• sgbc-devotion

マタイの福音書13:36~43

2019年3月30日(土) ディボーション聖句 マタイの福音書13:36~43 36それから、イエスは群衆と別れて家に入られた。すると、弟子たちがみもとに来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください」と言った。 37イエスは答えてこう言われた。「良い種を蒔く者は人の子です。 38畑はこの世界のことで、良い種とは御国の子どもたち、毒麦とは悪い者の子どもたちのことです。 39毒麦を蒔いた敵は悪魔であり、収穫とはこの世の終わりのことです。そして、刈り手とは御使いたちのことです。 40ですから、毒麦が集められて火で焼かれるように、この世の終わりにもそのようになります。 41人の子はその御使いたちを遣わします。彼らは、つまずきを与える者や不法を行う者たちをみな、御国から取り集めて、 42火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。 43そのとき、正しい者たちは、彼らの父の御国で太陽のように輝きます。耳のある者は聞きなさい。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 マルコの福音書3:20『イエスと弟子が家に戻られると、また大ぜいの人が集まって来たので、主の働き人たちは食事する暇もなかった。』 マタイの福音書8:20『すると、イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」』 マルコ福音書4:37~39『すると、激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水でいっぱいになった。ところがイエスだけは、とものほうで、枕をして眠っておられた。弟子たちはイエスを起こして言った。「先生。私たちがおぼれて死にそうでも、何とも思われないのですか。」』 36節,このようにBibleは...数多くの人は、それぞれの生活、仕事、人間関係に捕われ過ぎて余裕を失っており、本来の自分らしさと、本当に大切なモノやまことの幸福感を見失っていると、教え説きます。 あなたは、如何ですか? なぜなら聖書は、本来、人は皆、人生の幸福感や死後の天国行きの希望で満ち溢れて生きられるのですが、数多くの人は周囲の環境と状況が悪くなると、神信仰に頼れずに、必要以上に一人で背負い過ぎてしまい、過度のストレス症状と人間関係のトラブルや睡眠障害まで引き起こしたり、心体の健康と平安まで害していると、教え説くからです。永遠に報われる幸福人生には、健全な神との関係性が必要不可欠だと教え説くのです。 マタイの福音書6:31~34主イエスは言われた『そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って、生活のことで心配するのはやめなさい。こういうものはみな、神を知らない異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用なのです。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あるからです。』 36節,しかし聖書は、Bible&Jesusのみことばを第一に掲げようと決断した、あなたの前途は有望であると預言するのです。今日、一切の不安と心配ごとを 主イエスの十字架に祈り、明け渡せる信仰心が育てば、永遠に報われると約束するのです。なぜなら、あなたの神様はそういう人を、決して、放って置かれないと約束するからです。この神の約束を信じる者の諸問題は解決していき、その人の全必要は、必ず満たされると、聖書は約束してくれるからです。肝に命じあいましょう。 マタイの福音書24:42主イエスは言った『だから、霊の目をさましていなさい。』 マタイの福音書26:41『誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。』 36節,また聖書は...Bible&Jesusのみことばは、信じる人の心霊の目を開かせて、個々の人生を調整してくれる聖霊力に満ちた神の言霊だと教え説きます。絶えず、聖書のみことばの約束を思考し続けながら祈り、生活するだけで脱出の道は切り開かれると約束するのです。神に選ばれしあなたは、主イエスと弟子たちのように霊の目を覚まして、周囲の霊的に眠っている人々の目を開かせ、必要以上のストレスと不安や病魔に捕われた人々を開放するために、Bibleの福音と真理が与えられたのです。この神の摂理、使命を 忘れずに生きることが大切です。 37~43節,また主イエスは、以下のように言われました『神に選ばれて、Bibleのみことばを知ることを 特別に許された、あなたは、この世界の貴重な健全な良い種であり、神の愛の実を任されていると教え説きます。あなたは、偽善、不条理、不品行、犯罪、差別、裏切り、貪欲や嘘のはびこっている この世界で、見えない敵のまいた毒麦の種に支配されている人々に、死と終末を迎えるまでの間、神の救いとなれるBible&Jesusのみことばによる福音や真理を宣べ伝えて、救い導く神の器として選ばれました。 なぜなら聖書は、人は皆、死と終末の時までに悔い改めずに、敵のまいた罪深い毒麦がまかれた生活習慣を手放して悔い改めなければ、やがて神様に振り分けられて、永遠に歯ぎしりして苦しむ最期を刈り取ると預言するからです。だから、真心から聖書のみことばに耳を傾けて、生き抜くことが問われるのです。肝にめいじあいましょう。 ローマ信徒への手紙2:16『福音によれば、神のさばきは、神がキリスト・イエスによって人々の隠れたことをさばかれる日に、行われるのです。』 ヘブル人への手紙9:27~28『人間には、一度死ぬことと死後に神のさばきを受けることが定まっているように、キリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身をささげられました。』 ローマ信徒への手紙8:1『こういうわけで、今は、キリスト・イエスを信じる者が罪に定められることは決してありません。』 37~43節,このように世界人類の救い主イエスは、あなたやあなたの大切な人々を永遠に救い導くために、わざわざ十字架について身代わりに裁かれて、死んでくれました。Bible&Jesusのみことばによる救い、真理を信じて祈り悔い改め続ける人は皆、永遠に神様にゆるされて、救われるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bibleからこの世界での悪い実と敵からの毒麦を見分けられるように、また周囲に聖書からの良い実である福音や真理を しっかり宣べ伝えられるように、助け導いてください。 そうすれば 皆、永遠に後悔しない、幸いな成功的人生を築けるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!! 

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「