• sgbc-devotion

マルコの福音書9:30~32

2019年7月10日(水) ディボーション聖句 マルコの福音書9:30~32 30さて、一行はそこを去って、ガリラヤを通って行った。イエスは、人に知られたくないと思われた。 31それは、イエスは弟子たちを教えて、「人の子は人々の手に引き渡され、彼らはこれを殺す。しかし、殺されて、三日の後に、人の子はよみがえる」と話しておられたからである。 32しかし、弟子たちは、このみことばが理解できなかった。また、イエスに尋ねるのを恐れていた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マルコの福音書16:15~18『イエスはこう言われた。「あなたがたは全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされることがあります。」』 マタイの福音書10:6~7『神の選民の失われた羊のところに行きなさい。行って、「天の御国が近づいた」と宣べ伝えなさい。』 30節,これらの聖書のみことば通り....主イエスとその弟子たち一行は、「人は なぜ生まれ、どこに行こうとしているのか。人は皆、どう思考して、何の為に生きるべきななか。また、肉体の死が来る時、なにが起こるのか」「また何が正義で、罪悪であるのか。」「人生で最も大切にすべき愛とは、神信仰とは、いったい何なのか。」など...人生と死の真理と摂理や、死後の行き先をも把握できずに、羊飼いのいない羊のように人生をさまよい生きる人々に、神様からの福音(LoveLetter)を宣べ伝えて、永遠に報われる為に必要な聖霊のバプテスマ (洗礼)を授ける旅を し続けていたのです。そして聖書は、神に救われたあなたも、主イエスと弟子たちと同じように、この国の人々に人生と死の真理や福音を宣べ伝える為に神の教会に集められたと教え説くのです。 あなたは、これら神に救われて 神の教会で礼拝祈祷や聖書教育をする意味、神の意図とご計画をご存知でしたか? なぜなら聖書は、これらJesusの教会に集められた、あなたへの神の意図とご計画を悟り行えば、人生は何が起ころうと、また死んでも、永遠に安泰だと約束するからです。 ヨハネの福音書3:16『神は、実に、そのひとり子イエスの命をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子イエスを信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。』 ローマ信徒への手紙8:28『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。』 30~31節,またBibleは、あなたの父なる神様は、世界人類を 死後の裁きや地獄行きの滅びから天国に救い導く為に、神の御子イエスの人生とその命を 贖罪の代価として捧げて下さったと、教え説きます。だから聖書は...神の御子であり、神の救い主であるイエスを信じる あなたの人生と死は報われるチャンスが生じており、聖書の真理を吸収しながら祈りつつ 悔い改め続ければ、すべてのマイナスは、必ずプラスに永遠に救われる恩恵が約束されており、あなたの死後の行き先は「天国」に内定していると教え説くのです。Bible&Jesusを 信じて 祈りつつ、悔い改め続ける者は皆、永遠に報われて救われるのです。 マルコの福音書14:33~36『主イエスは、使徒ペテロ、ヤコブ、ヨハネをいっしょに連れて行かれた。そして、イエスは深く恐れもだえ始められた。そして彼らに言われた。「わたしは悲しみのあまり死ぬほどです。ここを離れないで、目をさましていなさい。」それから、イエスは少し進んで行って、地面にひれ伏し、もしできることなら、この時が自分から過ぎ去るようにと祈り、またこう言われた。「アバ、父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。」』 31~32節,またBibleは...神の御子であり、神の救い主イエス様は神の心霊だけでなく、人間の肉体を 併せ持った持った神様と人間(マリア)とのハーフであった為にいくらか葛藤があり、裸で十字架上につけられて、世界人類の贖罪処刑をされる極限のストレスと痛みや屈辱感から逃げ去りたい程、追い込まれていたと教え説きます。主イエスは、世界人類の負の呪いや全人生の罪悪を引き受けて、身代わりに苦しみ死ぬことを 恐れる人間性もあったのですが、世界人類への隣人愛の為に耐え忍んだと教え説くのです。 ですから 主イエスは、こうも、祈りました。「父なる神様、出来るのならば、残酷で、苦し過ぎる、十字架処刑以外の形で、世界人類の呪いと全人生の罪悪の贖罪をさせて下さいませんか?」 しかし、主イエスは神のご計画通り、世界人類を救う愛の贖罪の死を選択したのです。 ヨハネの福音書15:12~14主イエスは言われた。『わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの教える第一の戒めです。人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。わたしがあなたがたに命じることをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。』 ヨハネの福音書12:24主イエスは言われた。『まことに、まことに、あなたがたに告げます。一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。』 31~32節,Bibleは...あなたの父なる神様は、ご自分の御子イエスの完全な隣人愛による苦難と十字架上での屈辱と痛み、贖罪の死の苦しみを通して、誰よりも あなたの人生での悩み、痛み、悲しみ、苦しみを理解して下さる哀れみ深いお方だと、教え説きます。あなたの主なる神様は、あなたが苦しめば 共に苦しみ、あなたが泣けば、共に泣かれるお方であり、あなたが悔い改めて報われる為に見捨てずに祈りとみことばを 送り続けて下さると、教え説くのです。これらの神のご神格と摂理を しっかり胸に書き記して下さい。また聖書は、たとえ、あなたが 何度となく、人生につまずき倒れても、父なる神様はあなたを 見捨てずに、絶えず 救いのみことばや神の教会祈祷力を差し伸べているお方であり、聖書のみことばと神の教会礼拝奉仕に関与し続ければ、あなたには何度でも、人生のやり直しと天国行きのチャンスが与えられると約束してくれるのです。Bible&Jesusにつながっている あなたには永遠なる希望が注がれているのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、それぞれが自分勝手な独りよがりな、都合の良い愛をやめて、神愛と隣人愛に満ちたみことばを大切に生き続けられるように悔い改めさせて下さい。 そうすれば、皆と周囲の人々に、神の感動的なLoveと奇跡の御業が 現れ続けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「