• sgbc-devotion

マタイの福音書14:14~21

2019年4月3日(水) ディボーション聖句 マタイの福音書14:14~21 14イエスは舟から上がると、多くの群衆を見、彼らを深くあわれんで、彼らの病気をいやされた。 15夕方になったので、弟子たちはイエスのところに来て言った。「ここは寂しい所ですし、時刻ももう回っています。ですから群衆を解散させてください。そして村に行ってめいめいで食物を買うようにさせてください。」 16しかし、イエスは言われた。「彼らが出かけて行く必要はありません。あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」 17しかし、弟子たちはイエスに言った。「ここには、パンが五つと魚が二匹よりほかありません。」 18すると、イエスは言われた。「それを、ここに持って来なさい。」 19そしてイエスは、群衆に命じて草の上にすわらせ、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福し、パンを裂いてそれを弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。 20人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、十二のかごにいっぱいあった。 21食べた者は、女と子どもを除いて、男五千人ほどであった。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 第一ペテロの手紙5:7~9『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。そして身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟姉妹である人々は同じ苦しみを通って来たのです。』 14節,ここに来る直前まで、主イエスは神の国の戦友であり、親戚でもあった預言者ヨハネが 悪徳政治家たちの罠にはめられて、殺害されたことを聞かされると、しばらく一人きりで祈り、深く悲しまれますた。しかし、その日のうちにイエスは、すべての思い煩い、悲しみや怒りを 父なる神様に祈り明け渡すことによって、心をリセットし、すぐに船に乗り、病人を癒したり、人々を天国に救い導く神の使命に戻られたのです。このように聖書は、この世界は貪欲で不完全な人間たちが 治めている為に必要以上のストレスや不条理による問題がありますが、主イエスのように祈ることで、全ての問題を 神様に明け渡してリセットし、神の使命を全うし続ければ、神の感動的な奇跡や大切な人々を癒し、救い導く聖霊力を手に入れられると預言します。 現在のあなたには、ため息が出るほどの憤りと不安感や怒りがありませんか? あなたの神様はあなたの気持ちと状況を察して、あなた以上に心配して解決して下さるお方。すべての思い煩い、憤り、怒りやマイナス思考を 今日一切、祈ることで神様に明け渡すことが重要です。なぜなら聖書は、何があっても 思い煩い、憤り、怒り、マイナス思考は、その日のうちに神様に祈り明け渡そうとし続けなければ、あなたへの感動的な神の奇跡や大切な人々を救い導ける聖霊力を手放す恐れがあると預言するからです。神の御子Jesusのお名前で祈り続けるあなたに、思い煩い、憤り、怒りやマイナス思考は必要ないのです。 第一コリントの手紙10:12~13『ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。』 エペソの手紙4:26~27『怒っても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。悪魔に機会を与えないようにするためです。』 14節,また、Bibleは、あなたの昨日までの怒りと思い煩いは、あなたの健康と神の恵みをむしばむ 見えない敵の策略に過ぎないと教え説いています。 あなたが 人生で体験している怒り、悩み、苦しみ、病魔は、すべてのJesus信仰の先輩たちが、乗り越えられてきたいっときの出来事に過ぎません。ですから ネガティブ思考にならず、ただただ主イエスのお名前で祈ることで安心し、Bible&Jesusのみことばに信頼し続ければ良いと教え説くのです。Jesus信仰に生きるあなたには耐えられない試練は 永遠にあり得ないと、聖書で約束しているからです。目を覚ましあいましょう。 マタイの福音書6:33主イエスは言われた。『だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたの必要なすべてのものは与えられます。』 マタイの福音書7:7~12主イエスは言われた。『求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。あなたがたも、自分の子がパンを下さいと言うときに、だれが石を与えるでしょう。また、子が魚を下さいと言うのに、だれが蛇を与えるでしょう。してみると、あなたがたは、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天におられるあなたがたの父なる神が、どうして、求めるあなたたちに良いものを下さらないことがありましょう。だから、安心して、何事でも、自分にしてもらいたいことは、ほかの人にもそのようにしてあげなさい。これが聖書の律法であり預言だからです。』 ヨハネの黙示録3:15~18神は言われた。『わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろ、あなたが敵対するか、熱いかであってほしい。このように、あなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしの口からあなたを吐き出そう。あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。わたしはあなたに忠告する。豊かな者となるために、火で精錬された金のみことばをわたしから買いなさい。また、あなたの裸の恥を現さないために着る白いイエスの衣を買いなさい。 』 15~21節,このとき、主イエスは聖書のみことばを本気で祈り求めて、礼拝しにきた人たちのすべての病を癒し、彼らの飲食の必要も満たしてくれました。その数は7500食以上にのぼります。彼らは遠路はるばる、2~3日かけてまで、主イエスのみことばの真理と福音を聞いて礼拝するために、徒歩でやって来ていたのです。このように聖書は、聖日礼拝や祈祷会など、神のみことばを聞いて礼拝する為に集まる人々は神の奇跡や癒しの御業のチャンスに恵まれると預言します。 あなたは聖日礼拝、祈祷会を 大切にしていますか? なぜなら聖書は、Bible&Jesusのみことば通りに、真心から礼拝奉仕しようとする人々は特別にいく倍も報われると預言するからです。 そして、あなたも聖日礼拝、祈祷会、天に宝を積む教会奉仕、福音宣教活動を 大切に生きられるようになり、永遠に報われる幸福人生に必要な神の感動的な奇跡や癒しを 数多く体験できると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことば通りに聖日礼拝、祈祷会、天に宝を積む教会奉仕、福音宣教活動を 大切に生き続けられるように助け導いて下さい。 そうすれば 皆に、神様の感動的な恵み、奇跡的な癒しや大切な人々を救える聖霊力が 数多く任されるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「