• sgbc-devotion

マルコの福音書7:24

2019年6月30日(日) ディボーション聖句 マルコの福音書7:24 イエスは、そこを出てツロの地方へ行かれた。家に入られたとき、まだ、だれにも知られたくないと思われたが、隠れていることはできなかった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 24節『ツロ』とは、当時「ティルス」とも呼ばれていた都市であり、現在のレバノン共和国のスールという街に位置していました。 この「ツロ」の街は、過去、紀元前15世紀から8世紀頃まで繁栄していた フェニキア王国の首都でもあったのです。 エゼキエル書26:2『ツロは、エルサレムについて、「あはは。国々の民の門エルサレムはこわされ、私たちツロに明け渡された。私は豊かになり、エルサレムは廃墟となったのだ。」と言ってあざけった。』 24節,このように聖書は、紀元前に長らく繁栄していた大都市「ツロ」は、貿易と友好関係にあった神の民の都「エルサレム」が、敵国バビロンに攻め取られるのを、ただ黙って見殺しにしてしまい、それを悲しむどころか、かえってツロの利権が増えることを喜んで、神信仰の人々を見捨てた為に、父なる神様を敵に回す呪われた都市になってしまったと教え説きます。聖書は、従順かつ敬虔なJesus信仰者たちに非協力的な人々や神の家族たちをないがしろにする人々は、神の祝福や後ろ盾を失う羽目になると預言するのです。 あなたは大丈夫ですか? 神のみことばの使命や神の家族たちに協力的な人は皆、神の奇跡や特別な後ろ盾を獲得できるからです。 エゼキエル書26:3『それゆえ、神である主はこう仰せられる。「ツロよ。わたしはおまえに立ち向かう。だから、わたしは 海の波が打ち寄せるように、多くの国々をおまえに向けて攻め上らせる。』 24節,この旧約聖書の預言通り...神の選民の首都「エルサレム」の仲間たちを裏切った「ツロ」の町民たちは、その後、アッシリヤ、バビロン、ペルシャ、マケドニアの諸国に攻め取られるようになり、繁栄の歴史に幕を閉じる事になってしまったと、聖書は教え説くのです。Bible&Jesus信仰に生きる仲間たちに非協力的になり過ぎたり、敵に回すような軽はずみな発言と態度だけは、避けるべきだと教え説くのです。気をつけあいましょう。 出エジプト記23:22創造主なる神は約束した。『もし、あなたがわたしの御声に確かに聞き従い、告げられる みことばをことごとく行うなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。』 24節,このように聖書は、もしあなたが Bible&Jesusのみことばを堅く信じて、日々 具体的にみことばを実践適用しようとしたり、神の使命に協力し続けるなら、父なる神様は、いつもあなたは神の不思議や幸運に守られる人生に移され、あなたの敵対者は、神様が排除して下さるとまで約束してくれます。世界一影響力のある、Bibleの教える神様を味方につけられれば、人生や死は永遠に安泰だと約束するのです。 ローマ信徒への手紙8:31~32『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。そして、私たちすべてのために、ご自分の御子イエスをさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子イエスといっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。』 24節,このようにBibleは、父なる神の特別な養子とされた Jesus信仰者たちは特別扱いされるので、あとは、みことばさえ 従順に生きようと尽力できれば、敵対者を恐れる必要はないと教え説いています。世界人類の父なる神様は、あなたを救い導くために、ご自分の御子イエスの命まで惜しまずに与えて下さって、あなたを神の養子とされたので、神礼拝さえ 大切に生き続ければ、あなたの幸福人生に必要な知恵、助け、恵み、癒しを与えない訳がないとまで、約束してくれているのです。 聖書と教会礼拝奉仕を 大切に生き続ける人生は、永遠に報われるのです。 ローマ信徒への手紙8:28『神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。』 24節,また聖書は、Jesus&Bibleからのみことばを100%信頼しようといきる あなたの全てのマイナスまでも、神様はプラスに転じさせてくれると、約束してくれます。世界人類の神様は、Jesus&Bibleからのみことばさえ 大切に生き続ければ、耐えられない試練や死後の地獄行き、不幸な結末はあり得ないと約束してくれたのです。 胸に書き記して下さい。マタイの福音書7:8~9『だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。』 24節,このように神の御子イエスは、昔、父なる神様のみことばに反抗して、神信仰者たちを見捨てた不信仰の汚れた「ツロ」とその町民たちには、神の感動的な奇跡や恵みを与えたくはありませんでした。しかし本気でBible&Jesusのみことばを求め、探し、叩くほど、熱心に祈り求め続けてきた人たちにだけは、神の感動的な癒しや人生を救える程の奇跡を 施されたのです。聖書は、たとえ、昨日までのあなたが、どうであれ、今日から祈り悔い改めて、熱心に神のみことばを求め続けられるのなら、必ず 永遠に報われると約束するのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開かせて、絶対に Bible&Jesusのみことばや神の民たちを敵に回すような、軽はずみな言動と態度を表さないように、協力し続けられるように助け導いて下さい。そうすれば 皆にも、神の百倍の恩恵や奇跡的な癒しが与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「