• sgbc-devotion

マルコの福音書6:30~34

2019年6月25日(火) ディボーション聖句 マルコの福音書6:30~34 30さて、使徒たちは、イエスのもとに集まって来て、自分たちのしたこと、教えたことを残らずイエスに証し報告した。 31そこでイエスは彼らに、「さあ、あなたがただけで、寂しい所へ行って、しばらく休みなさい」と言われた。人々の出入りが多くて、ゆっくり食事する時間さえなかったからである。 32そこで彼らは、舟に乗って、自分たちだけで寂しい所へ行った。 33ところが、多くの人々が、彼らの出て行くのを見、それと気づいて、方々の町々からそこへ徒歩で駆けつけ、彼らよりも先に着いてしまった。 34イエスは、舟から上がられると、多くの群衆をご覧になった。そして彼らが羊飼いのいない羊のようであるのを深くあわれみ、いろいろと教え始められた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 第一コリントの手紙10:31~32『こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。ユダヤ人にも、外国人にも、神の教会にも、つまずきを与えないようにしなさい。』 ヨハネの福音書9:24『彼らは、イエスに盲目を癒された人を もう一度呼び出して言った。「神に栄光を帰しなさい。」』 マタイの福音書8:4『イエスは癒してあげた彼に言われた。「気をつけて、軽はずみに話さないようにしなさい。ただ、人々への証しのために、行って、自分を祭司に見せなさい。そして、モーセの命じた、感謝の供え物をささげなさい。』 マタイの福音書24:14『神の御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民に証しされ、それから、世界に終わりの日が来ます。』 30節,Bibleは...世界人類の創造主なる神様は、あなたにご自分の御子イエスの十字架贖罪信仰による永遠の救い、天国行きの福音を教えて下さっており、もし あなたが素直に 神の御子イエスの十字架贖罪信仰による福音を信じて 祈り、悔い改め続ける気ぐあるのならば、あなたを「神の養子」として受け入れて、死んでも永遠に苦しまない、天国人生に移して下さると約束してくれました。 信じる者だけが贖罪されて救われ、信じられない者は神のように完全 完璧な人生を歩めなければ、地獄行きが免れないと預言するのです。 しかし あなたは主イエスの十字架贖罪信仰のみことばを信じて 救われると期待します。 ピリピの手紙3:20『私たちの国籍は天国にあります。そこから主イエス・キリストが救い主としておいでになるのを、私たちは待ち望んでいるのです。』 30節,そして聖書は、神の御子イエスの十字架贖罪信仰により、神の国の国民ととされる人はみな、何よりも、周囲の人々にJesusの十字架贖罪信仰による救いを 証し伝える責任と義務が生じると教え説きます。 あなたは、自分や自分以外の人々が 死んだら、どうなるかを 知っていますか? なぜなら聖書は、この世界の殆どの人は皆、この世界が いつ終末を迎えるのか。また、自分の死がいつなのか。また死後、何が起こるのか。さえ...全く知らずに生きているので、周囲の人々にBibleの教える人生と死の意味、行き先や神の御子Jesusの十字架贖罪信仰の救いを、出来る限り 早く、また多くの隣人たちに証し伝えてあげる 重要な使命があると教え説いているからです。あなたが福音宣教しなければ、永遠なる不幸や呪いで消えてしまう人生も出てきてしまうと教え説くのです。傍観者にならぬように祈ります。あなたに自信がなくとも、内なる聖霊は、あなたが福音宣教し続けようと尽力すれば、神の宣教力や聖霊力を与えて下さるのです。 30~34節,この時、主イエスとイエスの弟子たちも、必死になって、神のLOVEレターであるBibleのみことばを証し伝える使命と、隣人を救う愛(永遠の救霊)の福音宣教の使命を 大切に生きていました。このような神の使命に生きようとしてきたクリスチャンや聖霊の助けがあったからこそ、世界中にキリスト誕生祭 クリスマスの恵みや天国行きのチャンスが おなたにも巡ってきたのです。 出エジプト記31:15『人は皆、六日間は仕事をしてもよい。しかし、七日目は、主の聖なる全き休みの安息日である。だから安息の日に仕事をする者は、だれでも、罪を犯す。』 マタイの福音書 28章18~20節 イエスはこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子(クリスチャン)にしてあげなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマ(洗礼)を授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのみことばを守るように、彼らを教えなさい。見よ。そうすれば、わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」 マタイの福音書6:33主イエスは言われた。『だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、あなたのすべての必要は与えられます。』 マルコの福音書10:29~30『イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じるために、また福音を伝えるために、家、兄弟、姉妹、母、父、子、友、仕事、財産を捨てた者で、その百倍の報いを受けない者はありません。」』 ヤコブの手紙2:20『ああ愚かな人よ。あなたは行いのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。』 ヤコブの手紙2:26『たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです。』 ヨハネの福音書8:32主イエスは言われた。『あなたがたは聖書から真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』 あなたの福音宣教の愛と言霊を通して、一人でも多くの魂が 永遠なる救い主、天国行きの確信を得られることを祈ります。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusの教えている 主題をすり替えたり、説得力と聖霊力の乏しい 形式的なご利益宗教者をさせず、Jesusの愛とBibleからの救いの福音を しっかり宣教し続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆の人生に神の偉大なる奇跡や天国行きの確信が満ち溢れ出すからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「