• sgbc-devotion

ルカの福音書2:1~7

2019年8月28日(水) ディボーション聖句 ルカの福音書2:1~7 1 そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。 2 これは、クレニオがシリヤの総督であったときの最初の住民登録であった。 3 それで、人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向かって行った。 4 ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、 5 身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。 6 ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、 7 男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。 [聖句メッセージ] 本日から、ルカの福音書は2章です。 1節『皇帝アウグスト』とは,初代のローマ皇帝。姓名は「ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・アウグスト」で、在位期間は、紀元前27年~西暦14年。 尚、当時のローマ皇帝は、ローマ帝国で様々な権力や権限を掴んだ重要な役職であり、事実上のナンバーワンの地位でした。 また、当時のローマ帝国の統治面積は、約400万㎢近くもあり、現在のEU加盟国の総面積428万㎢(日本の国土の約11倍)に、匹敵する大国になっていたのでした。 1節,この時代に飛ぶ鳥を落とす程の勢力を誇っていたローマ帝国の皇帝アウグストは、国勢調査をする為に、住民登録の勅令を ローマ帝国が統治していた全世界に出したのでした。 2節『クレニオ』とは、当時のローマ帝国統治下にあった「シリヤ国(シリヤ属州)」の総督だったローマ人の名前。 3~4節,このように聖書は、当時、ローマ帝国の支配下に置かれていたユダヤ人の使徒やクリスチャンたちも、ローマ皇帝の勅令を受けたので、住民登録などの国勢調査に協力する為に、各自、生まれ故郷に戻ったと教え説きます。 マタイの福音書1:16『ヤコブにマリヤの夫となるヨセフが生まれた。キリストと呼ばれるイエスはこのマリヤからお生まれになった。』 4節,この『ヨセフ』とは、 旧約聖書で、神の救い主が生まれると預言されていたダビデ王家の子孫であり、イエスの実母のマリヤの夫となる人で、父はヤコブという聖徒でした。 この「ヨセフ」は、ナザレという町の大工でしたが、住民登録をする為に、イエスを身ごもっていた婚約者のマリヤを連れて、ベツレヘムに向かっていたのです。 マタイの福音書1:18~25『イエス・キリストの誕生は次のようであった。その母マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった。夫のヨセフは正しい人であって、婚姻前に妊娠した彼女をさらし者にはしたくなかったので、内密に別れて去らせようと決めた。ちょうど、彼がこのことを思い巡らしていたとき、天の御使いが彼の夢に現れて言った。「ダビデの子孫ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。彼女の胎に宿っている子は人ではなく、聖霊によるのです。そしてマリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる救い主です。」このすべての出来事は、主が聖書の預言者を通して言われた事が成就するためであった。 「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)そして、ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻と婚姻して、そして、子どもが生まれるまで 彼女と結ばれず、その子どもの名をみことば通りにイエスと名づけた。』 5~7節,このようにBibleは、神に選ばれし敬虔な信仰者の処女マリヤは、夫ヨセフとの性的営みではなく、神との霊的営みの奇跡により、神の御子イエスキリストを身ごもったと、教え説きます。この神の奇跡を信じられずに神の救いを手放すのか、また、清い幼児のような童心や夢心を 大切にして信じて、永遠に報われて救われるかは、あなた次第です。なぜなら聖書は、あなたの神様は天地万物の創造主であり、その程度の奇跡は容易いと、教え説くからです。 マタイの福音書18:2~4『そこで、イエスは小さい子どもを呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのように信じない限り、決して天の御国には、入れません。だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。』 ルカの福音書1:37『神にとって不可能なことは一つもありません。』 あなたは、聖書の教える全知全能なる神様に不可能がないと確信できていますか? 5~7節,なぜならBibleは...人は皆、全知全能ではなく限界があることを 深く悟って、幼児のような素直さと、全知全能なる神と天国の夢を見ようとする建設的な想像力を働かさなければ、永遠の人生、天国行きを手に入れられないと教え説くからです。しっかり 胸に書き記して下さい。 5~7節,そして、この時、まだ妻マリアと性的関係なかったのに、突然、神の御子イエスの父親となる羽目になったヨセフは、聖書の預言者たちのみことばと、自らの夢で語られたみことばを信じることを選択できた為に、彼は世界人類の救い主・イエスキリストを養い育てる、世界最高な父親の栄誉と、愛する妻を救った偉大な夫としての称号を受けられたのです。 このように、Bible&Jesusのみことばの奇跡を 本気で信じ続けようとする者たちだけが、神の偉大な恩恵や天国行きの奇跡を獲得できるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばを すべて確信しようと信じられる揺るがぬ信仰、夢とビジョンを掴ませて下さい。 そうすれば 皆に、ヨセフとマリアのような、神の偉大なる恩恵や不可能を可能にできる奇跡が任されるからです! 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「