• sgbc-devotion

ルカの福音書1:1~4

2019年8月22日(木) ディボーション聖句 ルカの福音書1:1~4 1-2 私たちの間ですでに確信されている出来事については、初めからの目撃者で、みことばに仕える者となった人々が、私たちに伝えたそのとおりを、多くの人が記事にまとめて書き上げようと、すでに試みておりますので、 3 私も、すべてのことを初めから綿密に調べておりますから、あなたのために、順序を立ててみことばを書いて差し上げるのがよいと思います。尊敬するテオピロ殿。 4 それによって、すでに教えを受けられた事がらが正確な事実であることを、よくわかっていただきたいと存じます。 [聖句メッセージ] 本日からルカの福音書1章が始まります。 1節,このルカ福音書の著者は、使徒の「ルカ」という人であり、イエスの12使徒以外の七十門徒の弟子のひとりでした。また ルカは、シリア王国・アンティオキア出身のシリア人であり、神の使命のために生涯独身を貫き、84歳でなくなったと伝えられています。 コロサイの手紙4:14『愛する医者ルカ、それにデマスが、あなたがたによろしくと言っています。』 1-2節,尚、使徒ルカはこの福音書以外に、新約聖書「使徒の働き」のみことばの筆者でもあり、彼の職業は医師でした。 あなたは神の働きをする人は聖職者だけだと、勘違いしていませんか? なぜなら聖書は、神の働きや教会奉仕は天国行きが許された全ての人々が行うべきであり、職業は千差万別だと教え説くからです。 ピレモンの手紙1:24『私 パウロの同労者たちであるマルコ、アリスタルコ、デマス、ルカからもよろしくと言っています。』 1節,そして ルカは、使徒パウロの伝道旅行も同行しており、パウロが投獄された時も一緒にいたり、パウロの人生の戦友、永遠の神の家族でもあったのです。 マタイの福音書18:19 主イエスは約束した。『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』 マルコの福音書6:7『また、主イエスは十二弟子を呼び、ふたりずつ遣わし始め、彼らに汚れた霊を追い出す権威をお与えになった。』 伝道者の書4:9~10『ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。』 1-2節,このようにBibleは、主なる神様の偉大な御業、神の奇跡、天国行きの洗礼に導く救霊の働きなどで良い実を 数多く引き出したり、見えない敵(サタン、悪霊、悪運)に打ち勝つのに最も大切で重要なのは、聖書のみことばで結束して祈り、神の使命を行い合える人生の戦友、神の家族関係だと教え説きます。 聖書は、人は皆、信仰があるかないか 関係なく隣人愛を築いたり、孤独な時を どう過ごすかも大切なのですが、永遠の神の家族で、永遠の戦友になり得る母教会のJesusFamilyたちと如何にして、結束して祈りつつ、同じ使命を担えるか どうかが 重要なポイントになると、教え説くのです。しっかり 胸に書き記して 神の家族との結束を強めることです。そういう人間関係、神の家族を築ける人々に神の偉大なる御業、感動的な奇跡が任されるからです。 また聖書は、主イエスキリストは全知全能なる神の御子であり、全てのことを お一人でできたのに、わざわざ 12使徒の弟子たちと群れをなして、愛の共同体(教会関係, 神の家族 ,兄弟姉妹関係)を重視して、クリスチャンのチームプレイで神の偉大なる御業や神の奇跡を表していたと教え説きます。あなたの神様は神のカタラなる教会関係、神の家族関係を通して、数多く 現れると教え説くのです。 あなたは神の教会のJesusFamilyと神の使命で結束するどころか、最近は孤立気味で、自分のしたいことや神の家族関係以外の予定ばかりに時間を取られすぎていませんか? なぜなら聖書は、そのような生活習慣や人間関係形成ばかりでは、神の偉大なる御業、永遠に報われる為の神の奇跡は皆無だと預言するからです。 目を覚まして祈りつつ、生活習慣や人間関係形成を 調整していきましょう。 ピリピの手紙2:2~3『あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにしてください。何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。』 1-2節,またJesusの聖霊に満ちた教会とは、Bibleのみことばによる使命での一致や、神の家族、仲間同志が 同じ神愛と志を持てなければ、成り立たず、その一致がなければ、ただの自己満足で、虚しいご利益宗教しかならないと預言します。自己満足なご利益宗教だけでは、大切な人々を天国行きの洗礼者にする御業が起きず、感動的な神の奇跡や天国行きの確信も乏しくなるので、気をつけあいましょう。 1~4節,では今日の聖書箇所を 分かりやすく、以下に書き記していきましょう。 尚 この文章は、使徒ルカからローマ帝国の高官であるテオピロという人に書き送られたものです。 内容は以下... 「主イエスキリストの教えた福音については、イエスキリストご自身のの宣教活動の最初から、その生活を 共にしてきた使徒とクリスチャンたちから聞いたことや主イエスを見た人々が 書き残してきました。全て 真実です。 しかし 私(ルカ)も、一部始終を見聞きしていますので、テオピラ閣下に、順序立てて、イエスキリストの真実と真理について書いて差し上げます。それは閣下、並びに世界中の人々に、主イエスキリストの福音が、確かであることを分かって頂きたいからです。」以上。。。 あなたにも、神様公認の永遠の神の家族、人生の戦友が与えられ、あなたと神の家族たちを通して、偉大なる神の御業、ご計画が現れると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆と教会の神の家族たちを 聖霊とJesusLoveで満たして 心一つに結束して祈り合える、人生の戦友(まことのJesusFamily)に造り変えて下さい。 そうすれば 皆を通して、偉大なる神の御業とご計画が現れ出し、永遠に報われる幸福人生と天国行きの確信が 任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「