• sgbc-devotion

マルコの福音書1:12~20

2019年6月2日(日) ディボーション聖句 マルコの福音書1:12~20 12そしてすぐ、御霊はイエスを荒野に追いやられた。 13イエスは四十日間荒野にいて、サタンの誘惑を受けられた。野の獣とともにおられたが、神の御使いたちがイエスに仕えていた。 14ヨハネが捕らえられて後、イエスはガリラヤに行き、神の福音を宣べて言われた。 15「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」 16ガリラヤ湖のほとりを通られると、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師であった。 17イエスは彼らに言われた。「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう。」 18すると、すぐに、彼らは網を捨て置いて従った。 19また少し行かれると、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネをご覧になった。彼らも舟の中で網を繕っていた。 20すぐに、イエスがお呼びになった。すると彼らは父ゼベダイを雇い人たちといっしょに舟に残して、イエスについて行った。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 第一ヨハネの手紙5:19『私たちは神からの者であり、この世界全体は悪霊と悪い者の支配下にあることを知っています。』 12~13節,このようにBibleは...この世界全体は、見えずとも悪い霊の支配下にあるので、この世界から争い、差別、偽りや不条理はなくならず、人は皆、人生で一番大切な愛心や健全な良心を育める信仰心よりも 自分勝手な欲望、プライド意識、怒り、憎しみ、恐れ、嫉妬心を握りしめて離せないと教え説きます。その結果、この社会は必要以上の競争、格差と差別意識が満ちており、家庭崩壊や冷めた友情関係が生じてしまうと教え説くのです。聖書は、目に見えない悪霊、サタンは人間の自分勝手な罪悪性、不信仰の隙間に入り込み、人命と人心を尊ぶ隣人愛よりも、自らの欲望と便利さと暮らし向きの自慢に走らせるため、不条理な虚しい社会形成を強いられており、イジメ、殺人、餓死者たちも、後を絶えないと教え説くのです。 マタイの福音書10:7~8主イエスは命じた。『あなたがたは出て行って、「天の御国が近づいた」と福音を宣べ伝えなさい。そして病人や死人のために祈り、悪霊を追い出しなさい。』 13~15節,そして聖書は、神に選ばれしあなたは見えない敵、悪霊、サタンに支配されている人々が目を覚まして救われるように祈りつつ、聖書か、人生で何よりも大切な愛と真理や福音を教え伝える使命が、神様から任されたと教え説くのです。 マタイの福音書4:1~11『さて、イエスは、悪魔の試みを受けるため、御霊に導かれて荒野に上って行かれた。そして、四十日四十夜断食したあとで、空腹を覚えられた。すると、試みる者が近づいて来て言った。「あなたが神の子なら、この石がパンになるように、命じなさい。」イエスは答えて言われた。「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』と書いてある。」すると、悪魔はイエスを聖なる都に連れて行き、神殿の頂に立たせて、言った。「あなたが神の子なら、下に身を投げてみなさい。『神は御使いたちに命じて、その手にあなたをささえさせ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにされる』と書いてありますから。」イエスは言われた。「『あなたの神である主を試みてはならない』とも書いてある。」今度は悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。』 13~15節,この時、主イエスは聖書のみことば通りに、洗礼者ヨハネから洗礼を受けると、その直後、何もない荒野に行って、40日間断食祈祷をすることで、すべての欲望と煩悩から開放されて聖霊力に満ち溢れると、この世の見えない支配者・悪霊が見え聞こえするほどに霊感に研ぎ澄まされまていきました。聖書は、神愛と隣人愛を大切に祈り、聖書から人生と死の意味、真理や使命を悟るようになると、目に見えない霊感が研ぎ澄まされていくと預言します。 あなたは、永遠に報われる幸福人生に必要な生きる意味、使命、インスピレーションが研ぎ澄まされていますか? なぜなら聖書は、神礼拝と聖書のみことばを大切に生き続ける人は皆、永遠に報われる幸福人生に必要なインスピレーションが開花していくと預言するからです。 マタイの福音書17:21『この種の悪霊の働きは、祈りと断食によらなければ打ち勝てません。』 13~15節,このように聖書は、どうしても祈りと願いを叶えたい時や、見えない敵、悪霊や悪運に打ち勝つ必要がある時は、断食しながら祈りに集中すれば、大きな効果が得られると教え説きます。 13~15節,この時、断食祈祷をしていたイエスも、Bibleのみことば力と内なる聖霊力が開花していったため、目に見えない敵・悪霊、サタンの策略に気づいて、楽勝で打ち勝てたのです。信じるか、聞き流すかは あなた次第です。しかしBible&Jesusは、あなたの見えない敵・悪霊、サタンは存在しており、見えない敵はあなたの幸福と天国行きを破滅させようと狙っていると教え説くのです。聖書のみことばと教会礼拝奉仕を大切に生きることで霊の目を醒まし、神の絶対的な武器であるみことばと祈祷力を引き出さなければ、見えない敵、悪霊、サタン、悪運を退けることは皆無だと預言するのです。目を覚ましあいましょう。 第一テサロニケの手紙1:4『神に愛されている兄弟姉妹たち。あなたがたが神に選ばれた者であることは私たちが知っています。』 16~20節,また聖書は...12弟子たちのように、Bible&Jesusのみことばを読む機会が与えられたあなたは、間違いなく、神に選ばれし人だと教え説きます。そして聖書は、神に選ばれて救われる人たちは、聖書のみことばと教会礼拝奉仕さえ、大切に生き続ければ、永遠に報われると約束するのです。 イザヤ書43:4~5神は言われた。『わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。だからわたしは人の子をあなたの代わりにし、国民をあなたのいのちの代わりにするのだ。恐れるな。わたしは、あなたとともにいるからだ。』 16~20節,このように聖書は...あなたは、神様に 特別に選ばれた高価な人だと教え説きます。そして聖書は、これらの自分の価値と神に任された偉大な使命に気づいて、一人でも多くの人々のために祈りつつ、聖書からの福音や真理を伝えて、救い導いてあげ続ければ、あなたの人生と死後に必要な全ての糧や奇跡は任されると約束しているのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、それぞれが 見えない敵、悪霊、サタン、悪運に打ち勝てるよう、聖書のみことばの正しい解釈力と祈りの時間や教会礼拝奉仕を大切に生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆の人生から見えない敵、悪霊、サタンは退けられ、永遠に報われる幸福人生が任されるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.