• sgbc-devotion

マルコの福音書3:13~19

2019年6月11日(火) ディボーション聖句 マルコの福音書3:13~19 13さて、イエスは山に登り、ご自身のお望みになる者たちを呼び寄せられたので、彼らはみもとに来た。 14そこでイエスは十二弟子を任命された。それは、彼らを身近に置き、また彼らを遣わして福音を宣べさせ、 15悪霊を追い出す権威を持たせるためであった。 16こうして、イエスは十二弟子を任命された。そして、シモンにはペテロという名をつけ、 17ゼベダイの子ヤコブとヤコブの兄弟ヨハネ、このふたりにはボアネルゲ、すなわち、雷の子という名をつけられた。 18次に、アンデレ、ピリポ、バルトロマイ、マタイ、トマス、アルパヨの子ヤコブ、タダイ、熱心党員シモン、 19イスカリオテ・ユダ。このユダが、イエスを裏切ったのである。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マタイの福音書5:44主イエスは命じた。『わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。』 マタイの福音書17:21主イエスは言われた。『ただし、この種の悪霊は、祈りと断食によらなければ出て行きません。』 マルコの福音書14:38『誘惑に陥らないように、目をさまして、祈り続けなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。』 エペソの手紙6:18『すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい。』 13~19節,このようにBible&Jesusは、あなたが いつどんな時でも、神の特別な援軍と奇跡や幸運を頂きながら、すべてのことをプラスに転じさせたいのならば、絶えず祈る生活を確立するしかないと教え説きます。主イエスのお名前で祈りつつ、礼拝奉仕し続けるあなたには、必要以上な見えない敵の攻撃や災いは手を出せなくなると約束するのです。主イエスへの祈りや天に宝を積む教会礼拝奉仕生活とは神様との絶対的なLIFEラインであり、何よりの人生の武器だと教え説いているのです。 あなたは、主イエスのお名前で祈りつつ、天に宝を積める礼拝奉仕生活を 確立していますか? なぜなら聖書は、主イエスのお名前で祈りつつ礼拝奉仕し続ける者は皆、必ず、特別に報われると約束するからです。 マタイの福音書6:5~6主イエスは言われた。『また、祈るときには、偽善者たちのようであってはいけません。彼らは、人に見られたくて会堂や通りの四つ角に立って祈るのが好きだからです。まことに、あなたがたに告げます。彼らはすでに自分の報いを受け取っているのです。あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋に入りなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。』 13~19節,このように主イエスは、いつも数多くの人々に福音宣教や愛の奉仕生活をしていたので、しっかりとした 神の御声を聞きたい時や神の奇跡を引き出す際には、わざわざ、ひとり寂しい所に行かれて一人で集中して祈っていました。祈りとは、あなたの一方的な言葉だけではなく、神との集中した霊的対話、黙想でもあるのです。時には、一人静かな場所に行き、心の内に住む聖霊の御声に心の耳を傾ける、霊的集中力が、神の不思議な御声や奇跡を引き出す術だと教え説くのです。しっかり 胸に書き記して、時には、一人静かな場所に行き、心の内に住む聖霊の御声に心の耳を傾ける霊的集中力を働かせて下さい。あなたに与えられる、神の不思議な応答に期待します。 13~19節,この時も、主イエスは神に選ばれし12弟子たちを祈り求める時も、一人だけで山に登り、集中して祈られ、内なる聖霊の御声をキャッチしました。そして主イエスは12人の弟子の名前を確信したのです。尚、その中にはイエスを裏切るイスカリオテのユダも含まれていました。しかし 主イエスは、神の深いご計画や聖書の預言を信頼していたので、ユダがご自分を裏切ることを知っていながらも、わざわざ彼を弟子として選ばれたのです。このように聖書は、あなたの人生を幸福にできる神からの祈りの応答と、自分の願いとは異なることが多々あると教え説きます。私たち人間のいっときの願望が人生を不幸に貶めることが多々あり、私たちのやりたくない事柄が私たちの未来を幸福にする出来事になり得ると教え説くのです。神様からの幸せになる為の応答を得るには、ただただ 自らの心を無欲にして、内なる神の御声と聖霊からのインスピレーションを探り取ることが重要となるのです。そして主イエスも聖霊のインスピレーション通りに、裏切り者のユダを選んだ為、結果、主イエスは十字架上につけられ、世界人類の身代わりの贖罪の死を全うできたのです。裏切り者のユダを選ばなければ、世界人類への主イエスの十字架贖罪の死は成し遂げられなかったからです。 第一サムエル記7:5『預言者サムエルは言った。「神の選民のイスラエル人をみな、ミツパに集めなさい。私はあなたがたのために主に祈りましょう。」』 使徒の働き12:5『使徒ペテロは牢に閉じ込められていた。しかし、教会が彼のために、熱心に祈り続けていると、ペテロは牢獄から奇跡的に出られた。』 13~19節,またBibleは、神の永遠なる家族たちとなる教会の仲間たちが 心を一つに祈れれば、どんな奇跡さえも起こり得ると預言します。大切な祈祷課題が生じたのなら、また神の奇跡が必要ならば、教会に集まって神の家族たちと結束して祈り合うことも重要なのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たして 心を無欲にさせて、神からの祈りの応答を 聞き取れる空間と集中力を与えてください。また、神様が教会に集めた神の家族たちと結束して、祈れるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の敵と災いは遠のき、永遠に満たされた幸福人生に必要な神の奇跡を引き出せるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.