• sgbc-devotion

ルカの福音書7:18~23

2019年9月26日(木) ディボーション聖句 ルカの福音書7:18~23 18 さて、ヨハネの弟子たちは、これらのことをすべてヨハネに報告した。 19 すると、ヨハネは、弟子の中からふたりを呼び寄せて、主のもとに送り、「おいでになるはずの方は, あなたですか。それとも, 私たちはほかの方を待つべきでしょうか」と言わせた。 20 ふたりはみもとに来て言った。「バプテスマのヨハネから遣わされてまいりました。『おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも私たちはなおほかの方を待つべきでしょうか』とヨハネが申しております。」 21 ちょうどそのころ、イエスは、多くの人々を病気と苦しみと悪霊からいやし、また多くの盲人を見えるようにされた。 22 そして、答えてこう言われた。「あなたがたは行って、自分たちの見たり聞いたりしたことをヨハネに報告しなさい。目の見えない者が見、足のなえた者が歩き、ツァラアトに冒された者がきよめられ、耳の聞こえない者が聞き、死人が生き返り、貧しい者たちに福音が宣べ伝えられている。 23 だれでもわたしにつまずかない者は幸いです。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 ルカの福音書1:35~36『天の御使いは、イエスの母となるマリアに答えて言った。「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、あなたから生まれる者は、聖なる者、神の子イエスと呼ばれます。ご覧なさい。あなたの親類のエリサベツも、あの年になって男の子ヨハネを宿しています。不妊の女といわれていた人なのに、今はもう妊娠六か月です。』 18節,この『ヨハネ』とは、イエスの母マリアの親戚のエリサベツの息子であり、彼は世界人類に「父なる神様と和解して、神のゆるしを受ける為の洗礼式」を教え説いた、神に選ばれし預言者ヨハネのことです。 詩篇22:10『生まれる前から、わたしたちのいのちは、あなたに、ゆだねられました。 母の胎内にいた時から、主は私たちの神です。』 18節,このようにBibleは、旧約聖書が預言していた神の御子で、世界人類の救い主Jesusのお名前とその十字架贖罪信仰を信じようとしているあなたは、実は、生まれる前から神様に選ばれていた特別な存在だと教え説きます。あなたは、神の子としての使命を全うする為に、神様から人生と生命が与えられているということです。 あなたには、明確な生きる意味、使命感、揺るがぬ夢がありますか? なぜなら聖書は、神に選ばれし人は皆、聖書のみことばを通して、明確な生きる意味、使命感、揺るがぬ夢、死後の行き先が示されると教え説からです。聖書とは、神に選ばれしあなたに人生の意味と使命感や揺るがぬ夢、ビジョンや、永遠の幸福感が見出させる、神様からの幸福人生の手引書だと教え説くのです。 また聖書は、人生の意味と使命感や揺るがぬ夢、ビジョンや、永遠の聖霊力を持てない人生の最期ほど、虚しく恐ろしいモノはないと、忠告します。 肝に銘じあいましょう。 19節,以下は、世界人類で唯一の救い主と言われているイエスキリストについて書かれていた、旧約聖書の預言的なみことばです。 イザヤ書53:4~6『まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになう。彼は、私たちの神へのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれる。彼への懲らしめが私たちに平安と赦しをもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされるのだ。私たちはみな、羊のように人生をさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせられる。』 20~22節,このようにBibleは、神の救い主Jesusはご自分を信じる者のすべての罪、咎、過ちを身代わりに贖い、ご自身を信じる者の人生の全ての敵、病魔、苦しみや死の滅びまでも、身代わりに引き受けられ、永遠に助け導いてくれると約束してくれます。神の救い主Jesusを信じる者には、神様から永遠のチャンス、癒し、救いが約束されているのです。しっかり胸に書き記すことです。 あなたに与えられる、何をも恐れない永遠の幸福感、聖霊力に期待します。 マルコの福音書1:7~8『預言者ヨハネは宣べ伝えて言った。「もうすぐ、私よりもさらに神の力のある方が、おいでになります。私には、かがんでその方のくつのひもを解く値うちもありません。今の私はあなたがたに水で洗礼式を授けますが、その方が来られると、あなたがたに聖霊の洗礼をお授けになるのです。』 19~21節,このように神に選ばれし、偉大な預言者(洗礼者)ヨハネも、神の救い主イエスの出現を預言しながら、期待して 待っていました。 ヨハネの福音書3:16~18『神は、実に、そのひとり子イエスをお与えになったほどに、世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子イエスを世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子イエスを信じることによって、世が救われるためである。御子イエスを信じる者はさばかれない。信じない者は神のひとり子イエスの御名を信じなかったので、すでにさばかれている。』 第一コリントの手紙1:18『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』 22~23節,またBibleは、日々 Bibleのみことばに従って、Jesusのお名前と教会にすがろうとしている あなたには不幸、悪運、呪いら死後の裁き、地獄行きはあり得ないと、約束してくれます。これが神様が世界人類に与えて下さったGoodNews、福音なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開かせて、BibleのみことばとJesusのお名前、十字架力、教会力に、全信頼を寄せられる人生に造り変えて下さい。 そうすれば 皆、永遠に報われる幸福人生のチャンスに恵まれ、見えない敵、サタン、悪霊からの悪運、事故、災い、不幸や、死後の裁き、地獄行きの滅びから、永遠に救われるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「