• sgbc-devotion

マルコの福音書3:28~35

2019年6月13日(木) ディボーション聖句 マルコの福音書3:28~35 28まことに、あなたがたに告げます。人はその犯すどんな罪も赦していただけます。また、神をけがすことを言っても、それはみな赦していただけます。 29しかし、聖霊をけがす者はだれでも、永遠に赦されず、とこしえの罪に定められます。」 30このように言われたのは、彼らが、「イエスは、汚れた霊につかれている」と言っていたからである。 31さて、イエスの母と兄弟たちが来て、外に立っていて、人をやり、イエスを呼ばせた。 32大ぜいの人がイエスを囲んですわっていたが、「ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、外であなたをたずねています」と言った。 33すると、イエスは彼らに答えて言われた。「わたしの母とはだれのことですか。また、兄弟たちとはだれのことですか。」 34そして、自分の回りにすわっている人たちを見回して言われた。「ご覧なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。 35神のみこころを行う人はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」』 [聖句メッセージ] 本日でマルコの福音書3章は終わりです。 ローマ信徒への手紙8:1~2『こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。』 28節,このようにBibleは、もし、あなたが主イエスの十字架上での贖罪の死が あなたの罪、咎、過ちを贖って救うためだと信じようとするのならば、あなたのすべての罪や過ちは父なる神様にゆるされ、永遠に報われる幸福人生、天国の道が切り開かれると約束してくれます。 ヨハネの福音書14:1~3主イエスは約束した。『「あなたがたは何があっても、心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。わたしの父なる神の家には、住まいがたくさんあります。もしなかったら、あなたがたに言っておいたでしょう。あなたがたのために、わたしはその場所を備えに行くのです。わたしが行って、あなたがたに場所を備えたら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしのいる所に、あなたがたをも永遠におらせるためです。』 28節,聖書は、もし、あなたが神の御子で、神の救い主イエスの十字架贖罪信仰による 神の愛を信じる純粋な心と、子どものような永遠の天国行きの夢や希望を抱けるのなら、また、聖書から素直に祈り悔い改め続ければ、あなたは死んでも生きられて 天国の住まいが与えられると約束するのです。主イエスの十字架贖罪信仰とそのみことばは、あなたの人生を いつも弁護してくれて、死後の行く先をはっきりさせ、永遠に救い導ける道しるべ、何があっても恐れる必要はないと教え説くのです。あなたの心霊に与えられる、何があっても動じない、永遠のHolySpiritと聖書の言霊力に期待します。 ヨハネの福音書14:6『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。』 第一コリントの手紙3:23『そして、あなたがたは主イエスキリストのものであり、キリストは神のものです。』 29~30節,またBibleは、人は皆、たとえ 昨日までが、どんな極悪人であっても、自らの人生での罪悪や過ちを素直に認めて、主イエスの十字架贖罪信仰を祈り求め続けるのなら、何をしても神様からはゆるされる可能性があり、しかし神の御子イエスの十字架贖罪を拒み、みことばの聖霊力に敵対し続けるのならば、その人は自らの人生の責任を永遠に負わされることになり、永遠の幸福人生、天国行きののチャンスを取り逃すことになると預言するのです。信じるか、信じられないかはあなた次第。しかし、今や世界一影響力と権威のある、Bible&Jesusのみことばを軽んじる、永遠を賭けたギャンブルだけは避けるべきなのです。 ヨハネの福音書15:12~14主イエスは言われた。『わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの戒めです。人がその友のためにいのちを捨てるという、これよりも大きな愛はだれも持っていません。わたしがあなたがたに命じるみことばを あなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。わたしはもはや、あなたがたを神のしもべとは呼びません。』 ローマ信徒への手紙12:11『聖書はこう言っています。「イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』 31~35節,またこの時の主イエスは自分の肉親と言えども、神のみことばに反抗する家族たちを 全くの他人のように冷たくあしらいました。そして家族が悔い改めることを 切に祈っていたのです。 そして聖書で、主イエスは肉親の家族と言えども特別扱いし過ぎてはならず、真理から外れるのなら悔い改めるように厳しく促すように教え説きます。それこそが 家族の人生を救い導く、まことの愛だと教え説くのです。 またイエスは、見ず知らずの極悪人であったとしても、自らの人生の罪や非を素直に認めて、主イエスの十字架贖罪信仰のみことばで悔い改めるのならば、その極悪人さえも、肉親のような家族愛を施して救い導くと約束されました。主イエスを信じる人は皆、差別なく、誰でも「神の子」「神の家族」「主イエスの親友」として取り扱かわれ、永遠に救われるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばに対して、知ったかぶりや敵対視させず、常に幼児のように受け入れられる素直な心霊'HolySpirit'や聖書信仰力を与えて助け導いて下さい。 そうすれば 皆、何をしても神様からゆるされて、永遠の「神の子」「主イエスの親友」として生き続けられ、永遠に報われる幸福人生を築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.