• sgbc-devotion

マルコの福音書6:14~29

2019年6月24日(月) ディボーション聖句 マルコの福音書6:14~29 14イエスの名が知れ渡ったので、ヘロデ王の耳にも入った。人々は、「バプテスマのヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が、彼のうちに働いているのだ」と言っていた。 15別の人々は、「彼はエリヤだ」と言い、さらに別の人々は、「昔の預言者の中のひとりのような預言者だ」と言っていた。 16しかし、ヘロデはうわさを聞いて、「私が首をはねたあのヨハネが生き返ったのだ」と言っていた。 17実は、このヘロデ王が、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、――ヘロデはこの女を妻としていた――人をやってヨハネを捕らえ、牢につないだのであった。 18これは、ヨハネがヘロデに、「あなたが兄弟の妻を自分のものとしていることは不法です」と言い張ったからである。 19ところが、妻ヘロデヤはヨハネを恨み、彼を殺したいと思いながら、果たせないでいた。 20それはヘロデが、ヨハネを正しい聖なる人と知って、彼を恐れ、保護を加えていたからである。また、ヘロデはヨハネの教えを聞くとき、非常に当惑しながらも、喜んで耳を傾けていた。 21ところが、良い機会が訪れた。ヘロデがその誕生日に、重臣や、千人隊長や、ガリラヤのおもだった人などを招いて、祝宴を設けたとき、 22ヘロデヤの娘が入って来て、踊りを踊ったので、ヘロデも列席の人々も喜んだ。そこで王は、この少女に、「何でもほしい物を言いなさい。与えよう」と言った。 23また、「おまえの望む物なら、私の国の半分でも、与えよう」と言って、誓った。 24そこで少女は出て行って、「何を願いましょうか」とその母親に言った。すると母親は、「バプテスマのヨハネの首」と言った。 25そこで少女はすぐに、大急ぎで王の前に行き、こう言って頼んだ。「今すぐに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せていただきとうございます。」 26王は非常に心を痛めたが、自分の誓いもあり、列席の人々の手前もあって、少女の願いを退けることを好まなかった。 27そこで王は、すぐに護衛兵をやって、ヨハネの首を持って来るように命令した。護衛兵は行って、牢の中でヨハネの首をはね、 28その首を盆に載せて持って来て、少女に渡した。少女は、それを母親に渡した。 29ヨハネの弟子たちは、このことを聞いたので、やって来て、遺体を引き取り、墓に納めたのであった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書24:14主イエスは預言された。『神の御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民に証しされるようになり、それから、必ず 終わりの日が来ます。』 14~16節,世界史を紐解くと...世界中にはイエス・キリストのように超常識的な奇跡と預言や偉大な業績を残してきた伝説的な偉人や、神信仰、宗教、哲学などを教え説いてきた有名な学者、知者は数多く存在してきました。しかしBible以外の書物と預言書や、イエスキリスト以外は、どれも揺るがない真理、神の御子、救い主だと言われる世界的権威と説得力を手に入れられ人は皆無と言えるのです。Bible&Jesus信仰の世界的権威と影響力は、約2000年経った 今でも圧倒的な存在感を誇っているのです。Bible&Jesusだけは信じる者たちを 絶対に裏切らないのです。 出エジプト記20:17創造主なる神は命じた。『あなたの隣人の家を欲しがってはならない。すなわち隣人の妻、あるいは、その隣人の使用人、牛、ろば、すべてあなたの隣人のものを、欲しがってはならない。』 マタイの福音書5:32主イエスは言われた。『わたしはあなたがたに言います。だれであっても、不貞以外の理由で妻を離別する者は、夫として罪を犯すだけではなく、妻にも姦淫の罪を犯させるのです。』 14~20節,このようにBibleは、不貞行為(不倫)とは神様が出会わせて一体となった夫婦関係、家庭関係を破壊する重罪だと教え説きます。 あなたは、不倫は、バレなければやっても構わないと思っていませんか? しかし聖書は、不倫を良しとする人はみな、神の祝福や家庭の幸福感を失って、いつか破滅的人生を刈り取ると預言するのです。聖書は不倫は主イエスの十字架による贖罪、悔い改めが必要不可欠だと預言するのです。 尚、私たちの愛する日本においても、西暦1808年~1947年の第二次世界大戦の敗戦前までは、この不貞(不倫)行為による罪は「姦通罪」として、旧刑法に定められて罰せられておりました。日本でも、不貞行為をした妻とその相手の男性は姦通罪として逮捕されて罰せられていたのです。しかし終戦後、アメリカを中心とした連合国軍最高司令官総司令部が日本の姦通罪は、夫の不倫は無罪なのに、正妻だけが裁かれるので、不平等であると指摘をしました。そして、1947年5月3日に施行された日本国憲法の男女平等に違反するとされ、後に廃止になったのです。このように、愛する日本に男女平等が実現してこられたのは、西洋に根付いていたBible&Jesusのみことばの恩恵と真理による影響力にあったのです。 ローマ信徒への手紙2:11『神にはえこひいきなどはないのです。』 14~20節,またBible&Jesusのみことばは、世界中の人種差別や男女差別を撤廃する法律や、平等な社会を作る上で、大きく貢献してきました。Bible&Jesus信仰がなければ、世界中は差別を止められなかったと言っても、過言ではないのです。聖書は、無知ほど愚かな罪はないと教え説きます。これらの歴史的事実や真理を しっかり胸に書き記して、主イエスに感謝、礼拝する気持ちを忘れない意識が大切です。 14~20節,このとき、当時のローマ帝国ユダヤ属州・ガリラヤ地方の領主ヘロデ王は、異母兄弟ピリポの美人妻・ヘロデヤを略奪婚していたのです。尚、当時の不倫と略奪婚とは、ユダヤ国の重罪であり、ユダヤ教の姦淫罪にも当たるために、絶対にしてはならない不法行為のひとつでした。しかしヘロデ王は、彼の父・ヘロデ大王から受け継いだ財力と権力を用いて、誰にも文句を言わせない、腐敗した地方政治をすすめて、略奪婚をしても 悔い改めなかったのでした。 あなたも、家族や神の家族たちを裏切ってしまったのに悔い改めずに、平気で生活したことがありませんか? なぜなら聖書は、家族や神の家族たちを裏切っても、悔い改める気がなければ、神様からの叱責や試練に出会わされると預言するからです。主イエスの十字架贖罪信仰を仰ぎ見つつ、悔い改めることこそが 神のゆるしと更なる祝福につながるからです。 エレミヤ書1:7~8『すると、主なる神は私に仰せられた。「まだ若い、早いと言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべてのみことばを語れ。権力者や周囲の人々の顔を恐れるな。わたしはあなたとともにいるからだ。』 21~29節,しかし神に選ばれし預言者ヨハネは 偽りの権力による暴政に甘んじず、ヘロデ王と、その妻ヘロデヤの不貞による罪、過ちを指摘して、やりたい放題の私生活や悪政を 神と国民たちに謝罪するように語ったために投獄され、無実であるのに、首を跳ねられて殺されたのでした。 マタイの福音書11:11~12主イエスは言われた。『まことに、あなたがたに告げます。女から生まれた者の中で、洗礼者のヨハネよりすぐれた人は、一人も出ませんでした。バプテスマのヨハネの日以来今日まで、天の御国は激しく攻められています。そして、激しく攻める者たちがそれを奪い取っています。』 21~29節,またBible&Jesusは、悪徳ヘロデ王とその妻たちの悪い権力を恐れずに、命懸けで、やるべき使命を果たして 殉教した洗礼者ヨハネは、世界一優れた、偉大な預言者であったと、書いています。預言者ヨハネは、永遠に褒め称えられるべき、伝説の預言者としての名誉を受けて、人生を全うしたのです。偉大な人生を築き、美しい死を成し遂げる時に、何の為に命や人生を賭けてきたかが重要なポイントなのです。聖書は、あなたが何の為に生き、何をすべきか、永遠に報われる幸福人生や美しい死を成し遂げる為に必要な神の知恵の書なのです。 イザヤ書52:13神は約束してくれた。『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くされる。』 そしてBibleは、人生を賭けて、Bible&Jesusの神愛と隣人愛の使命に生きようとする人は皆、永遠に報われる幸福人生や美しい死の時を成し遂げられれと約束するのです。あなたも、誇り高い幸福人生、美しい死のタイミングで人生を終えられると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばから、揺るがない真の夢と人生を賭けて行える神愛と隣人愛の使命を掴んで 全うできるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆、誇り高い幸福人生、美しい死のタイミングで人生を終えられ、永遠なる天国人生が始まれるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「