• sgbc-devotion

マルコの福音書4:1

2019年6月14日(金) ディボーション聖句 マルコの福音書4:1 1イエスはまた湖のほとりで教え始められた。おびただしい数の群衆がみもとに集まった。それでイエスは湖の上の舟に乗り、そこに腰をおろされ、群衆はみな岸べの陸地にいた。 [聖句メッセージ] 本日からマルコの福音書は4章です。 マルコの福音書16:15~18『それから、イエスはこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じて洗礼を受ける者は、必ず救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。わたしを信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいみことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされることがあります。」』 第二テモテの手紙4:2『聖書のみことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。』 1節,このようにBible&Jesusは...神に選ばれて、永遠なる神の救いを受けられるあなたは、すべての人間関係に滞りなく、神の福音(神からのLoveLetter)であるJesusの十字架信仰のみことばを送り届けるようにと命じています。 すなわち、あなたは「父なる神様の存在や、人生と死の意味、真理、その行き先は 一体 どのようであるのか。どうしたら、人は皆、肉体の死後に 自らの霊魂を亡ぼさずに、永遠の天国人生を手に入れられるのか。」あなたは、それらの神の奥義と人生と死の秘密を教え伝える使命を授かった「重要な神の証人」「神の使命請負人」だと教え説くのです。 あなたは、これらの使命を怠っていませんか? エゼキエル書3:19~20神は言われた。『もし、あなたが悪者にみことばの警告を与えても、彼がその悪を悔い改めず、その悪の道から立ち返らないなら、彼は自分の不義のために死ななければならない。しかし、みことばで警告をした あなたは自分のいのちを救うことになる。また、もし正しい人が道を誤った時、あなたがその人にみことばで警告を与えずに黙っていれば、その人は自分の罪のために死に、彼が行った正しい行いも覚えられないのである。そして、わたしは、彼の血の責任をあなたにも問う。』 1節,しかし聖書は...もし、あなたが神の福音(神様からのラブレター)で Jesusの十字架信仰のみことばを送り届ける使命を怠り続ければ、周囲の人々は福音(神の摂理、人生と死の摂理)を知る術がなくなり、永遠の苦しみに陥ってしまうと教え説くのです。永遠なる幸福人生、天国行きの内定を受けられたあなたには重大な責任があると、教え説くのです。自分さえ良ければ、周囲の人々の人生と死後は どうなってもいいなどと考えない方が得策なのです。 しかし聖書は、勿論、あなたに人を救う完全な愛や自信がなくとも、全く問題がないと教え説きます。永遠なる幸福人生、天国行きの内定を受けられたあなたの責任は周囲の人々に福音を宣べ伝えるまでであり、その後は、神様に祈り委ねて、全ての人々を救い導くのは神様がして下さると教え説くからです。あなたは、全ての人々の永遠なる救いを真心から祈りつつ、福音宣教し続ければ良いと教え説くのです。この最低限の使命だけは、しっかり胸に書き記しあいましょう。 また聖書は...もし あなたに、小さくとも本物のJesus信仰と少しの勇気や隣人愛さえ持てるのならば、あなたの内に住む聖霊が、いつか必ず、あなたの代わりに周囲の人々を救い導いてくださるとも約束してくれます。あなたが、本気で周囲の人々を地獄行かせるわけにはいかない、一緒に天国に連れて行き救いたいと願うのならば、内なる聖霊はあなたに人を救い導く聖霊力を授けて下さると約束するのです。神に選ばれたこととその使命を自覚し合って、本気で 祈り備えましょう。この使命さえ、しっかり自覚して生き続ければ、永遠に、何をしても報われるからです。 マタイの福音書4:23~25『イエスはガリラヤ全土を巡って、毎日、会堂で教え、神の御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病気、あらゆるわずらいを直された。イエスのうわさはシリヤ全体に広まった。それで人々は、さまざまな病気や痛みに苦しむ病人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人などをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らをいやされた。』 1節,またBible&Jesusは、神に選ばれし あなたは、人生の悩みや問題を抱えている人々や、現代医学では癒せない原因不明の病、不治の病、様々な依存症とオカルト的なことに捕らわれている人々や精神疾患の人々のために祈ってあげたり、聖書のみことばで励ましたり、それら全ての人々を癒して救うために、神のカラダなる教会に導かれたと教え説きます。神様は、あなたにも、これらの使命を行わせて天に宝を積ませ、永遠なる恩恵を振り分けられる為にも、教会に導かれたと教え説くのです。神様が導かれた教会の仲間たちと、これらの使命のために祈り尽力し続ければ、神の奇跡に満たされると預言するのです。 第一テモテの手紙3:15『神の住まわれる家とは、生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。』 エペソの手紙1:22~23『また、神は、いっさいのものをイエスキリストの足の下に従わせ、いっさいのものの上に立つかしらであるイエスキリストを、教会にお与えになりました。教会はイエスキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。』 1節,またBibleは...「教会」とは、目に見えなくとも、神の聖霊の住まわれる、この世で一番清い集まりであり、教会に集められた仲間たちが 心一つで礼拝祈祷し続けるのならば、神の一切の奇跡や癒しが起こり得る、本物の「神の家」になり変わると教え説きます。神様があなたを導いた主イエスの教会には、神の無限なる可能性が満ちていると預言するのです。近い将来、あなたも、あなたが繋がってきた教会の礼拝祈祷を通して、神の奇跡的な御業と癒しが与えられると期待します。Jesusの教会に奇跡はつき物だからです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、イエスのように、いつも、そして 誰にでも、神の福音(神様からのLoveLetter)を送り届けられるように、本気で準備させてあげて下さい。また一人一人が、神の住む家である「教会」にしっかり繋がって、神の家族たちと心一つに祈れるように助け導いて下さい。 そうすれば、Jesusの教会を通して、皆に必要な神の奇跡的な御業や癒しが任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「