• sgbc-devotion

ルカの福音書9:10~11

2019年10月9日(水) ディボーション聖句 ルカの福音書9:10~11 10 さて、使徒たちは帰って来て、自分たちのして来たことを報告した。それからイエスは彼らを連れてベツサイダという町へひそかに退かれた。 11 ところが、多くの群衆がこれを知って、ついて来た。それで、イエスは喜んで彼らを迎え、神の国のことを話し、また、いやしの必要な人たちをおいやしになった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 使徒の働き17:2~3『パウロはいつもしているように、安息日に会堂に入って行って、聖書に基づいて律法学者たちと論じた。そして、キリストは苦しみを受け、死者の中から、よみがえらなければならないことを説明し、また、証しして、「私があなたがたに伝えている、このイエスこそ、神の救い主キリストなのです」と言った。』 ピリピの手紙1:7『あなたがたはみな、私 パウロが投獄されているときも、福音を弁明し証ししているときも、私とともに恵みにあずかった人々であり、私は、そのようなあなたがたを、心に覚えています。』 マタイの福音書8:4『イエスは言われた。「人々への証しのために、行って、自分を祭司に見せなさい。そして、モーセの命じた礼拝をささげなさい。」』 10節,このようにBibleは...Jesusの十字架贖罪信仰を信じて、神のゆるしと救いを受けられた人は皆、いつも周囲に Bible&Jesusのみことばや天国行きの福音を 証しし合う義務や使命があると教え説きます。 あなたは、いつも周囲の人々にBible&Jesusのみことばや天国行きの福音を 証し伝える生活習慣を築いていますか? なぜなら聖書は、主イエスの十字架贖罪信仰を信じて、永遠の神のゆるしや救いを獲得した人は皆、神の救いや恵みを独り占めしないで、主なる神様の通り良き管に徹する 福音宣教や教会礼拝奉仕を 何よりも大切に生きるべきだと忠告するからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 10節,このようにJesusと寝食を共にしていた使徒たちも、毎日、福音宣教を しながら暮らしていましたが、1日1日 起きたことを 教会の仲間たち同志、いつも証し報告をし合って、祈り合っていたのでした。これが 神の奇跡や見えない悪魔、悪運を退けられる、永遠に報われる幸福人生の黄金律だと教え説くのです。 またBible&Jesusは、この使徒たちのような生活習慣やJesusFamily関係に近づけるのなら、あなたにも神の奇跡や百倍の報いが、大いにあり得ると預言するのです。胸に書き記して下さい。 あなたとあなたのJesusFamily関係に現れる、不可能を可能に出来る教会力に期待します。 マタイの福音書18:19 主イエスは約束した。『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』 使徒の働き2:42~44,46~47『教会の人々は、使徒たちの教えを堅く守り、いつも交わりをし、祈りをしていた。そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって多くの不思議と奇跡が行われた。信者となった者たちは みないっしょにいて、いっさいの物を共有にしていた。そして毎日、心を一つにして神の宮に集まり、家ではパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。』 10~11節,このようにBible&Jesusは...同じ教会のJesusFamilyたちが 心一つに本音で、いつも親友のように分かち合い、仲の良い家族のように理解し合って、祈り合おうとする関係を作るのならば、そのような人々(教会)には神の感動的な奇跡や多くの願いも叶うことになると、約束してくれます。何よりも大切な人間関係が 教会のJesusFamily関係だと教え説くのです。肝にめいじあいましょう。 ローマ信徒への手紙12:2『この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。』 第一ヨハネの手紙4:8『愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。』 エペソの手紙2:19『こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は教会の聖徒たちと同じ天国人であり、神の家族なのです。』 10~11節,またBibleは...あなたの神様が わざわざ教会に集めて 洗礼を受けさせた仲間たちとは、実は神の認める永遠の神の家族関係だと、教え説きます。またBibleは、教会のJesusFamilyたちとは、永遠に切っても切れない、神の家族関係だと教え説くのです。 あなたは、教会の仲間たちと家族のような絆を 築いていますか? なぜなら聖書は、同じ教会のJesusFamilyたちとは、永遠に切っても切れない神の家族だと教え説くからです。 また聖書は、クリスチャンと言えども、同じ教会のJesusFamilyたちと本物の神の家族関係を築けずに、ただのご利益宗教つながりや常識的な親友関係だけに落ち込むのならば、そのような人々には神の感動的な奇跡や百倍の報いは皆無だと預言します。同じ教会のJesusFamilyたちは、神公認の人生の戦友でもあると教え説くのです。 マタイの福音書16:18~19 主イエスは約束した。 『わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス地獄の門もそれには打ち勝てません。わたしは、教会に天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。』 10~11節,そして聖書は、神の御子であり、世界人類の救い主Jesusは、たった一人で神のご計画や奇跡を引き起こせたのに、わざわざ いつも同じ教会の仲間たちと家族のように結束して祈ることを 大切に生きて、神の感動的な奇跡や愛の御業を起こし続けていたと教え説きます。 あなたと教会のJesusFamilyたちが 本物の愛と絆を深めて、結束したチームプレイができるように期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、皆と教会のJesusFamilyたちに、情熱的なJesusLoveと深い絆を築けるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆と教会の仲間たちとの祈りを 通して、神の偉大な奇跡が表れだすからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! iPhoneから送信 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「