-devotion

ルカの福音書11:39~54

2019年10月31日(木) ディボーション聖句 ルカの福音書11:39~54 39 すると、主は言われた。「なるほど、あなたがたパリサイ人は、杯や大皿の外側はきよめるが、その内側は、強奪と邪悪とでいっぱいです。 40 愚かな人たち。外側を造られた方は、内側も造られたのではありませんか。 41 とにかく、うちのものを施しに用いなさい。そうすれば、いっさいが、あなたがたにとってきよいものとなります。 42 だが、わざわいだ。パリサイ人。おまえたちは、はっか、うん香、あらゆる野菜などの十分の一を納めているが、公義と神への愛はなおざりにしています。これこそしなければならないことです。ただし、十分の一もなおざりにしてはいけません。 43 災いだ。パリサイ人。おまえたちは会堂の上席や、市場であいさつされることが好きです。 44 わざわいだ。おまえたちは人目につかぬ墓のようで、その上を歩く人々も気がつかない。」 45 すると、ある律法の専門家が、答えて言った。「先生。そのようなことを言われることは、私たちをも侮辱することです。」 46 しかし、イエスは言われた。「おまえたちもわざわいだ。律法の専門家たち。人々には負いきれない荷物を負わせるが、自分は、その荷物に指一本さわろうとはしない。 47 わざわいだ。おまえたちは預言者たちの墓を建てている。しかし、おまえたちの父祖たちが彼らを殺しました。 48 したがって、おまえたちは父祖たちがしたことの証人となり、同意しているのです。彼らが預言者たちを殺し、おまえたちが墓を建てているのだから。 49 だから、神の知恵もこう言いました。『わたしは預言者たちや使徒たちを彼らに遣わすが、彼らは、そのうちのある者を殺し、ある者を迫害する。 50-51 それは、アベルの血から、祭壇と神の家との間で殺されたザカリヤの血に至るまでの、世の初めから流されたすべての預言者の血の責任を、この時代が問われるためである。そうだ。わたしは言う。この時代はその責任を問われる。』 52 わざわいだ。律法の専門家たち。おまえたちは知識のかぎを持ち去り、自分も入らず、入ろうとする人々をも妨げたのです。」 53 イエスがそこを出て行かれると、律法学者、パリサイ人たちのイエスに対する激しい敵対と、いろいろのことについてのしつこい質問攻めとが始まった。 54 彼らは、イエスの口から出ることに、言いがかりをつけようと、ひそかに計った。 [聖句メッセージ] 本日でルカの福音書11章は終わりです。 第一サムエル記16:7『主は仰せられた。「彼の容貌や、背の高さなど、人の見せかけばかりを見てはならない。なぜなら、わたしは彼を退けている。わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』 39節,このように聖書は、数多くの人は皆、他人の容姿、権力、役職、財産、学歴、持ち物や人気など、見せかけばかりを見過ぎて、人の価値や魅力を評価しがちで、その評価は正しいとは言えないと教え説きます。 あなたは、以上の価値基準から他人や自分を評価し過ぎる傾向がありませんか? なぜならBible&Jesusは、そんなことよりも、人の誠実さ、正直さ、優しさ、気量、清さなど、隣人愛と信仰の深さの方が 大切だと教え説くからです。聖書は、以上の評価基準を大切に生き続ければ、人間関係で地獄を見ないと預言するのです。肝にめいじあいましょう。 ヤコブの手紙5:16『ですから、あなたがたは、互いに自分の罪を言い表し、互いのために祈り合いなさい。いやされるためです。そういう、義人の祈りは働くと、大きな力があります。』 39節,またBibleは...自分をよく見せようとばかり気にして、自らの足りなさと罪悪を隠して取りつくろう人よりも、神の御前や仲間たちの面前で自らの罪悪や過ちを素直に認めて謝罪できたり、周囲を励まそうと告白できる人たちの祈りの方が、神の偉大な奇跡を数多く引き出せると教え説きます。 あなたは、自分をよく見せようとばかり気にして、自らの足りなさと罪悪を隠して取りつくろうことがありませんか? また、あなたは神の御前や仲間たちの面前で自らの罪悪や過ちを素直に認めて謝罪できたり、周囲を励まそうと告白できる人ですか? なぜなら聖書はそれらができている人々の方が神様が認める正しい義人に近づきやすいと預言するからです。見せかけばかり取りつくろって、神様の祝福や恩恵を手放さないように気をつけあいましょう。 マタイの福音書7:20『こういうわけで、あなたがたは、人生の実によって彼らを見分けることができるのです。』 39節,また聖書は、人は皆、どんなに格好つけて、よく見せようとしても、神様は真実を計られるので、人生の未来の実(結果)と祈りの応答や死後の裁きは嘘はつけないと預言します。しっかり胸に書き記して下さい。 39~42節,この時、いつもJesusが信仰の誤りと人生観の誤りを指摘していたパリサイ人たちの大半は礼拝は守っており、ユダヤ人の中でも数多くの権力者や有力者たちを 輩出していた名門のグループでした。しかし神の救い主Jesusは、このパリサイ人たちを いつも偽善者呼ばわりして、責め立てていたのです。いったい、なぜでしょうか? ヤコブの手紙2:8『もし、ほんとうにあなたがたが、聖書に従って、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という最高の律法を守るなら、あなたがたの行いはりっぱです。』 マタイの福音書15:8~9 主は言われた。『「あなたがたは、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。彼らは人間の教えを、教えとして教えるだけだから。」』 42~46節,このように聖書は、パリサイ人たちは自分たちは信仰があると自称しながらも、いつも 聖書のみことばを軽視しており、世俗や罪悪に捕われ過ぎていた為に、神愛と宣教する隣人愛がなく、好き勝手な二重生活を していたので、神の救い主Jesusは彼らの神館と人生観は偽善で誤っていると指摘していたのでした。パリサイ人たちは礼拝はしていましたが、彼らの生活習慣と人間関係には神のみことばによる姿勢と生き様のカケラもなかったのでした。 あなたにも、パリサイ人たちのように神のみことばによる姿勢と生き様がない生活習慣や人間関係形成は見当たりませんか? なぜなら聖書は、もしあなたにもパリサイ人のような点が見当るのなら、悔い改められるように祈り続けることが重要と教え説くからです。悔い改めなければ、パリサイ人たちのような虚しい破滅的未来、最期の時がやってくるからです。 尚、パリサイ人たちは、礼拝や十分の一献金を守る 敬虔な宗教生活を送っていましたが、いつも、宴席の上席を好んで座ったり、人々からチヤホヤされることに味を占めており、地道な神の使命や愛の奉仕活動からかけ離れていき、結果、ただプライドと裕福な生活だけを大切にする為だけの虚しい破滅的人生を費やしてしまっていたのです。 マタイの福音書23:37~38 主イエスは言われた。『ああ、エルサレム、エルサレムの民よ。あなたがたは預言者たちを殺し、自分に遣わされた 神の人たちを石で打つ者。わたしは、めんどりがひなを翼の下に集めるように、あなたの子らを幾たび集めようとしたことか。 それなのに、あなたがたは みことばを好まなかった。見なさい。あなたがたの心と家は、荒れ果てたままに残される。』 47~52節,そして主イエスは、信仰を持っていると告白しながら、Bibleのみことばと人を救う福音宣教の隣人愛を無視し過ぎて、神の預言者たちを迫害し見殺しにしてきたこのパリサイ人たちを責め立て、今後、あなたがたの未来や家系は荒れ果てていくと預言されたのです。 あなたは、神礼拝(神愛)、天に宝を積む礼拝奉仕、福音宣教による隣人愛を大切に生きようとしていますか? なぜなら聖書は、あなたの光に満ちた未来や家系の代々の幸福人生のためにも、神礼拝(神愛)、天に宝を積む礼拝奉仕、福音宣教による隣人愛を大切に生きる姿勢や生き様は非常に重要だと教え説くからです。目を覚ましあいましょう。 53~54節,そしてJesusに責め立てられて、人前で恥をかいたパリサイ人と律法学者たちは、この後Jesusを憎みだし、殺人計画を企て始めました。 あなたは、教会のJesusFamilyたちからみことばの忠告を聞かされる時、この時のパリサイ人たちのようにJesusのみことばを伝えている仲間を無視したり、怒りを覚えたことがありませんか? それとも、教会のJesusFamilyからの勇気と愛に満ちたBibleからの真理や戒めを 謙虚に受け留めて、祈り悔い改めようと生活していますか? これらの点で自らの心霊や状況を 深く吟味することが大切です。 なぜなら聖書は、それらによって、神の偉大なる報いと人生の刈り取りが大きく変化すると預言するからです。 ダニエル書4:27『みことばの正しい行いによってあなたの罪を除き、貧しい者をあわれんであなたの咎を除いてください。そうすれば、あなたの繁栄と平和は長く続くでしょう。』 出エジプト記20:6 主は約束された。『わたしを愛し、わたしのみことばの命令を守る者には、恵みを1000代にまで施すからである。』 しかし、あなたは教会のJesusFamilyからの勇気と愛に満ちたBibleからの真理や戒めを 謙虚に受け留めて祈り悔い改められ、希望に満ちた未来の恩恵、家系の幸福を刈り取れるようになると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、隣人を正しく評価できるように、またできる限り、自分のことのように隣人を愛して福音宣教したり、隣人たちからの真理の助言には耳を傾けられるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の人生と皆の家系に、神の大きな報いと奇跡が 増し加わるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「