• sgbc-devotion

ルカの福音書 9:7~9

2019年10月8日(火) ディボーション聖句 ルカの福音書 9:7~9 7 さて、国主ヘロデは、このすべての出来事を聞いて、ひどく当惑していた。それは、ある人々が、「ヨハネが死人の中からよみがえったのだ」と言い、 8 ほかの人々は、「エリヤが現れたのだ」と言い、さらに別の人々は、「昔の預言者のひとりがよみがえったのだ」と言っていたからである。 9 ヘロデは言った。「ヨハネなら、私が首をはねたのだ。そうしたことがうわさされているこの人は、いったいだれなのだろう。」ヘロデはイエスに会ってみようとした。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 7節『国主ヘロデ』とは、主イエスの宣教時代のガリラヤ地方の領主・ヘロデ・アンティパス。 ヘロデの在位は、紀元前4年~39年でした。 尚、このヘロデは終始、古代ローマ帝国と友好関係を結んでいた、父ヘロデ大王(ユダヤ王国全土の王)の後をついで領主になっていましたが、父親のように「王」と名乗ることはゆるされず、ヘロデ大王の領土を他の兄弟と四分割したものの1つ、ガリラヤ地方とペレア地方を支配する「ガリラヤ領主」となっていたのです。 また、ヘロデ・アンティパスは、異母兄・ピリポの妻であった ヘロディアという女性と不倫の末、略奪婚していた人でした。 申命記5:21 主なる神様は命じた。 『あなたの隣人の妻を欲しがってはならない。』 7節,このように旧約聖書(モーセ五書)は、不倫による略奪婚は、姦淫の罪であると教えていた為に、当時の法律では、死罪にも当たる重罪でした。 しかし、領主ヘロデは 自らの権力と経済力で、立法と司法を支配しており、民衆たちに、文句さえ言わせずに略奪婚したのです。 あなたは、神のみことばに反する罪悪や他人への迷惑を 全く悔い改めようとせず、開き直っていることがありませんか? なぜなら聖書は、神のみことばに反する罪悪や他人に対しての罪を悔い改めなければ、永遠に報われる幸福人生は成り立たず、いつか 神様からの試練や苦難がやってくると、預言するからです。今のうちに悔い改めあいましょう。 エレミヤ書1:7~8『すると、主は仰せられた。「あなたがたは、まだ若い、早いと言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべてのみことばを語れ。彼らの顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいるからだ。」』 7節,また、神のみことばと隣人愛を大切に生きていた洗礼者ヨハネだけは、領主ヘロデの権力を まったく恐れずに、神の御前と国民の前に不倫による略奪婚を謝罪して、悔い改めの洗礼を受けるように、領主ヘロデに神のみことばメッセージを説教したのでした。 あなたは、誤っている権力者や有力者に正しい意見が 言えますか? それとも、罪や過ちを犯している権力者や有力者に意見するどころか、彼らを恐れて、媚を売ったり、見て見ぬ振りをする罪に陥る傾向がありませんか? なぜなら聖書は、過ちを犯している権力者、有力者たちを恐れて 意見が言えない人生に、神の祝福に満ちた勝利的かつ成功人生はなし得ないと預言するからです。人を恐れては人生の罠にハマると預言するのです。 マタイの福音書10:28『あなたのからだを殺せても、あなたの魂を殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、魂もからだも、ともにゲヘナ地獄で滅ぼすことのできる方、神様を恐れなさい。』 7節,このようにBible&Jesusは、人は皆、いつか死んで、神の御元に連れて行かれて 神様から裁かれるので、罪深い権力者、有力者たちに どんなに脅されようとも、決して恐れず屈せずに、話すべき事を語り、やるべき事をやるようにと、教え説きます。このような人生に、神の祝福、誇り高き勝利的人生は訪れると預言するのです。 この洗礼者ヨハネは、領主ヘロデの罪を ただ一人で意見したので、全く無罪なのに投獄されて、死刑とされたのでした。しかし聖書は、後にも先にも、世界人類にヨハネ程の偉大な預言者はいなかったと称賛しており、ヨハネが教え説いた洗礼は、現代でも、世界人類で23億人もの人々が洗礼を終えているのです。誇り高き 勝利的人生を築きあいましょう。 7~9節,そして、無実のヨハネを殺させた領主ヘロデは、イエスの噂を聞くと、神様がヨハネを生き返らせて、復讐に来させたのかと、内心 恐れていたのです。 ルカの福音書7:28 主イエスは言われた。『あなたがたに言いますが、女から生まれた者の中で、このヨハネよりもすぐれた人は、ひとりもいません。』 7~9節,またBible&Jesusは、神と国民を愛するがゆえに、ユダヤ国の誇りと正義を貫いて 領主ヘロデにBibleメッセージをして殺された洗礼者ヨハネとは、世界人類の中で、最も偉大な人物の一人であったと、教え説いています。 このようにBible&Jesusは、人は皆、ただ長生きできれば幸福なのではなく、如何にして、人生で語るべき事を語り、やるべき事をやれたかに 懸かっていると、教え説くのです。何よりも大切にすべき真理、正義、愛の精神を怠れば、悔いのない勝利的な幸福人生などなし得ないと教え説くのです。 また 神と隣人への罪悪を突き通した、この領主 ヘロデ・アンティパスは、約2000年経った現在でも、世界人類史上稀に見るほどの極悪な権力者の一人とされており、洗礼者ヨハネは聖なる伝説を築いた神の預言者、カトリックでは聖人として語り継がれているのです。 このヨハネのように、神のみことばに人生を託して従い続ける人たちに神の偉大な奇跡や永遠なる報いが訪れるのです。 第二テモテの手紙4:2『みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めてあげなさい。』 使徒の働き5:2『人々に、永遠のいのちのことばを、ことごとく語ってあげなさい。』 あなたのくちびるから 洗礼者ヨハネのような誇り高いBibleメッセージや人の徳を高められる言霊が表れると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々、Bible&Jesusの真理と知恵を蓄えさせて、預言者ヨハネのように語るべき事を語り、やるべき事をやれる勝利的人生にして下さい。 そうすれば、皆に神の偉大なる奇跡や 永遠なる恩恵が与えられるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「