• sgbc-devotion

マルコの福音書 9章1節

2019年7月7日(日) ディボーション聖句 マルコの福音書 9章1節 イエスは彼らに言われた。「まことに、あなたがたに告げます。ここに立っている人々の中には、神の国が力をもって到来しているのを見るまでは、決して死を味わわない者がいます。」 [聖句メッセージ] 本日からマルコの福音書は9章です。 伝道者の書3:1~2『天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには 神の時がある。生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。』 伝道者の書3:11~12『神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行われるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。』 ヨブ記1:21『私たち人間は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私たちはかしこに帰ろう。主はすべてを与え、主はすべてを取られる。主の御名はほむべきかな。』 1節,このようにBibleは、人が生まれる時や死ぬ時や...死後 救われずに滅びてしまったり、永遠の天国に行けるタイミングさえも、結局、すべての人生と死の営みとタイミングは、創造主なる神様の手中にあると教え説きます。あなたの主なる神様は、全世界人類の全人生に神峰か恵みや裁きを与えられ、全世界史を統べ治めているスケールなお方だと教え説くのです。 あなたは、全ての物事は偶然ではなく、天地万物の創造主なる神様が統べ治めている必然ですあったことを ご存知でしたか? なぜなら聖書は、全ての物事には何らかの意味、神のご計画や摂理、神の営みとタイミングがあると教え説くからです。聖書は、そのすべての神の営みやタイミングを計り知れる、全人生の預言書なのです。 また聖書は、人は皆、神の定められた時に裸で生まれ出て、神の定めた時に裸で死んでいきますが....必ず、人は皆、肉体の死後に 神の御元に連れて行かれ、どう思考して、なんのために一生を費やして生きてきたのか。それぞれが 神様から人生の使命感や生き様が正しかったのか、またどんな罪悪や過ちを犯し、どんな信仰を持って生きてきたか、必ずジャッジされると教え説くのです。また聖書は、もし あなたが完全に正しい人生を築けなくて死んでも、神の御子イエスの十字架贖罪信仰を信じて 神礼拝しながら悔い改め続けていれば、永遠の無罪、天国行きの救いを勝ち取れると約束するのです。これぞ、人生と死の行き先なので、しっかり胸に書き記して下さい。 マタイの福音書16:15~18『イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」』 ルカの福音書10:19主イエスは約束された。『確かに、わたしは、あなたがたに、蛇やさそりを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けたのです。だから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません。』 1節,またBible&Jesusは、人は皆、Jesusの言う通りに、イエスの十字架贖罪信仰を信じ告白して洗礼を受けると、それだけで見えない悪霊、サタン、悪運や、あらゆる害毒や地獄行きを免れる、永遠なる救い主聖霊(HolySpirit)を受けられ、12使徒たちのように神の教会にしっかり繋がって、神愛に基づく福音宣教や隣人愛を大切に生活し続ければ、たとえ 死や重病に直面しても、父なる神様から奇跡的に助けられたり、何があっても、動じない平安と幸いに満ちた幸福人生を全うできると約束するのです。これらが あなたの神様が教えてくれた、永遠に報われる黄金律なのです。 箴言3:15~19『聖書の知恵は真珠よりも尊く、あなたの望むどんなものも、これとは比べられない。その右の手には長寿があり、その左の手には富と誉れがある。その道は楽しい道であり、その通り道はみな平安である。聖書の知恵は、これを堅く握る者には永遠のいのちの木である。これをつかんでいる者は幸いである。主はみことばの知恵をもって地の基を定め、その英知をもって天を堅く立てられたからである。』 1節,またBible&Jesusのみことばとは、どんな財宝や夢と比べようとも比較できないほど、スケールの大きな神様からの永遠、無限の可能性やパワーを秘めた世界最高の恵みであると教え説きます。聖書のみことばとJesusの十字架を掲げた教会祈祷力こそが、実は人生最大の武器であると教え説くのです。 あなたは、これら人生最大の武器を しっかり行使できていますか? なぜなら聖書は、みことばを信じて 行う者は皆、永遠に報われて救われると約束するからです。 詩篇1:1~3『幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。』 出エジプト記23:22主なる神様は約束された。『もし、あなたが御声に確かに聞き従い、わたしが告げるみことばを ことごとく行うなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。』 1節,このように聖書は、 Bible&Jesusのみことばを あなたの人生の使命や指針として、日々 活用し続けるのなら、そういう人は皆、神の特別な奇跡と驚異的な後ろ盾や、百倍以上の恩恵さえ訪れると約束してくれます。そして、あなたもBible&Jesusのみことばを 人生の使命や指針となる人生に変えられ、何をしても、神の偉大な奇跡、後ろ盾に守られる、永遠なる幸福人生を任されると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBible&メッセージを蓄えながら祈らせ、人生の使命や指針にできる人生に造り変えて下さい。 そうすれば 皆、何をしても、神の偉大なる奇跡、後ろ盾に守られる、永遠なる幸福人生を任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.