• sgbc-devotion

マタイの福音書12:42~50

2019年3月23日(土) ディボーション聖句 マタイの福音書12:42~50 42南の女王が、さばきのときに、今の時代の人々とともに立って、この人々を罪に定めます。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果てから来たからです。しかし、見なさい。ここにソロモンよりもまさった者がいるのです。 43汚れた霊が人から出て行って、水のない地をさまよいながら休み場を捜しますが、見つかりません。 44そこで、『出て来た自分の家に帰ろう』と言って、帰って見ると、家はあいていて、掃除してきちんとかたづいていました。 45そこで、出かけて行って、自分よりも悪いほかの霊を七つ連れて来て、みな入り込んでそこに住みつくのです。そうなると、その人の後の状態は、初めよりもさらに悪くなります。邪悪なこの時代もまた、そういうことになるのです。」 46イエスがまだ群衆に話しておられるときに、イエスの母と兄弟たちが、イエスに何か話そうとして、外に立っていた。 47すると、だれかが言った。「ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、あなたに話そうとして外に立っています。」 48しかし、イエスはそう言っている人に答えて言われた。「わたしの母とはだれですか。また、わたしの兄弟姉妹たちとはだれですか。」 49それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。「見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。 50天におられるわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」 [聖句メッセージ] 本日でマタイの福音書12章は終わりです。 42節,『ソロモン』とは、旧約聖書の「箴言」「伝道者の書」「雅歌」の3つを書いた、神の預言者であり、ユダヤの名王だった信仰の人。 以下は、すべての神の恵みを手に入れられた、歴史上、稀に見る程の名高い君主『ソロモン王』の若かりし頃の祈りです。 Bibleは若き日のソロモンの祈り心と神のご意志は一致していたので、彼はすべての恵みを受けられたと教え説いています。彼の祈り心から、永遠に報われる幸福人生に必要な神の御心を胸に書き記すことも大切です。ソロモンのような祈り心さえ悟れれば、永遠に報われる幸福人生を築けるからです。 第一列王記3:5~14『ある夜、ギブオンで主なる神様は夢のうちにソロモン王に現れた。神は仰せられた。「あなたに何を与えようか。願え。」「わが神、主よ。今、あなたは私の父ダビデ王に代わって、このしもべ ソロモンを王とされました。しかし、私は小さい子どもで、出入りするすべを知りません。しかも、神の民はあまりにも多くて、数えることも調べることもできないほど、おびただしい数です。ですから、善悪を判断してあなたの民を治めるために聞き分ける心をわたしに与えてください。さもなければ、だれに、このおびただしいあなたの民をさばくことができるでしょうか。」この願い事は主の御心にかなった。ソロモンがこのことを願ったからである。神は彼に仰せられた。「あなたがこのことを求め、自分のために長寿を求めず、自分のために富を求めず、あなたの敵のいのちをも求めず、むしろ、自分のために正しい訴えを聞き分ける判断力を求めたので、今、わたしはあなたの言ったとおりにする。見よ。わたしはあなたに神の知恵と判断力とを与える。あなたの先に、あなたのような者はなかった。また、あなたのあとに、あなたのような者も起こらない。そのうえ、わたし 主はあなたの願わなかったもの、富と誉れをもあなたに与える。あなたの生きているかぎり、王たちの中であなたに並ぶ者はひとりもないであろう。また、あなたの父ダビデ王が歩んだように、あなたもわたしの御ことばのおきてと命令を守って、わたしの道を歩むなら、あなたの王権を長くしよう。」』 42節,このように聖書で...ソロモン王の祈りは、自らの欲望と願いを手放して、何よりも大切な神の使命や隣人愛の伴った国政を全うする為に必要な善悪への判断力を 祈り求め続けた為に、彼は、一生涯、神様の聖霊力を身につけられ、後にも、先にも比較できる人々がいない程の神の祝福や成功人生を手に入れたと教え説きます。 42節,遠い南の女王(シェバの女王)や他の隣国の王達もソロモン王の知恵と繁栄ぶりには驚かされ、ソロモン王のアドバイスと祈りに頼るほどでした。Bibleはあなたへの神のご意志とご計画中が書かれた、あなたの創造主なる神様の聖霊によって書かれた書物。Bibleから神の御心を吸収しながら悔い改め続ける人々に、名君主ソロモン王のような神の知恵と判断力が任されます。 マルコの福音書1:32~34『人々は病人や悪霊につかれた人をみな、イエスのもとに連れて来た。イエスは、さまざまの病気にかかっている多くの人をいやし、また多くの悪霊を追い出された。そして悪霊どもがものを言うのをお許しにならなかった。彼らが主イエスをよく知っていたからである。』 マタイの福音書8:16~17『人々は悪霊につかれた者を大ぜい、みもとに連れて来た。そこで、イエスはみことばをもって霊どもを追い出し、また病気の人々をみないやされた。これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った。」』 43~45節,またBibleは、精神的な病と原因不明の不治の病などは、稀に、あなたの永遠なる敵サタン、悪魔、悪霊が原因になることもあると、教え説きます。そして聖書は、主イエスの名を呼び求めて神の教会の権威に従う あなたに働くサタン、悪魔、悪霊の攻撃を退けたりなどして、すべての病気、精神的な鬱と病、原因不明の不治の病を癒されて救われると約束するのです。主イエスのお名前と十字架贖罪信仰や教会力とは、信じるすべての人々の思いわずらいや病気、サタン、悪霊の攻撃を すべて引き受けてくれる、神の愛と権威に満ちた救いそのものなのです。信じる者は守られて、癒され、救われます。 第一ペテロの手紙5:7~9『あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。そして身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。』 マタイの福音書11:20『それから、イエスは、数々の力あるわざの行われた町々が悔い改めなかったので、責め始められた。』 43~45節,しかしBibleは、人が皆、たとえ主イエスの十字架上の打ち傷で癒され、救われたとしても...また、サタンや悪霊による攻撃、不治の病や精神的な煩いから開放されたとしても...その人が、以前の生活習慣に逆戻りするのならば、更に、もっと悪い状態に陥りやすく、強力なサタンや悪霊をも引き寄せやすくなると忠告しています。 あなたは主イエスの忠告通り、Jesusのお名前と聖書の権威や神の教会力に しっかり繋がっていますか? なぜなら聖書は主イエスのお名前と聖書の権威や神の教会力に繋がり続ければ、永遠に安泰だと約束したからです。 詩篇103:2『わがたましいよ。主をほめたたえよ。 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。』 43~45節,また聖書は、特に、あなたが神の癒し、救いと奇跡などを体験した時は、同じ苦しみや過ちを二度と繰り返さない為にも、いつも神様に感謝する気持ちや教会礼拝奉仕を大切に忘れないことも重要だと教え説きます。なぜなら、主イエスに感謝して礼拝奉仕し続ける人に、あなたの見えない敵は手を出しにくくなるからです。 ヨハネの福音書15:14主イエスは約束した『わたしがあなたがたに命じる御ことばをあなたがたが行うなら、あなたがたはわたしの友です。』 第一コリントの手紙15:33『思い違いをしてはいけません。友だちが悪ければ、良い習慣がそこなわれます。目をさまして、正しい生活を送り、罪をやめなさい。神についての正しい知識を持っていない人たちがいるからです。』 47~50節,このように主イエスは、Bible&Jesusのみことばを信じて、生活習慣ら人間関係において、真理を生き様に表そうとし続ける人は皆、神の友として認められていし、神の永遠なる家族として報われ続けると、約束してくれました。こうして毎日、Bible&Jesusのみことばに耳を傾けながら、神の教会で礼拝奉仕し続けるあなたは、すでに、神様の友となれる資格を受けられた特別な人だと教え説くのです。 あなたの神様はあなたの目立たない真心からの礼拝、奉仕、献金に、必ず報いて下さるのです。AMEN (祈り) 主なる神様、皆の霊の目を開かせて 貪欲から開放して、それぞれが神に与えられた人生の意味と使命や隣人愛を大切に生き様に表せるように助け導いてください。 そうすれば 皆に、神の知恵と判断力が与えられて 神の親友となり、永遠に安泰だからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「