• sgbc-devotion

マタイの福音書12:38~41

2019年3月22日(金) ディボーション聖句 マタイの福音書12:38~41 38そのとき、律法学者、パリサイ人たちのうちのある者がイエスに答えて言った。「先生。私たちは、あなたからしるしを見せていただきたいのです。」 39しかし、イエスは答えて言われた。「悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。だが預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません。 40ヨナは三日三晩大魚の腹の中にいましたが、同様に、人の子も三日三晩、地の中にいるからです。 41ニネベの人々が、さばきのときに、今の時代の人々とともに立って、この人々を罪に定めます。なぜなら、ニネベの人々はヨナの説教で悔い改めたからです。しかし、見なさい。ここにヨナよりもまさった者がいるのです。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。 第一コリントの手紙1:18~25『十字架のみことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。それは、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」この世界の知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵とご計画によるのです。それゆえ、神はみこころによって、人の語る宣教のことばの愚かさを通してだけ、信じる者を救おうと定められたのです。信仰深いユダヤ人はしるしを要求し、賢いギリシヤ人は知恵を追求します。しかし、私たちは十字架につけられたイエスキリストを宣べ伝えるのです。それは、ユダヤ人にとってはつまずき、神を知らない異邦人にとっては愚かことでしょうが、しかし、ユダヤ人であっても外国人であっても、神に召された者にとっては、キリストは神の力、神の知恵なのです。なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。』 38~39節,このように聖書で、あなたの神様は 多くの人々が不信仰で好き勝手に振る舞う無知な時代は、個々の欲望を満たすためなら、平気で本音と建前の二心を操る悪い時代であり、快楽主義者の多い性的に乱れた 愛に冷えた悪い時代にもあると教え説きます。そして聖書は、そのような悪い時代に、神様は、あえてご自分の聖なる存在を隠されると教え説くのです。あなたの神様は 聖書のみことばにかなう真理を大切に生きる人々とJesus信仰を大切にする純粋な人々や隣人を救い導こうと宣教のことばを語る 愛に満ちた人々の周囲にしか、ご自分を具体的に現さないと、遠い昔からお決めになっていると教え説くのです。『能ある鷹は爪を隠す』神様は、神信仰、真理、本物の愛と正義を煙たがり、ご自分を信じようとしない、高慢でずる賢い人間社会を尊重しますが、そのような悪い時代を忌み嫌って、しばらく放って置かれ、様子を見られるのです。肝に命じあいましょう。 エレミヤ書29:13~14神は約束した『もし、あなたがたが心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。わたしはあなたがたに見つけられる。』 38~39節,また聖書は、どんなに神信仰や隣人愛や正義に冷めた悪い時代であろうと、霊の目を醒まして、日々のBibleのみことばと向き合い、神の存在を確認し続ければ、永遠に安泰だと約束してくれます。神様を 祈り求め、探し続ける人の人生にだけ、神様は表れ、そしてみことばから具体的に語り、助け導いてサポートして下さると約束するのです。 ヨナ書1:1~2『預言者ヨナに次のような主のみことばがあった。「今すぐ立って、あの大都市ニネベに行き、人々に向かって叫べ。彼らの悪がわたしの前に上って来たからだ。」』 40~41節,主イエスは 以下のように 預言者ヨナの時代の歴史を紐解いて、神のご意志を証し伝えました。『紀元前800年頃、神は預言者ヨナに神のみことばを啓示されました。神様はヨナに、「今すぐに立って、富と快楽第一主義の弱肉強食な差別社会を築いてしまった、罪まみれな不信仰な大都市ニネベに行き、悔い改めるようにBibleメッセージを語りなさい。」と命じました。 しかし、預言者ヨナは大都市ニネベの愛に冷えた、腐った社会に嫌気がさしており、そこに行くことを拒んでタルシシュという街に、船旅をして、逃れようとしたのです。 すると、神様は預言者ヨナの乗った船に大嵐を起こして、ヨナを海に飛び込ませて鯨に飲み込ませ、それから三日かけてヨナを大都市ニネベに導いて、結果、神のみことばを語らせ、ニネベを変革させるミラクルを引き起こしたのです。これが預言者ヨナの大都市ニネベに対する、神のしるしです。 しかし聖書は、神様は、ヨナの時代以後も世界人類は同じ罪悪や過ちや反抗を繰り返してきたので、もう ヨナの時代のような奇跡、確固たる神のしるしを表すことをやめられたと教え説くのです。 主イエスの教えを信じるか、信じられないかはあなたにお任せさます。しかし神様は、いくら人々が 証拠を見せたら信じると ケチをつけても、そして、ただ 神を待つだけでは現れて下さいません。そして聖書は、人は皆、やがて死に神の御前に連れて行かれ、何を考えて、何のために生きてきたのか。神信仰、真理、正義、隣人愛を大切に生き続けたのか。ジャッジされると預言するのです。人は皆、いつか 肉体が死んでしまいます。肝に命じいましょう。 マタイの福音書4:17『イエスは宣教して言われた。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」』 マタイの福音書3:8『イエスは言った。「そして、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」』 40〜41節,またBibleは、人は皆、自らの不完全さと人生での罪悪や過ちを素直に認めて悔い改めようとしたり、自らの隣人愛の足りなさと不信仰さを省みなければ、神の存在の証拠を感じ取ることは不可能だと教え説きます。しかし、ニネベの人々は、預言者ヨナなBibleメッセージを聞いて悔い改められた為に、歴史に名を残せる大都市を再建出来たと教え説くのです。 マタイの福音書18:3~4主イエスは言った『まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。』 40〜41節,そして聖書は、もし あなたが真の神の存在を感じ取り、神の不思議な御声や御業に触れて、神の証拠と死後の天国行きを確信したいならば、ただただ、Bible&Jesusのみことばを 幼児のように信じる力、夢力、希望力を働かせることが重要だと教え説きます。人間の限界や限度をわきまえて、幼児のような純粋な心霊でBible&Jesusのみことばに向き合って、祈り悔い改め続けようとしなければ、神様の存在や死後の天国行きを取り逃がすと預言するのです。 しかし、あなたは人間の限界、限度を悟って、Bible&Jesusのみことばに向き合って、祈り悔い改め続け、永遠に報われる天国人生を確信できると期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、人間の限界を悟らせ、Bible&Jesusのみことばを 幼児のように信じられる自由さと純粋さを取り戻して下さい。 そうすれば 皆の人生と大切な街に神の救いの素晴らしさやJesusの愛に満ちた奇跡が現れ続けるからです!主イエスのお名前で 期待して祈ります。AMEN!!! 

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「