• sgbc-devotion

ルカの福音書3:21〜38

2019年9月6日(金) ディボーション聖句 ルカの福音書3:21〜38 21 さて,民衆がみな洗礼を受けていたころ,イエスも洗礼をお受けになり,そして祈っておられると,天が開け、 22 聖霊が、鳩のような形をして、自分の上に下られるのをご覧になった。また、天から声がした。「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」 23 聖書の教えを始められたとき、イエスはおよそ三十歳で、人々からヨセフの子と思われていた。このヨセフは、ヘリの子、順次さかのぼって、 24 マタテの子、レビの子、メルキの子、ヤンナイの子、ヨセフの子、 25 マタテヤの子、アモスの子、ナホムの子、エスリの子、ナンガイの子、 26 マハテの子、マタテヤの子、シメイの子、ヨセクの子、ヨダの子、 27 ヨハナンの子、レサの子、ゾロバベルの子、サラテルの子、ネリの子、 28 メルキの子、アデイの子、コサムの子、エルマダムの子、エルの子、 29 ヨシュアの子、エリエゼルの子、ヨリムの子、マタテの子、レビの子、 30 シメオンの子、ユダの子、ヨセフの子、ヨナムの子、エリヤキムの子、 31 メレヤの子、メナの子、マタタの子、ナタンの子、ダビデの子、 32 エッサイの子、オベデの子、ボアズの子、サラの子、ナアソンの子、 33 アミナダブの子、アデミンの子、アルニの子、エスロンの子、パレスの子、ユダの子、 34 ヤコブの子、イサクの子、アブラハムの子、テラの子、ナホルの子、 35 セルグの子、レウの子、ペレグの子、エベルの子、サラの子、 36 カイナンの子、アルパクサデの子、セムの子、ノアの子、ラメクの子、 37 メトセラの子、エノクの子、ヤレデの子、マハラレルの子、カイナンの子、 38 エノスの子、セツの子、アダムの子、このアダムは神の子である。 [聖句メッセージ] 本日でルカの福音書3章は終わりです。 マルコの福音書1:1~5『神の子イエス・キリストの福音のはじめ。旧約聖書のイザヤ書にこう書いてある。「見よ。わたしは使いをあなたがたの前に遣わし、あなたの人生の道を整えさせよう。荒野で叫ぶ者の声がする。『さあ、主の道を用意し、主の通られる道をまっすぐにせよ。』」そのみことば通りに、バプテスマ(洗礼者)のヨハネが荒野に現れて、罪の赦しのための悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。そこでユダヤ全国の人々とエルサレムの全住民が彼のところへ行き、自分の罪、咎を告白して、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた。』 マルコの福音書16:16~17 主イエスは言われた。『わたしを信じて洗礼を受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。わたしを信じて洗礼を受ける人々には、次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいみことばを語るようになります。』 21~22節,このようにBibleは、人は皆、不完全であり、いつか必ず人生の節々で嘘、偽善、罪悪、咎、過ちを犯してしまうので、神の救い主イエスの十字架上の身代わりの贖罪と弁護の死を祈り求めて、神のみことば通りに洗礼ん受けようとする 素直ささえ備われば、すべては神にゆるされて救われると、教え説きます。 聖書は、人は皆、自らの人生での身勝手さと罪悪や誤りを認めて、反省して、悔い改めの洗礼さえ受けられれば、神と和解できて救われると約束しているのです。 Bibleからの神のみことばを信じ、自らの人生を省みつつ洗礼を受けて神と和解するチャンスを選択するのか、はたまた、Bibleの教える 神の忠告を聞き流して、人生での嘘、偽善、あやまち、罪悪の責任を背負ったまま、永遠の苦しみ、破滅の道を歩むかは、あなたの選択次第だと教え説くのです。絶対に強がりや知ったかぶりだけは避けるべきなのです。 ローマ信徒への手紙2:5~6『あなたがたは、かたくなさと悔い改めのない心のゆえに、神の御怒りの日、すなわち、神の正しいさばきと死の現れる日の御怒りを自分のために積み上げているのです。必ず、神は、ひとりひとりに、その人の人生の行いに従って報いをお与えになります。』 21~22節,またBibleは、もし、あなたの人生が完全完璧でないのなら、また死後の行き先が ハッキリ分からないのなら、くだらないこだわりや宗教論など捨てて、神の御前に反省と悔い改めを表明する洗礼を受けてみることだと、教え説きます。聖書は、それさえできれば 永遠に救われるチャンスに恵まれて、神のみことばを大切に生きる人生にシフトチェンジさえできれば、何をしても、永遠に報われる幸福人生が待っていると約束するのです。 あなたは、これらの人生と死についての神の摂理、真実を しっかり 掴んで、生活を築いていますか? なぜなら聖書は、これらが 人生の未来と死の現実、事実だと教え説くからです。 マタイの福音書28:19『それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々に福音を伝えなさい。そして、父、子、聖霊の御名によって洗礼を授けなさい。』 ローマ信徒への手紙10:11『聖書はこう言っています。「イエスに信頼する者は、決して、失望させられることがない。」』 21~22節,また世界人類の救い主イエスは、もし あなたの大切なご家族や友人知人たちが、まだ洗礼を受けそびれているのなら、目を背ける程の大変な最期になるので、本気で、洗礼を勧められるように祈りつつ、ベストを尽くすべきだと命じています。主イエスは、全人生の未来やすべての死後の結末を知る神の御子だったからでした。主イエスは何をしても自由ですが、すべての人々に福音を宣べ伝えて、大切な人々には洗礼を受けさせて救い導くように命じられたのでした。あなたを通して、大切なご家族と仲間たち全員が 主イエスの命じられた通りに洗礼を受けて、神との和解と救いを手に入れられると、ただただ期待して祈ります。 22節,そしてBibleは、この時、神の御子イエスでさえも、特別待遇はなく、聖職者のヨハネからわざわざ洗礼を受けたと教え説きます。主イエスは唯一の神の御子であり、洗礼を受けなくても良かったのに、世界人類の模範のために、わざわざ洗礼を受けられたのでした。 マルコの福音書1:8『その方イエスは、あなたがたに聖霊の洗礼(バプテスマ)をお授けになります。』 22節,またBibleは、神の御子であり、世界人類の救い主Jesusのみことば通りに洗礼を受ける人は皆、神の永遠の救い主・聖霊が与えられると約束してくれます。洗礼を受ける人には、人生最高の特典として、神の永遠なる救い主聖霊が備わると教え説くのです。そして聖書は、この聖霊が満ち溢れた人生になれば、人は皆、何をしても、永遠に報われる幸福人生の道が任されると約束するのです。洗礼を受けてから、安心し過ぎず、怠惰にならず、絶えず 聖霊の満たしを 祈り求め続ける人生は、更にいく倍も特別に報われると約束するのです。絶えず 聖霊力のパワーアップを 祈り求め続ける姿勢が重要なのです。 23~38節,この聖句に書かれた系図は、主イエスの祖先の家系になります。 イエスの祖先は、ノア、アブラハム、イサク、ヤコブ、ダビデ王、ヨセフなど...世界史、聖書に名を残した偉大な人物が目白押しです。 出エジプト記20:6 主なる神様は約束した。『わたしを愛し、わたしのみことばの命令を守る者には、恵みを1000代にまで施すからである。』 マタイの福音書13:23 主イエスは約束した。『良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いてそれを悟り行う人のことで、その人はほんとうに良い実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。』 23~38節,このようにBibleは、イエスの偉大なる祖先たちは、神のみことばに純粋に向き合って生き続けた為に、勝利的人生を勝ち取って、名声まで残し、また子孫たちの数多くも成功することができ、また、神の御子イエスを産み出すという神の直系の特別な家系まで選ばれたと教え説きます。 Bible&Jesusのみことばを大切に生きる者たちとその家系は、死んでも、神の国と世界中の教会で、その伝説や証しまで語り継がれる成功的人生のチャンスにも特別に恵まれると約束するのです。 そしてあなたも聖霊力が 満ちていって、聖書からのみことばと使命に生きる人に変えられ、何をしても報われ、また家系までもが 特別な恩恵を勝ち取れるようになれると期待します。それがBible&Jesusのみことばに人生を賭ける人々への神の約束と預言だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、洗礼を受けていない人たちには、洗礼のチャンスを与え、また、すでに洗礼を受けた人たちには聖霊力のアップと強化を絶えず 祈り求め続けられるように助け導き、そして皆が聖霊に満ちていき、聖書とイエスのみことばに人生を炊くせるように、助け導いて下さい。 そうすれば 皆、何をしてもうまくいき、また、永遠に報われる幸福人生、天国行きの確信が任されるからです!主イエスのお名前で 祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「