• sgbc-devotion

マルコの福音書16:12~20

2019年8月21日(水) ディボーション聖句 マルコの福音書16:12~20 12 その後、彼らのうちのふたりがいなかのほうへ歩いていたおりに、イエスは別の姿でご自分を現された。 13 そこでこのふたりも、残りの人たちのところへ行ってこれを知らせたが、彼らはふたりの話も信じなかった。 14 しかしそれから後になって、イエスは、その十一人が食卓に着いているところに現れて、彼らの不信仰とかたくなな心をお責めになった。それは、彼らが、よみがえられたイエスを見た人たちの言うところを信じなかったからである。 15 それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。 16 信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。 17 信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいみことばを語り、 18 蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」 19 主イエスは、彼らにこう話されて後、天に上げられて神の右の座に着かれた。 20 そこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。 [聖句メッセージ] 本日でマルコの福音書は、全て終わりです。 使徒の働き1:3~5『イエスは十字架上で苦しみを受けた後、三日後によみがえって、四十日の間、彼らに現れて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。そして復活してから、彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。預言者ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。』 12節,このように神の御子であり、世界人類の救い主イエスキリストは 旧約聖書の預言通り、世界人類の罪悪、咎、過ち、呪い、病魔や死の滅びを 身代わりに引き受ける為に、全く無罪であったのに十字架処刑されてから、ご自分を信じる者たちに永遠の神のゆるしと救いを宣言するために、三日後によみがえられました。 そしてよみがえられた 主イエスは、神のみことばからの真理と福音(死後の永遠かる天国行き)を知らない人々を救う為に、Jesusの十字架贖罪信仰のみことばを宣べ伝えるよう、神に選ばれし500人以上の使徒や弟子たちに、40日間、死から復活した新しい霊的カラダを表して、命じられたのです。 12~14節,しかし死から復活したイエスをみた、半分くらいの弟子たちは、最初は 主イエスの死からの復活を信じて受け入れる事が 出来ませんでした。しかし主イエスが本物だと知ると、人生と死まで賭けて、福音宣教する神の使命に生き続けたのでした。聖書は、主イエスの死からの復活、天国行きの福音は、真実の神の奇跡であったため、約二千年経った現在でも、世界中にクリスチャン、教会、クリスマスは増え広がっていると教え説くのです。主イエスの死からの復活と、永遠の神のゆるし、天国行きを信じるか、信じられないかは、あなた次第です。しかし聖書は、主イエスを信じる者たちだけが 神のゆるしと永遠なる天国行きが許されると教え説くのです。 マタイの福音書24:38~主イエスは言われた。『洪水前の日々は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。そして、洪水が来てすべての物をさらってしまうまで、彼らは神の預言の意味がわからなかったのです。人の子イエスが来るのも、そのとおりです。そのとき、畑にふたりいると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。ふたりの女が臼をひいていると、ひとりは取られ、ひとりは残されます。だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。しかし、このことは知っておきなさい。家の主人は、どろぼうが夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入られはしなかったでしょう。だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子イエスは、思いがけない時に来るのですから。』 14節,このようにBibleは、昔起きたノアの洪水のような大惨事、艱難や死の滅びは、Bibleメッセージを読みつつ霊の目をさましていなければ、それらがいつ来るのか、判断できないと教え説きます。聖書は、人が二人いたとすると、ひとりはBible&Jesusの救いに気づいて永遠に報われて救われますが、もうひとりの人は、いろいろな世の思い煩いと欲望や敵の攻撃が邪魔するので、Bible&Jesusのみことばと救いを 聞き逃してしまって永遠の苦しみ、地獄行きを刈り取る羽目に陥ると、預言しているのです。日々のBibleメッセージで目を覚まし続けて、永遠の救い、天国行きを勝ち取って下さい。 マタイの福音書28:18~20『イエスは近づいて来て、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々に福音を宣べ伝えなさい。そして、父、子、聖霊の御名によって洗礼を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」』 詩篇91:10『主なる神様を避け所にした人に、わざわいは、ふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。』 15~20節,この時、死から復活した主イエスキリストは全ての人々にBibleの真理と福音を宣べ伝えることだけは、しっかりやり遂げるように。そして、大切な家族や仲間たちに洗礼を授けて、永遠の助け主「聖霊」を贈ってあげるように 命じてから、神の国に戻られました。 そして聖書は、Bibleのみことばの福音、Jesus信仰による真理や救いを 語り続ける人たちには、事故、災難、疫病、悪運、悪霊が及ばないとまで、約束してくれます。何をしても自由ですが、福音宣教、真理教育を 絶対的な使命して生き続ければ、不思議に、永遠に報われ続けて、全ての必要が満たされると約束するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bibleの教えるJesusの復活と天国信仰を 確信させて、福音宣教や真理教育を 使命として生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、何をしても、不思議に、永遠に報われて、事故、災い、不運、悪霊が及ぼない、満たされた幸福人生が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「