• sgbc-devotion

マルコの福音書2:1~12

2019年6月5日(水) ディボーション聖句 マルコの福音書2:1~12 1数日たって、イエスがカペナウムにまた来られると、家におられることが知れ渡った。 2それで多くの人が集まったため、戸口のところまですきまもないほどになった。この人たちに、イエスはみことばを話しておられた。 3そのとき、ひとりの中風の人が四人の人にかつがれて、みもとに連れて来られた。 4群衆のためにイエスに近づくことができなかったので、その人々はイエスのおられるあたりの屋根をはがし、穴をあけて、中風の人を寝かせたままその床をつり降ろした。 5イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。あなたの罪は赦されました」と言われた。 6ところが、その場に律法学者が数人すわっていて、心の中で理屈を言った。 7「この人は、なぜ、あんなことを言うのか。神をけがしているのだ。神おひとりのほか、だれが罪を赦すことができよう。」 8彼らが心の中でこのように理屈を言っているのを、イエスはすぐにご自分の霊で見抜いて、こう言われた。「なぜ、あなたがたは心の中でそんな理屈を言っているのか。 9中風の人に、『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて、寝床をたたんで歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。 10人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言ってから、中風の人に、 11「あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。 12すると彼は起き上がり、すぐに床を取り上げて、みなの見ている前を出て行った。それでみなの者がすっかり驚いて、「こういうことは、かつて見たことがない」と言って神をあがめた。 [聖句メッセージ] 本日からマルコの福音書は2章です。 使徒の働き2:42~47『信徒たちは、使徒たちの教えを堅く守り、いつも交わりをし、パンを裂き、共に祈りをしていた。そして、一同の心に恐れが生じ、使徒たちによって多くの不思議としるしが行われた。信者となった者たちはみないっしょに住み、いっさいの物を共有にしていた。そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家では喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を彼らの仲間に加えてくださった。』 1節,このようにBibleは、父なる神様に選ばれた信徒たちとは、単なる宗教的な繋がりではなく、共に生活の苦楽を分かち合い、心一つに祈り助け合う為の「永遠なる神の家族」「人生の戦友」だと教え説きます。 あなたは、神様が導いた教会にいる神の家族たちとは、死んでも永遠に繋がり合う神の家族、人生の戦友であったことをご存知でしたか? なぜなら聖書は、永遠なる神の家族関係を築こうとしない愛に冷えた人々に神の偉大なる報いはあり得ず、あなたの大切な人たちを救い導くことさえも困難だと預言するからです。聖書は、目に見える教会の神の家族たちを愛そうとしない人々に、目に見えない神様を愛せないと預言するのです。目を醒まして、神の家族愛を築きあいましょう。あなたの教会のJesusFamily関係に現れる、奇跡さえも引き起こせる 神の愛力と結束力に期待します。 1節,主イエスといえども、教会の神の家族たちと「カペナウム」という町で、わざわざ、同じ家を借りて、共同生活をしながら神の家族愛と絆を深め、神の大いなる奇跡力や聖霊力を養っていたのでした。 2~5節『中風』とは、脳血管障害による後遺症などの半身不随、言語障害、手足の麻痺などを指す言葉。 ルカの福音書6:19『群衆のだれもが何とかしてイエスにさわろうとしていた。なぜなら、神の大きな力がイエスから出て、すべての人をいやしたからである。』 2~5節,歴史的に見ると、主イエスが築いた教会とそのクリスチャンたちは、数多くの不治の病や、手の施しようのない精神病の人々を癒してきたので、こうして世界中にキリスト教は広まってきたことが分かります。Bible&Jesusの教えている神様は、全世界人類の癒し主。癒し主Jesusを信じて祈り続ける人は皆、神の奇跡的な癒しのチャンスに恵まれるのです。 2~5節, この時も、四人のクリスチャンたちは半身麻痺の友人を担いで、癒し主イエスのみもとに連れてきました。聖書は...あなたにも、病の人々を 主イエスの十字架の福音とその教会に繋ぎ合わせて 癒して救い導く使命があると教え説きます。主イエスの十字架信仰とその教会内には、神の聖霊の不思議な治癒力が任されているからです。 出エジプト記9:15~16神は言われた。『わたしが今、手を伸ばして、不信仰なあなたとあなたの民を疫病で打つなら、あなたがたは地から消し去られる。それにもかかわらず、わたしは、わたしの力をあなたに示すために、あなたを癒して立てておく。それは、わたしの名を全地に告げ知らせるためである。』 5~12節,このようにBibleは人間の原因不明の病は、時に、その病人の過去の行動と思考の罪悪の因果応報で起こり得ると教え説きます。ですから主イエスは、この時、以下のみことばを言われました。『子よ。あなたの罪はゆるされた。』このように 主イエスが中風の人に、「あなたの罪悪を 今、神様は許しました。だから、癒される」と宣言したのでした。すると、その下半身麻痺の病人はその場で癒されたのでした。 マタイの福音書28:18『イエスは近づいて来て、こう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が父なる神様から与えられています。」』 5~12節,このようにBibleは、天地万物と世界人類の裁き主である神様の御子イエスは、父なる神様から、唯一 全世界人類の一人一人の罪悪や過ちをゆるす権威と、すべての病を癒す権能を任されていると教え説きます。聖書は主イエスの十字架贖罪信仰にすがる あなたのすべての罪悪や過ちはゆるされ、祈り悔い改め続けるならば、あなたの諸問題や病は、必ず、良い方向に導びかれると、約束してくれるのです。 あなたの人生に現れる、主イエスの奇跡的や癒しと救いに期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、神の家族たちと揺るがない信頼&友愛関係を築かせ、周囲の病人の為に祈り続けられるように導いて下さい。 そうすれば 皆の人生にも、神の奇跡的な癒しや救いが現れ出すからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「