• sgbc-devotion

マルコの福音書8:1~12

2019年7月2日(火) ディボーション聖句 マルコの福音書8:1~12 1そのころ、また大ぜいの人の群れが集まっていたが、食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼んで言われた。 2「かわいそうに、この群衆はもう三日間もわたしといっしょにいて、食べる物を持っていないのです。 3空腹のまま家に帰らせたら、途中で動けなくなるでしょう。それに遠くから来ている人もいます。」 4弟子たちは答えた。「こんなへんぴな所で、どこからパンを手に入れて、この人たちに十分食べさせることができましょう。」 5すると、イエスは尋ねられた。「パンはどれぐらいありますか。」弟子たちは、「七つです」と答えた。 6すると、イエスは群衆に、地面にすわるようにおっしゃった。それから、七つのパンを取り、感謝をささげてからそれを裂き、人々に配るように弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。 7また、魚が少しばかりあったので、そのために感謝をささげてから、これも配るように言われた。 8人々は食べて満腹した。そして余りのパン切れを七つのかごに取り集めた。 9人々はおよそ四千人であった。それからイエスは、彼らを解散させられた。 10そしてすぐに弟子たちとともに舟に乗り、ダルマヌタ地方へ行かれた。 11パリサイ人たちがやって来て、イエスに議論をしかけ、天からのしるしを求めた。イエスをためそうとしたのである。 12イエスは、心の中で深く嘆息して、こう言われた。「なぜ、今の時代はしるしを求めるのか。まことに、あなたがたに告げます。今の時代には、しるしは絶対に与えられません。」 [聖句メッセージ] 本日からマルコの福音書は8章です。 エペソの手紙2:18~19『私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父なる神様のみもとに近づくことができるのです。こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ天国民であり、神の家族なのです。』 ルカの福音書10:20主イエスは言われた。『ただ、あなたがたの名が天国に書きしるされたことを喜びなさい。』 ピリピの手紙3:20『主イエスを信じた、私たちの国籍は天国にあります。』 1~3節,このように聖書は、Bible&Jesusからの神のみことば(約束)を信じ告白して、神の養子とされた人たちは皆、主イエスの十字架上で流された血縁関係による「永遠なる神の家族」たちであり、「永遠の天国人」になると教え説きます。もう、あなたは肉体の死後、ただ、灰になって消え去るだけの存在ではなく、また、他のものに生まれ変わる必要などもなく、立派な天国民として永遠に生きるチャンスを獲得したと、聖書は契約してくれたのです。あとは、聖書のみことば通りに祈りつつ、悔い改め続ければ、地獄行きや滅びから免れて、永遠に救われると約束するのです。 主イエスの十字架贖罪信仰を信じたあなたの心霊には、すでに、神様と同じ聖霊(HolySpirt)が流れていると教え説久野です。しっかり胸に書き記して下さい。 ヨハネの福音書15:9~12主イエスは言われた。『父なる神がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。それは、わたしがわたしの父なる神の戒めを守って、わたしの父なる神の愛の中にとどまっているのと同じです。わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの一番大切な戒めです。』 マルコの福音書12:33主イエスは命じた。『「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして主を愛し、また隣人をあなた自身のように愛しなさい。」このみこことばは、どんなことよりも、一番すぐれています。」』 2~9節,この時、神のみことばを聞きに集まっていた四千人の人々も、三日前にイエスのBible&メッセージを聞いて 信じて救われてから、このイエスのみことば通りに、初対面の人々たちを 同じ天国人で、神の家族として受け入れ合い、三日間、親交を深めようとしていたのです。そして彼らはイエスや神の家族(天国人同志)たちを愛そうとするがゆえに、三日間、誰一人帰ろうとせずに、神愛と神の家族愛を深めていたのです。 あなたは、神愛と神の家族愛を大切に生きていますか? なぜなら聖書は、聖書を読み、教会礼拝を大切に生きたとしても、神愛や神の家族愛がなければ、神信仰を持たない人々と同じく程度にしか天国行きを理解しにくく、虚しい人生の最期を送ると預言するからです。神愛と神の家族愛のあるところに聖霊は強く働かれるのです。 第一ヨハネの手紙4:8『愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。』 1~3節,また聖書は、Jesus信仰の基盤は宗教心ではなく、同じ天国民たちとの永遠なる友愛、家族愛、隣人愛と、命を捨ててまで 愛し救ってくれた救い主Jesusとの相思相愛関係によると教え説きます。 あなたは、聖書や神の教会に繋がっていれば何とかなると過信していませんか? なぜならあなたの救い主Jesusは、聖書や教会礼拝を大切にしていても、教会にいるJesusFamilyとの永遠なる友愛関係、神の家族関係を築くことを怠れば、神の臨在や奇跡を獲得しにくいと預言するからです。教会にいる仲間たちが神の家族愛に満ち、心一つの祈りあうことが 神の奇跡や天国行きの確信につながるからです。 第一ヨハネの手紙4:18~20『愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。神を愛すると言いながら兄弟姉妹を憎んでいるなら、その人は偽り者です。目に見える教会の兄弟姉妹を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。』 2~9節,この日のイエスもBible&Jesusのみことばを バカなくらいに信頼して、三日間も建設的な神の家族愛関係を表そうと共に過ごしていた、四千人の純粋な信仰心と隣人愛に心打たれて、イエスはパンの奇跡を起こされたのでした。 10~12節,このようにイエスは、神のしるしや証拠ばかり求める人には、かえって神の奇跡は与えられず、ただただ、Bible&Jesusの教えるみことばと隣人愛を表現しようとし続ける所に、神の感動的な奇跡や天国行きの確信が施されると言われたのです。God is Love...神愛、神の家族愛を第一にする教会のJesusFamilyたちに神様は数多く、大きく現れて祝福されるのです。胸に書き記して下さい。 マタイの福音書18:19主イエスは約束した。『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』 あなたと教会の神の家族たちが心一つに結束して祈れるようになり、あなたにも、必要な奇跡が与えられるようになると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばを純粋に受け取り、教会の仲間たちと見せかけの宗教関係ではなく、真の情熱的な友愛関係と心一つに祈り合える絆を深めさせて下さい。そうすれば 皆に、必要な神の奇跡が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「