• sgbc-devotion

マタイの福音書13:52~58

2019年4月1日(月) ディボーション聖句 マタイの福音書13:52~58 52そこで、イエスは言われた。「だから、天の御国の弟子となった学者はみな、自分の倉から新しい物でも古い物でも取り出す一家の主人のようなものです。」 53これらのたとえを話し終えると、イエスはそこを去られた。 54それから、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。 55この人は大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか。 56妹たちもみな私たちといっしょにいるではありませんか。とすると、いったいこの人は、これらのものをどこから得たのでしょう。」 57こうして、彼らはイエスにつまずいた。しかし、イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、家族の間だけです。」 58そして、イエスは、彼らの不信仰のゆえに、そこでは多くの奇蹟をなさらなかった。 [聖句メッセージ] 本日でマタイの福音書13章は終わりです。 申命記18:15預言者モーセは言った『あなたの神、主は、あなたがたの中から、私のようなひとりの預言者を あなたのために起こされる。彼に聞き従わなければならない。』 第一コリントの手紙3:9~10使徒パウロは言った『私たち牧者は神の協力者であり、あなたがたは神の畑、神の建物です。私は与えられた神の恵みによって、賢い建築家のように、みことばであなたがたの人生の土台を据えました。そして、あなたがたがその上に、それぞれの家を建てています。しかし、どのように建てるかについてはそれぞれが注意しなければなりません。』 マタイの福音書5:17主イエスは言われた『わたしが来たのは聖書の律法やみことばの預言者を廃棄するためだと思ってはなりません。廃棄するためにではなく、すべての聖書の預言を成就するために来たのです。』 エペソの手紙4:11『こうして、キリストご自身が、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。それは、聖徒たちを整えて奉仕の働きをさせ、キリストのからだを建て上げるためであり、ついに、私たちがみな、信仰の一致と神の御子に関する知識の一致とに達し、完全におとなになって、キリストの満ち満ちた身たけにまで達するためです。』 ヨハネの黙示録2:17神は約束した『耳のある者は神の御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。わたしは勝利を得る者に隠れたみことばのマナを与える。』 52~53節,このようにBible&Jesusは、聖書のみことばの真理と預言を解き明かす教会の聖職者たちの大半は、神が直接指名した神の協力者であると、教え説きます。そして聖書は、主イエスの教会から語られるみことばの福音、約束、預言による恵みは、真心からJesusを信じる聖徒たちには、必ず成就すると預言されたのです。信じるか、信じられないかはあなたにお任せします。しかし聖書で、あなたの神様は神の教会の働き人たちを通して、神のみことばの預言と約束や奇跡を数多く現すと預言するのです。不完全な神の働き人たちの長所や短所ばかり見過ぎず、何よりも肝心な、神の教会から語られる真理や預言を聞き逃さないことが大切です。 使徒の働き2:42~43『そして、人々は使徒たちのみことばの教えを堅く守り、いつも交わりをして、食事をし、共に祈っていた。そして、一同の心に恐れが生じ、教会の使徒たちによって多くの神の不思議としるしが行われていた。』 ヤコブの手紙3:1『私の兄弟姉妹たち。多くの者が聖書の教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。』 52~53節,また聖書は...神の協力者として選ばれて、聖書を解き明かす教師とされた人々は、数多くの神の預言や奇跡の御業を任されますが、すべては神の恵みと聖霊力ゆえなので、神の働き人たちを特別視しないように、忠告しています。現在、神の教会の働きのリーダー職を任されている人々は、特に、この点を注意して勘違いしないことも重要です。人間に特別な力があるのではなく、聖書の言霊と内なる聖霊に神の御力や奇跡力が備わっているからです。目を覚ましあいましょう。 54節,このように聖書で...主イエスはガリラヤ湖周辺の福音宣教活動を一区切りにして、久々に、生まれ故郷ナザレに向かったと教え説きます。 尚「ナザレ」という町村は、ガリラヤの南部の丘陵地帯の中の盆地に位置する、当時は、人口800人程度の比較的小さな集落でした。 第二テモテの手紙4:2『聖書のみことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。』 54節,この時、主イエスは生まれ故郷ナザレについても、いつも通り 変わらず、昔からの友人、知人たちに向かって、神のみことばと救いを教え伝え始めました。聖書は、主イエスのように、神のみことばや福音を証し続ける人々には、神の奇跡が数多く任されると預言します。 あなたは、周囲の人々に滞りなく、神のみことばによる真理や福音を 証し伝えようと尽力していますか? なぜなら聖書は、神の祈り以上の奇跡や永遠に報われる幸福人生が必要ならば、出来る限り、神の福音やみこどはによる真理を証し続けようとする情熱的な使命感が必要だと教え説くからです。 マタイ福音書7:28〜29『イエスがみことばを語り終えられると、群衆はその教えに驚いた。というのは、イエスが、聖書の律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように教えられたからである。』 54~57節,尚、幼い頃からのイエスを知っていた 地元ナザレの人々は、この時のイエスがまだ32歳くらいで、大工・ヨセフの息子であることを知っていました。そして主イエスが、まるで 神のような権威を持って、聖書のみことばや福音を力強くハッキリと宣べ伝えている、変わり果てた姿を見て、一斉に 噂しだしたのです。「あの子はマリアの息子だよ。あの人の兄弟、親戚たちも知ってる。」「それに、あの人、最近、29歳頃までこの辺りにいた青年だよ。彼は正式に聖書の律法学者の学びもしてないはずだ。それなのに、あんなに詳しく、強気で神のみことばを語ってるんだろう。なんか、おかしいよね」 この時、ナザレの人々は、イエスの見た目や過去のことばかり見過ぎて考えてしまい、何より肝心なイエスの内側に働いていた神の聖霊やみことばによる神の御力を見落として、主イエスの語られたみことばの預言と約束や福音を 聞き逃してしまったのです。そしてナザレの人々は、永遠に報われる幸福人生や神の奇跡のチャンスを逃してしまったのです。 あなたはナザレの人々のような過ちを 犯す可能性がありませんか? なぜなら聖書は、あなたの神の恵みや奇跡力は、その人の社会的地位、過去の経歴、年齢、容姿、学歴ではなく、その人の語る聖書のみことばによる言霊力と内なる聖霊力や信仰心を通して表れると預言するからです。 第一サムエル記16:7『主は仰せられた。「彼の容貌や、背の高さ、みかけを見てはならない。わたしは人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」』 57節,あなたも他人の社会的地位、経歴、容姿、見せかけの行いや、他人の過去の失敗ばかりを評価してしまい、肝心な神の御心や神みことばの真理や聖霊の奇跡力を見逃す傾向がありませんか? 神様は、人の見方や評価にではなく、人の信仰心に強く働かれ、表れるお方だかはです。 58節,そして聖書は、もしあなたに永遠に報われる幸福人生に必要な神の御心と奇跡が必要ならば、人の見せかけや 人の過去を見てばかりで評価せず、その人の背後に働かれている、神の御心と聖書信仰力やみことばの預言力に注目すべきだと教え説くのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、人の見せかけや過去の体験を重んじるよりも、何よりも、その人への神の御心や、その人の聖書信仰力や内なる聖霊の情熱力を見抜けるように助け導いて下さい。そうすれば 皆、更に数多くの神の奇跡や御心を引き出せるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.