• sgbc-devotion

マタイの福音書13:24~30

2019年3月28日(木) ディボーション聖句 マタイの福音書13:24~30 24イエスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。「天の御国は、こういう人にたとえることができます。ある人が自分の畑に良い種を蒔いた。 25ところが、人々の眠っている間に、彼の敵が来て麦の中に毒麦を蒔いて行った。 26麦が芽ばえ、やがて実ったとき、毒麦も現れた。 27それで、その家の主人のしもべたちが来て言った。『ご主人。畑には良い麦を蒔かれたのではありませんか。どうして毒麦が出たのでしょう。』 28主人は言った。『敵のやったことです。』すると、しもべたちは言った。『では、私たちが行ってそれを抜き集めましょうか。』 29だが、主人は言った。『いやいや。毒麦を抜き集めるうちに、麦もいっしょに抜き取るかもしれない。 30だから、収穫まで、両方とも育つままにしておきなさい。収穫の時期になったら、私は刈る人たちに、まず、毒麦を集め、焼くために束にしなさい。麦のほうは、集めて私の倉に納めなさい、と言いましょう。』」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 24節,このように聖書は、世界人類の救い主イエスは神に選ばれし人たちだけに分かるように、たとえ話を通して、永遠に報われる幸福人生に必要な神の知恵、戒め、預言や約束を教え説かれると書いています。霊の目を醒ますように集中して、聖書のみことばを読む人々には永遠に報われる幸福人生に必要な神の知恵や真理が与えられるです。 ヨハネの黙示録22:18~19神は言われた『わたしは、この聖書の預言のみことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。また、この預言の聖書のみことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。』 25~30節,また聖書は、神のみことばとは完全なる神の知恵、預言、約束、人生の戒めや真理であるので、それにつけ足したり、削ったり、また自分本位の解釈をして内容を変えるような人は、いつか 必ず災いや神の裁きを呼び込むと忠告しています。聖書は、神のみことばを人に好かれるために内容を削ったり、自分の都合で片寄って利用する人は皆、神の大きな恩恵や幸福人生を取り逃がすとさえ預言しているのです。 あなたは神のみことばを自分本位に解釈したり、自分の都合で削ったり、付け加えることがありませんか? なぜなら聖書は、Bibleのみことばを そのまま、素直に受け取ることが重要だと教え説くからです。肝に命じあいましょう。 ローマ信徒への手紙12:2~3『この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。私は、自分に与えられた恵みによって、あなたがたひとりひとりに言います。だれでも、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。いや、むしろ、神がおのおのに分け与えてくださった信仰の量りに応じて、慎み深い考え方をしなさい。』 25~30節,聖書は、永遠に報われる幸福人生と死後の天国人生を刈り取る為に必要な神の国の価値観やみことばと、この国の社会常識と流行りごとは、必ずしも一致しないと教え説きます。なぜなら、この世の社会常識とは流行り廃りもあって 移ろいやすいのですが、永遠の真理である聖書のみことばは世界中、いつの時代も通用する不変的な真実だと、教え説くからです。Bibleは永遠に変わらない、世界的真理と言われているのです。聖書から永遠に変わらない真理を蓄えて、移ろいやすい常識や流行りごとに流され過ぎない、あなたらしさを確立することが大切なのです。 箴言3:5『心を尽くして主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな。』 25~30節,また聖書は、あなた1人の人間が悟れる価値観、常識感、思考力では、本当に正しい人生や死の真理を悟ることなど不可能だと教え説きます。 あなたは聖書の教える人生と死の意味と真理や使命よりも、自分の知恵、価値観、常識感が 正しいと勘違いしたり、過信していませんか? なぜなら聖書は、Bible&Jesusのみことばを前にしては、人は誰も限度を越えて、思い上がってはならないと、教え説くからです。人間が 世界の真理と言われる聖書のみことばよりも正しい人生観や真理など悟れる訳がないと教え説くのです。目を覚ましあいましょう。 第二コリントの手紙2:17『私たちは、多くの人のように、神のみことばに混ぜ物をして売るようなことはせず、真心から、また神によって、神の御前でキリストにあって語るのです。』 25~30節,また聖書は、人間は皆、不完全で限界がある為、人が人を完全に救うことなど出来ないと教え説きます。だから聖書は、むやみやたらに、人のウケのいいようにと、聖書のみことばからの真理、戒め、預言を曲げてはならないと教え説くのです。 マタイの福音書7:26~27主イエスは言われた『また、わたしのこれらのみことばを聞いてそれを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。』 25〜30節,このようにBibleは...たとえ、何があろうとも、自分や他人の都合や好みで 聖書のみことばを曲げたり、間違えた解釈を織り混ぜてはならないと、忠告します。そういう毒麦に毒された人の人生の刈り取りは悲惨だと、預言するのです。注意しあいましょう。 しかし、あなたは神のみことばの通り良き管の人生観や生活習慣を築いていき、何をしても、結果、うまくいく幸福人生を刈り取れると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばの正しい解釈を 純粋かつ素直に受け取って、生き様に表せるように助け導いて下さい。 そうすれば、皆のうちなる聖霊が 敵の蒔いた毒麦を取り去り、何をしても、結果、うまくいく幸福人生を刈り取れるからです!主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!! 

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「