• sgbc-devotion

ルカの福音書11:2~4

2019年10月25日(金) ディボーション聖句 ルカの福音書11:2~4 2 そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。 3 私たちの日ごとの糧を毎日お与えください。 4 私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負いめのある者をみな赦します。私たちを試みに会わせないでください。』」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書6:7 主イエスは言った。『祈るとき、神を知らない異邦人のように同じことばを、ただくり返してはいけません。彼らはことば数が多ければ聞かれると思っているのです。』 出エジプト記20:7『あなたは、あなたの神、主の御名前を、みだりに唱えてはならない。主は、御名をみだりに唱える者を、罰せずにはおかない。』 ヤコブ書4:3『願っても受けられないのは、自分の快楽のために使おうとして、悪い動機で願うからです。』 2節,このようにBibleは...大半の人々は自分のことばかり考えて生活している為、貪欲に片寄った 独りよがりの願いごとを ただ、しつこく繰り返して祈っているので、神様からの奇跡や祈り以上の恵みを取り逃がしていると、教え説きます。 あなたも、自分の欲望ばかり満たす片寄った祈りや、心がこもらない口先だけで祈りをする傾向がありませんか? なぜなら聖書は、誰であっても、心ない会話をされたり、また、ひつこく同じようなお願い事を繰り返されれば、不快感を持ちます。父なる神様もそのように真心の伴わない祈りやひつこい欲望に満ちた願い事は叶えられにくいと教え説くのです。自分の欲望ばかり満たす、片寄った祈りばかり祈らないよう、すべての関わる人々の為にも真心からの祈りの時間を作れるように、悔い改めあ いましょう。そのような祈りをする人々に神の奇跡が任されるからです。 マルコの福音書11:24 主イエスは言った。『だからあなたがたに言うのです。祈って求めたものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになります。』 2節,またBibleは...主イエスのお名前で、たった一度でも祈れば、もうすでに主なる神様は聞いて下さると教え説きます。聖書は、それなのに、何度も何度も、繰り返し自分の同じ欲望と願いごだけを、しつこく祈る人や、祈りの応答を疑ってしまったり、みだりに神のお名前を呼ぶだけの失礼な人の祈りは、周囲に対して、神の大きな影響力や説得力は現れないと、教え説くのです。 自分勝手過ぎる、また、いい加減な形式的な祈りをしないように、気をつけあいましょう。 祈りとは、父なる神様との大切な会話、コミュニケーションであり、心の内に住まわれる聖霊に聞く耳を立てる黙想の時間なのです。 2~4節,では、Jesusが教えてくれた、神の奇跡が任されやすい「祈り」について書き出します。 一番目、あなたの愛する国や都市について祈るべきであり、あなたのすべての人間関係と生活習慣を通して、主なる神様のみことば(真理、正義、愛)が現れるように、祈ることが大切です。 二番目、あなたのご家族、友人と知人に主イエスの救い(天国行き)が伝わるように、また、自分以外人々の必要と問題解決の為にとりなし祈ることも大切です。 三番目、あなたの属するJesusの教会の牧師と兄弟姉妹たちの信仰の祝福や成長をとりなし祈ることも大切です。 そして四番目、あなたとご家族の生活に必要な衣食住、経済、物質、健康の全てが与えられるように祈ることも大切。 五番目、あなたが導かれたJesusの教会とその聖職者や兄弟姉妹たちの生活全般の必要が、満たされるようにとりなし祈ることも大切。 六番目、神と隣人に対しての自らの勝手さ、過ち、罪のゆるしを告白して、悔い改められるように祈ることも大切。 七番目、あなたとトラブルや誤解のあった人をゆるせるように、また、そのような人間関係が回復するように、許しあい愛し合えるように祈ることも大切。 八番目、あなたを取り巻く環境に、神の愛と神のみことばが 数多く現れて、神の国が拡大するようにとりなし祈ることも大切。 九番目、また、あなたの周囲の人間関係に愛と許し合いが表れるように、祈ることも大切。 そして十番目、神の国の永遠の神の家族である教会のJesusFamilyたちが必要以上の試練や敵の攻撃を背負わぬように、また、教会の神の家族たちが真心からの愛と絆で結束できるように、祈ることも大切なのです。 第一テサロニケの手紙5:17『絶えず祈りなさい』 ルカの福音書19:46 主イエスは言った。『わたしの教会は、祈りの家でなければならない』 コロサイの手紙4:2『目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。』 2~4節,このようにBibleは、以上10の祈祷課題を 如何にバランス良く、絶えず、具体的に祈れるかが 神の奇跡や報いを引き出す為の鍵になると、教え説きます。数多くの願いごとや祈りの応答を刈り取れる為にも、Jesusの教えてくれた10の祈り課題を 祈り続ける人々はいく倍も報われる祈祷力が任されるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusが教えてくれた祈るべき課題を、定期的に、具体的にバランス良く、とどこおりなく祈れるように助け導いて下さい。 そうすれば皆が、主イエスのような山をも動かせる祈祷力を引き出せるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「