• sgbc-devotion

マタイの福音書23:11~22

2019年5月7日(火) ディボーション聖句 マタイの福音書23:11~22 11あなたがたのうちの一番偉大な者は、あなたがたに仕える人でなければなりません。 12だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。 13わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは人々から天の御国をさえぎっているのです。自分も入らず、入ろうとしている人々をも入らせません。 14〔わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちはやもめの家を食いつぶし、見えのために長い祈りをしています。だから、おまえたちは人一倍ひどい罰を受けます。〕 15わざわいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは改宗者をひとりつくるのに、海と陸とを飛び回り、改宗者ができると、彼を自分より倍も悪いゲヘナの子にするのです。 16わざわいだ。目の見えぬ手引きども。おまえたちは言う。『だれでも、神殿をさして誓ったのなら、何でもない。しかし、神殿の黄金をさして誓ったら、その誓いを果たさなければならない。』 17愚かで、目の見えぬ者たち。黄金と、黄金を聖いものにする神殿と、どちらがたいせつなのか。 18また、言う。『だれでも、祭壇をさして誓ったのなら、何でもない。しかし、祭壇の上の供え物をさして誓ったら、その誓いを果たさなければならない。』 19目の見えぬ者たち。供え物と、その供え物を聖いものにする祭壇と、どちらがたいせつなのか。 20だから、祭壇をさして誓う者は、祭壇をも、その上のすべての物をもさして誓っているのです。 21また、神殿をさして誓う者は、神殿をも、その中に住まわれる方をもさして誓っているのです。 22天をさして誓う者は、神の御座とそこに座しておられる方をさして誓うのです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 ルカの福音書12:18主イエスは言われた。『すべて、神様から多く与えられた者は多く求められ、神様に多く任された者は多く要求されます。』 11節,このようにBibleは、神様から健康な肉体を与えられた人は、病人や社会的弱者たちを助ける使命があり、何か秀でた才能を与えられた人は社会貢献と神の御心にかなう平和のために尽力するためでもあり、数多くの富を任された人は神の国拡大や福音宣教の為と、貧困者を救済するためでもあり、この世の知者や神の知恵(みことば)に長けた人は、隣人に対してまことの真理と信仰や愛の大切さを教育するためにあり、地獄行きをまぬがれた神の子たちはJesusの十字架贖罪信仰を宣べ伝える使命があると、教え説きます。 あなたは、これらの使命を 祈りつつ 果たそうとしていますか? なぜなら聖書は、以上の神に与えられた恵みと才能の意図を 祈りつつ、実践し続ける者たちだけが、永遠に報われる幸福人生が任されると教え説くからです。しっかり 胸に書き記すことです。Bibleは、全ての神の恵みと才能や幸運の神の意図は、自分の為だけの富、名声、名誉や快楽を得るためだけではなく、神と人に仕える愛のためにあると、教え説いているのです。 マタイの福音書20:25~28『イエスは弟子(クリスチャン)を呼び寄せて、言われた。「あなたがたも知っているとおり、神を知らない異邦人の支配者たちは人々を支配し、偉い人たちは人々の上に権力をふるいます。あなたがたの間では、そうではありません。あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、みなに仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべになりなさい。人の子イエスが来たのが、人に仕えられるためではなく、かえって、人に仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。」』 11~12節,またBibleは、この世界の神の恵みと才能豊かな人々は、人生で何より大切な人心、人命、隣人愛や純粋な良心を育める神信仰よりも、自分本位の富、名誉、名声や快楽を追い掛けて愛し過ぎているので、いつの時代も不条理や差別が尽きないと教え説きます。 しかし世界人類に永遠に報われる幸福人生を教え諭された、神の御子で、救世主イエスは、裁き主である神の御子であったので不可能を可能にする聖霊力や、何もかも手に入れられる権利と資格も持っていましたが、全ての富、権力、名誉を放棄して、無償で、人を救う愛のしもべとして徹底して生きたのです。これが神の教えるまことのリーダー、サーバントリーダーシップであり、これが聖書の教える神愛と隣人愛に満ちた真のリーダーの在り方なのです。聖書は、Jesusを目指して 生き続ける人は皆、永遠に報われると約束したのです。しっかり 胸に書き記しあいましょう。 13~15節,また聖書は...幼い時から敬虔で、優秀でもあったパリサイ人たちの多くは、神ののみことばの知恵や法律などを 完全に守らなければ、人は皆、死後 神様に裁かれ、永遠に滅ぼされると教え説きながら、自分たちは嘘と偽りに満ちた二重生活を送っていたと教え説きます。彼らは多くの信徒たちから尊敬されて、先生と呼ばれていましたが、内状は地味な礼拝奉仕や人を救い導く為の福音宣教などの愛の使命を怠っており、うわべだけ、義人のフリをしていた偽善者たちでした。 あなたは、主イエスに叱責されたパリサイ人たちのように、自分はしっかり生きていると公言したり、口先では信仰があるとか話しているのに、神愛と隣人愛の使命を ないがしろにして、地味な礼拝奉仕や人を救い導く為の福音宣教などの愛の使命を後回しにしたり、人任せにする偽善者になる傾向がありませんか? なぜなら主イエスは、そのような人たちを 偽善者と呼び、悔い改めを促したからです。口先だけとならぬよう、気をつけあいましょう。 また主イエスは、人は皆、神のみことばを完全に守れなくても、自らの人生の罪悪と非や足りなさを素直に告白して、主イエスの贖罪信仰にすがって悔い改め続ける気さえあるのなら、神様と和解できて救われると約束してくれました。Jesusの十字架贖罪を信じて 今日から悔い改めれば、誰でも、永遠の道が開かれると約束するのです。あなた次第なのです。 13~15節,また聖書は...わたしはJesusのみことばと聖霊様から深い愛と信仰の恵みを数多く受けていると 人前で証ししておきながら、周囲の人々に福音を宣べ伝える 神の通り良き管の使命を怠りつづければ、パリサイ人たちのような偽善者に陥りやすいと預言します。聖書は、もし あなたにも 永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡と報いが必要ならば、パリサイ人たちのように神愛と隣人愛の使命である福音宣教や天に宝を積む地味な奉仕を怠ってはならないと教え説くのです。目を覚ましあいましょう。本気で、Bible&Jesusのみことばと向き合って、祈り備えれば良いだけです。あなたにできなくとも 内なるHolySpiritにはそれらができるからです。 レビ記19:12神は命じた。『あなたがたは、わたしの名によって、偽って誓ってはならない。あなたの神の御名を汚してはならない。わたしは主である。』 ホセア書10:2 神は言われた。『彼らの心は二心だ。今、彼らはその刑罰を受けなければならない。主は彼らの祭壇をこわし、彼らの石の柱を砕かれる。』 16~22節,またBibleは、むやみ、やたらに神の名前を呼んで誓ったり、守る気もないのに他人と約束したり、いい加減な「アーメン」を言ってもならないと忠告します。なぜならBible&Jesusは...あなたの主なる神様は、何よりも二心を忌み嫌うお方であり、人のする誓いと約束や「アーメン」の言葉を破り続ける人には、神の奇跡と百倍の報いを取り除かれると預言するからです。神への誓いと祈りや人への約束は、真心から果たすつもりでするべきなのです。誓願、約束、祈りのアーメン通りに、悔い改め続けましょう。 あなたも、みことば通りに深く悔い改めて、永遠に報われる幸福人生に必要な神の奇跡や恩恵を獲得できると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、それぞれが神から与えられた恵みと才能の意図を深く悟り、神のご意志を しっかり行えるように悔い改めさせて下さい。 そうすれば 皆、主イエスのような真のリーダーシップを発揮でき、永遠に報われる幸福人生に必要な祈りの奇跡を 数多く獲得できるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「