• sgbc-devotion

ルカの福音書 8:4

2019年10月1日(火) ディボーション聖句 ルカの福音書 8:4 さて、大ぜいの人の群れが集まり、また方々の町からも人々がみもとにやって来たので、イエスはたとえを用いて話された。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書13:10~11,13『主イエスは言われた。「聞く耳のある者は聞きなさい。」すると、弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、彼らにたとえでお話しになったのですか。」 イエスは答えて言われた。「あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていないからです。わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ようとせず、聞いてはいるが聞こうとせず、また、悟ることもしようとしていないからです。」』 4節,このようにJesusは、神の幸運や恵みをが欲しいだけの自分本位のご利益宗教者や、死後、裁かれずに天国に行きたいがだけの為に、口先だけの悔い改めの祈りや悔い改めたフリをするズル賢い人々に神の具体的な知恵や神の国の奥義を 直接的に語ることを 避けていました。 あなたのJesus信仰は、自分本位のご利益宗教や、死後、裁かれずに天国に行きたいがだけの為に、口先だけの悔い改めの祈りや悔い改めたフリをするズル賢いところが ありませんか? なぜなら聖書は、そのような裏表の二心な信仰生活では、永遠に報われる幸福人生に必要な神の具体的な知恵、神、人生、死についての奥義を悟れずに虚しい人生の未来が待っていると、預言するからです。そのような不幸の罠に陥らぬよう、目を覚ましあいましょう。 詩篇12:2『悪い人は互いにうそを話し、 へつらいのくちびると、二心で話します。』 ホセア書10:2『彼らの心は、調子のいい二心だ。今から、彼らはその刑罰を受けなければならない。主は彼らの祭壇をこわし、彼らの石の柱を砕かれる。』 4節,聖書は...現代社会は、本音と建前を うまく使い分けられる調子の良い人や空気だけを読む人が得をしやすく、正直者は損をしやすい社会情勢となっていますが、神の国では、二心なお調子者や人の空気ばかり読む人は神に忌み嫌われやすく、真実と真理を大切に生きる者の方が、神様からの恩恵や報いが大きいと教え説きます。気をつけあいましょう。 マルコの福音書10:14~15『イエスは 憤って、彼らに言われた。「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。 子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決して、神のみことばを悟れず、神の国に、入ることはできません。」』 4節,そしてJesusは、神のみことば(聖書)は、子どものように素直にへりくだって神と向き合い、自らの罪悪や過ちを省みれる人にしか悟れないように、書かれていると教え説きます。 あなたは、そのようなへり下った信仰姿勢が ありますか? なぜなら聖書は、神のみことばを聞いて へり下って、従おうとしない人に、神の奇跡や永遠に報われる幸福人生はなし得ないと預言するからです。 第一サムエル記16:7『主なる神様は、仰せられた。「彼の容貌や、人の見かけばかりを見てはならない。わたしは彼らを退けている。なぜなら、わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』 4節,またBibleは...世界人類の創造主なる神様は、人の心のあり方や信仰の姿勢や態度を見て、真実な評価と報いを振り分けられるお方だと、教え説いています。 最近のあなたの心のあり方、信仰の姿勢や態度は、如何ですか? なぜなら聖書は、日々のみことばから永遠に報われる幸福人生に必要な心のあり方、信仰の姿勢や態度を 掴み取って、祈り悔い改め続ける者だけが 永遠に報われる幸福人生、まことの勝利を手にすると預言するからです。 マタイの福音書22:36~38 主イエスは言われた。『「イエス先生。聖書の律法の中で、一番たいせつな戒めはどれですか。」 そこで、イエスは彼に言われた。「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」これが一番たいせつな戒めです。』 4節,そして聖書は、Bibleのみことばを読み黙想する時や、主イエスに祈る時は、真心から集中して礼拝しようとする姿勢や態度を大切にし続ければ、永遠に報われる為に必要な神の知恵やインスピレーション、幸運を 獲得できると約束してくれます。 そして、あなたもBibleのみことばを読み黙想する時や主イエスに祈る時は、真心から集中して礼拝しようとする姿勢や態度を大切にするようなり、何をしても報われる幸福人生を獲得できると期待します。AMEN 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「