• sgbc-devotion

マタイの福音書16::13~20

2019年4月11日(木) ディボーション聖句 マタイの福音書16::13~20 13さて、ピリポ・カイザリヤの地方に行かれたとき、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々は人の子をだれだと言っていますか。」 14彼らは言った。「バプテスマのヨハネだと言う人もあり、エリヤだと言う人もあります。またほかの人たちはエレミヤだとか、また預言者のひとりだとも言っています。」 15イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」 16シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」 17するとイエスは、彼に答えて言われた。「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。 18ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス(地獄)の門もそれには打ち勝てません。 19わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」 20そのとき、イエスは、ご自分がキリストであることをだれにも言ってはならない、と弟子たちを戒められた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 13節『ピリポ・カイザリヤ』とは、現在のイスラエル国のパニアスという町。この町は、イスラエル国のヘルモン山の高台に位置した町であり、旧約聖書時代のバアル・ガドやバアル・ヘルモンと同じ場所であったと考えられています。 尚 これらの町は、住民たちが自分勝手な山の神伝説(バアルの神)を造って拝んだ為に、まことの創造主なる神様に忌み嫌われた町だったと、Bibleは教え説いています。 あなたは、これらの町の人々のように、まことの創造主なる神様を拝んでしまう大罪や過ちを犯したことがありませんか? 申命記8:20~21まことの神は言われた。『あなたが万一、あなたの神、創造主を忘れ、人が造ったほかの神々に従い、これらに仕え、これらを拝むようなことがあれば、きょう、わたしはあなたがたに警告する。あなたがたは必ず滅びる。主があなたがたの前で滅ぼされる国々のように、あなたがたも滅びる。あなたがたがあなたがたの神、主の御声に聞き従わないからである。』 13節,またBibleは、世界人類の創造主なる神様は人間を皆、祈りまた礼拝するために造られたと教え説きます。ですから、多くの人々は困った時や、自然界と人生の素晴らしさと怖さを体験すると、それぞれが自分勝手な都合の良い神々を造ったり、またそれを拝みたがる過ちと大罪を犯しやすいと教え説くのです。聖書は、まことの創造主なる神様以外を 神のように崇めて、拝んだり、祈れば、本物の神様に忌み嫌われると教え説くのです。 出エジプト記20:5~6創造主なる神は言われた。『他のものを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、わたしを愛し、わたしのみことばの命令を守る者には、恵みを1000代にまで施すからである。』 13節,またBibleは、本物の創造主なる神様以外を拝み続ける人は、まことの神様に忌み嫌われ、結果、本物の神様を敵に回してしまうと教え説きます。また聖書は目に見える素晴らしい自然や人が作り出した立派な建造物などには、天地万物の創造主なる神様はスケールが大き過ぎて、宿るわけがないという常識を教え説いてのです。有名なパワースポットなど、むやみに拝まないように気をつけあいましょう。聖書は知ったかぶりして拝めば、永遠なる悪運や呪いを招くことになると預言するからです。世界人類で最高権威のある霊的書物である聖書に耳を傾けて、確信のない者を やたらと拝まないことが大切なのです。 14節『バプテスマのヨハネ』とは 人が神と和解する為に、また永遠の助け主・聖霊を受けられる「洗礼式」を 最初に授けた神に選ばれし偉大な預言者でした。 14節この『エリヤ』は、Jesus信仰者だけでなく、ユダヤ教とイスラム教の人たちからも、十戒のモーセと並ぶほどに尊敬されている、偉大な神の預言者の名です。このエリヤは神に選ばれた運命を 厳粛に受け入れ、ただ、みことばに人生を捧げて生きたので、数多くの神の預言や奇跡を起こせた人物でした。またBibleは、もし、あなたが 神に選ばれて救われたことを 厳粛に受け留めて、人生をみことばに託して生き続けるのならば、エリヤのように神の感度的な奇跡や百倍の報いを受けられると、約束しています。聖書のみことばに人生の未来や運命を託せる人は皆、必ず永遠に報われ続けるのです。 ヨハネの福音書8:42~43『イエスは言われた。「神がもしあなたがたの父なる神であるなら、あなたがたはわたしを愛するはずです。なぜなら、わたしは神から出て来てここにいるからです。わたしは自分で来たのではなく、神がわたしを遣わしたのです。あなたがたは、なぜわたしの話しているみことばがわからないのでしょう。それは、あなたがたがわたしのみことばに耳を傾けることができないからです。あなたがたは、あなたがたの支配者である悪魔に捕らわれた者であって、あなたがたの支配者の欲望を成し遂げたいと願ってしまっているのです。悪魔は初めから貪欲で、滅び行く人々に無関心であり、真理に立ってはいません。彼のうちには真理と愛がないからです。彼らがことばを話すときは、自分にふさわしい話し方をしているのです。なぜなら彼は偽り者であり、真理を知らないからです。』 ヨハネの福音書14:6『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神のみもとに来ることはありません。」』 15~16節,そしてBibleは...創造主なる神様や隣人の不幸や滅びに無関心な自分勝手な性質を持つ人々は、主イエスの十字架の贖罪信仰がなければ、父なる神様と和解などあり得ないと教え説きます。世界常識ですが...どんな国でも、その国の法律に基づいた許可がおりなければ、誰も入国が出来ません。Bibleは、それと同じように、神の国「天国」への入国も、神の国の律法書「聖書」にのっとって、入国検査があると教え説くのです。主イエスの十字架贖罪信仰とは、あなたと父なる神様との和解の為であり、唯一、地獄行きの死を免れて、天国への道作りのためにもあるのです。主イエスの十字架贖罪信仰を持つだけで、父なる神様との和解の可能性や確固たる天国へのコネクションが約束されるのです。もし、あなたの死後の行く先が ハッキリしていないのなら、また父なる神様とのコネクションやパイプが確信出来ずにいるのなら、主イエスの十字架贖罪信仰に頼り続ければいいだけなのです。絶対に永遠なる不幸である地獄行きは避けて下さい。 第1コリントの手紙1:18『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。』 17節,この時、使徒ペテロは、誰よりも早く、また深く、主イエスを神の御子、救い主だと信じられました。そして彼は世界人類初の主イエスの教会の創設者とされて、世界初の牧師、神の協力者として選ばれたのです。聖書は、主イエスを神の御子、救い主だと信じ続ける者は、何事においても、どんな業界においても先駆者になり得ると、預言してくれるのです。 またBibleは、もし、あなたがBible&Jesusのみことばを第一に大切に生き続けるのならば、世界中、どこに行っても成功者、勝利者となり得ると約束してくれます。Bible&Jesusを信じ続ける者は皆、いく倍も報われるのです。 18~20節,また聖書は、主イエスの教会とは、世界で唯一、神のカラダの役割を任された神の国に機関であり、神の教会礼拝奉仕する仲間たちが同じみことばで一つ心になって祈り合えれば、どんな悪霊や悪いパワーも打ち勝てないと教え説きます。あなたは、神のカラダなる教会の一部分になるために、選ばれたと教え説くのです。 そして、あなたも神のカラダなる教会のJesusFamilyたちと、同じみことばで一つ心になって礼拝奉仕を 大切に生きられ、神の偉大な預言者エリヤやペテロたちのような神の国に特別な権威や感動的な奇跡が任される幸福人生を 築けると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばを 何よりも大切に信頼して、神のカラダなる教会礼拝奉仕を大切に生き続けられるように助け導いて下さい。そして、教会のJesusFamilyたちと、同じみことばで、心一つに祈れるように助け導いて下さい。 それさえできれば 、神の国に偉大な権威や感動的な奇跡が 神様に任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「